とうきょうじょしたいいく

東京女子体育大学

私立大学 東京都

体育学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

体育学科(340名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●実技指導のクオリティを高める種目ごとの施設と、スポーツ科学を追究する各種測定装置を完備
●経験豊かな教員陣のもと、「できないこと」が「できる」ようになる喜びを味わいながら成長する
●将来は、保健体育教員、インストラクター、社会福祉職などで活躍。スポーツで培った人間性は一般企業でも発揮できる

体育・スポーツ・健康について専門的に学べる多様なカリキュラムを編成し、大学4年間の学業を通して教養と専門性を高め、スポーツを社会に浸透させる人材を育成します。

体育学科

講義・学問分野

〈基礎科目〉藤村トヨの教育、国語基礎講座、キャリアデザイン
〈基礎理論〉スポーツ原理、スポーツ心理学I、生理学、スポーツ栄養学I、スポーツ史
〈基礎実技〉体つくり運動Iab、器械運動Iab、陸上競技Iab、ダンスIab、水泳Iab、球技(バレーボール)、球技(バスケットボール)、武道(柔道)、武道(剣道)、新体操I、新体操II ほか

閉じる

学部の特色

実技指導のクオリティを高める種目ごとの施設と、スポーツ科学を追究する各種測定装置を完備

専門性の高い実技指導を実現するために、全天候型の陸上競技場や球技・器械運動・新体操・ダンス・武道専用の体育館、屋内プールなど、種目ごとの施設を整えています。また、トレーニング室を完備し、学生の自主的な体力向上をサポートしています。
そのほかにも、筋機能測定評価装置など最新の測定評価装置などを使って、スポーツ科学の面からも高度な学習活動に取り組むことができます。

閉じる

経験豊かな教員陣のもと、「できないこと」が「できる」ようになる喜びを味わいながら成長する

体育を得意とする学生でも、高等学校までに経験したことのない講義や実技、また苦手意識のある実技は必ずあるものです。しかし、本学は実技も講義も、ベテランの指導者や、オリンピック出場者を含む各分野のスペシャリストがそろっています。経験豊かな教員陣のもと、理論を学ぶことの楽しさや、「できないこと」が「できる」ようになる実技の醍醐味を味わいながら成長してください。自分自身が体育を通して成長を実感する学びを通し、学校や社会体育施設などをはじめ、さまざまな分野で活躍できる指導者、健康に関する専門家としての実践力を身に付けることができます。

閉じる

将来は、保健体育教員、インストラクター、社会福祉職などで活躍。スポーツで培った人間性は一般企業でも発揮できる

本学部では、中学校や高等学校の保健体育科の教員をめざす学生が多く、約8割の学生が教員免許状を取得しています。また、体育・スポーツの正しい知識と優れた技能を生かし、スポーツクラブや体育施設でも活躍しています。近年、社会福祉施設へ就職する学生も増え、体育・スポーツへの取り組みを通して培った頼もしい人間力が好評です。
また、一般企業からの本学卒業生への評価も高まっています。仲間とコミュニケーションを取りながら目標に向かって協力し、努力することを「体を通して学んできた」人材を企業では求めています。こうしたニーズにより、約4割に近い学生が一般企業に就職し活躍しています。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

体育学科

体育の理論と実技を学び、基礎的な能力を養ったうえで、3つの専攻コースで専門性に磨きをかける

1・2年次では、教養科目とともに体育の基礎理論を学び、3年次から3つの専攻コースに分かれて学習します。3つの専攻の内容は次の通りです。

●コーチング学専攻コース
専門競技力と専門指導力の向上をめざして学習します。個人の能力に合わせたマンツーマンの指導を基本として、最高の技能を引き出すための指導法について学び、自らも最高の技能の獲得に向かう努力をしながら、高度な専門技術を教えることのできる実践的指導力を身に付けます。
●体育学専攻コース
1・2年次に習得した専門技能や知識を教えるための技能や指導に生きる知識へと発展させます。教育としての体育・スポーツの意味を深く理解し、学校体育をはじめとして、子どもから高齢者まであらゆる世代の運動指導にも幅広く対応できる実践的指導力を身に付けます。
●スポーツ健康学専攻コース
健康づくりに関する知識や効果的な運動を個人に処方できる能力の向上をめざして学習します。運動やスポーツと、体力や健康との関わりについて科学的に理解を深め、運動処方やリハビリテーションなど、一人ひとりのニーズに対応できる実践的指導力を身に付けます。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都国立市富士見台4-30-1
広報課
(042)572-4131(代)
 【URL】http://www.twcpe.ac.jp

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ