×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

ぎふほけん

岐阜保健大学

私立大学 岐阜県

リハビリテーション学部〈仮称〉の詳細情報新設

※2021年4月設置認可申請中のため記載内容は変更になる場合があります。

学科・定員・所在地

学科・定員

理学療法学科〈仮称〉(60名)新設
作業療法学科〈仮称〉(30名)新設

所在地

1~4年:岐阜

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●少人数教育で一人ひとりをきめ細かくサポート
●早期体験学習により実践力を養成するLab
●チーム医療を学ぶLab

【学生数】152人(2019年5月1日現在)※短期大学部リハビリテーション学科
【専任教員数】17人(2019年5月1日現在)※短期大学部リハビリテーション学科

理学療法学科〈仮称〉新設

講義・学問分野

-

閉じる

作業療法学科〈仮称〉新設

講義・学問分野

-

閉じる

学部の特色

少人数教育できめ細かいサポート

少人数教育で一人ひとりをきめ細かくサポート

本学は学生6人に対して1人の教員が指導に当たるチューター制を採用しています。1クラスを2人の担任で指導する2人担任体制のため、学生は苦手な専門技術を克服し、臨床実習に臨むことができます。臨床実習では、実習学生2人に対し1人の指導者がつき丁寧に指導します。

閉じる

リアルな学習環境で繰り返し学ぶ

早期体験学習により実践力を養成するLab

・Physical Science Lab
実際の臨床現場さながらの学習環境で、医療者としての知識・技術・態度を学びます。リアルな学習環境で繰り返し実践することで、臨地実習へスムーズに臨むことができます。
・ADL(Activities of Daily Living)Science Lab
日常生活に必要な動作のサポートを練習するために、キッチン、洗面台、風呂、ベッド、トイレ、畳の部屋、段差などを備えたLabです。患者さんが自宅で暮らしをするうえで、どのような訓練や支援が必要なのかチームディスカッションをしながら学んでいきます。

閉じる

医療現場のチームワークを実践的に学ぶ

チーム医療を学ぶLab

現代の医療現場の主流は、専門職がチームを組んで協働し、効果的な支援を患者さんへ提供するチーム医療です。本学部では看護学部の学生と連携し、医療現場のチームワークを実践的に学びます。また、「生活者の視点で対象者を支援できる医療者」になるために、「地域連携支援センター」において、学生だけではなく医療に関わる多様な職種の方々や地域の人達との連携を学びます。

閉じる

学べること

これからの医療を担う理学療法士へ

理学療法学科〈仮称〉

基礎から実践までしっかり学び、医療・保健・福祉の幅広い領域で活躍できる理学療法士に

長年の教育で培ったノウハウと実績を生かし、基礎的な知識から実践までをしっかり教えていきます。理学療法士への社会のニーズはどんどん広がり、その中で指導的役割を果たす臨床家になれるよう育成します。

【授業・講義】
1年次後期に実施する看護学部との合同による「英語認定証つき海外研修」

1年次後期には看護学部との合同による英語認定証付き海外研修を行う予定です。

閉じる

これからの医療を担う作業療法士へ

作業療法学科〈仮称〉

障害のある人の視点に立った援助が行える作業療法士を養成

病院や施設、地域・家庭でのリハビリまでを含めた高度で幅広い作業療法を学び、障害のある人の視点に立った援助が行える専門職を育成します。作業療法士に不可欠な、基礎医学や臨床医療学、障害の内容に応じた知識や技法などを学習。人々が豊かで質の高い生活を送るためには何が必要なのかを追究していきます。

【授業・講義】
1年次後期に実施する看護学部との合同による「英語認定証つき海外研修」

1年次後期には看護学部との合同による英語認定証付き海外研修を行う予定です。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】岐阜県岐阜市東鶉2-92 入試・広報部
TEL.(058)274-5001
 【URL】http://www.gifuhoken.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ