びわこがくいん

びわこ学院大学

私立大学 滋賀県

みんなのQ&A

入試に関するQ&A

入学検定料(受験料)に割引制度はありますか?

入学検定料を一度振り込めば、同一年度内の入試に限り、それ以後に受験する入試(同時出願を含む)の入学検定料がすべて無料になる「入学検定料フリーパス制度」があります。複数の入学試験を同時に出願する場合は、いくつ出願しても最も安い検定料のみとなります。

閉じる

複数回の受験は可能ですか?

可能です。本学では、例えばAO入試で不合格となった人が、指定校制推薦入試や公募制推薦入試に出願することも、公募制推薦入試の前期日程で不合格となった人が、後期日程に出願することも可能です。また、一般入試とセンター試験利用入試を同時に出願することも可能です。どのケースであっても、「入学検定料フリーパス制度」により入学検定料の割引が受けられますので、ぜひ積極的にチャレンジしてください。

閉じる

AO入試のエントリーには、オープンキャンパスの参加が必要ですか?

AO入試にエントリーするには、6月~8月に実施するオープンキャンパスでの「AO入試事前説明」に参加する必要があります。どうしても参加できない場合は、入学センター(TEL:0748-35-0006)までご相談ください。

閉じる

AO入試の選考は面談となっていますが、面接とは違うのですか?

AO入試は、熱意や意欲を評価することを目的としているため、質問に答えるだけの面接ではなく、志望学科の学びなどについて話し合う面談形式となっています。志望理由などのほかに、聞いておきたいことなどをまとめておくことをお勧めします。

閉じる

筆記試験の受験科目が選択できる入試は、出願時に選択する必要があるのですか?

出願時ではなく、試験時に選択できます。どちらの問題も配付しますので、問題内容を比較しながら選択することも可能です。

閉じる

教育福祉学部の大学入試センター試験利用入試(A日程)の選考方法は、「2科目型」と「3科目型」から選べますが、両方に出願することは可能ですか?

可能です。「2科目型」「3科目型」両方に出願する場合は、受験区分コードの「両型」にチェックしてください。(詳しくは、学生募集要項の「入学願書記入例」をご参考ください。)

閉じる

子ども学科のコース選択は出願時にするのですか?

出願時に決定する必要はありません。「子ども教育コース」と「子ども福祉コース」の選択は、1年次の秋学期に行います。

閉じる

子ども学科とスポーツ教育学科の併願は可能ですか?

公募制推薦入試や一般入試、大学入試センター試験利用入試、自己推薦入試で受験する場合は、第2志望を認めています。第1志望の学科の合否結果が不合格だった場合のみ、第2志望の学科でも合否判定を行います。

閉じる

推薦入試の面接はどのように実施されますか?

推薦入試で実施している面接は、面接官2名に対し受験生3名のグループ面接です。一つの質問に対して、順に答えることになりますので、いくつか答えを用意しておくとよいでしょう。

閉じる

一般入試とセンター試験利用入試をどちらも受験する場合、出願書類はそれぞれ必要ですか?

出願期間が重なる入試を同時に出願する場合のみ、入学願書や調査書等は1通で結構です。出願期間が異なる入試を受験する場合は、すべての書類が再度必要となりますので、ご注意ください。

閉じる

入試に関するQ&A 2

特別奨学生やスポーツ特別奨学生に選ばれた場合、必ず入学しなければなりませんか?

専願の入試でチャレンジした場合や、専願の入試による合格を保持してチャレンジした場合を除いては、奨学生に選ばれたからといって、必ずしも入学する必要はありません。

閉じる

AO入試か推薦入試を受験したいと考えていますが、特別奨学生にチャレンジできますか?

可能です。AO入試や推薦入試ですでに合格している場合も、合格を保持したまま大学入試センター試験利用入試(A日程)に出願することによりチャレンジできます。その場合の入学検定料は、「入学検定料フリーパス制度」により無料となります。

閉じる

キャンパスライフに関するQ&A

男女の割合について教えてください。

2017年5月1日時点での在学生の男女比率は、男53 : 女47となっています。

閉じる

少人数教育のメリットについて教えてください。

教員との距離が近く、顔が見える教育ができるのは少人数教育の大きなメリットです。本学独自の冊子『学修の記録』をもとに、個別面談を実施するなど、一人ひとりにあったきめ細かな指導やアットホームな環境も魅力です。また、学年や学科を超えた繋がりも多く、研究室に集まって友人や先輩と交流したり、採用試験・資格試験に向け、みんなで合格をめざし、刺激し合い励まし合う「仲間力」が特長です。

閉じる

授業時間を教えてください。

各講時の授業時間は、I講時9:00〜10:30、II講時10:40〜12:10、III講時13:00〜14:30、IV講時14:40〜16:10、V講時16:20〜17:50です。一部演習科目には135分授業もあります。

閉じる

学生は授業と授業の空き時間に何をしていますか?

学内の喫茶コーナーで友人と話をしたり、図書館のビデオ鑑賞コーナーで映画やドラマのDVDを観たり、雑誌コーナーで友人とファッション雑誌を見ているという学生が多くいます。また、車通学の友人とドライブに出かける姿もよく見かけます。近くに三井アウトレットパークもあるので、ショッピングに行くこともできます。

閉じる

昼食はどうしてますか?

学内に学生食堂と喫茶店があります。学生食堂は、日替わりランチ(定食)や、麺類、丼物などがそろっており、喫茶店では軽食やデザートが楽しめます。ほかにも大学前のコンビニを利用する学生や、お弁当を持参する学生もいます。

閉じる

どんな部活動・サークルがありますか?

学部学科や学年を越えた仲間たちと出会えるのが、部活動・サークルの特長です。本学の部活動・サークルは、本格的なものから、趣味で楽しい雰囲気のものまであり、放課後などに活動しています。陸上部、駅伝部、フットサル部、バスケットボール部、ダンスサークル、テニスサークル、バドミントンサークルなどの運動系部活動・サークルと、和太鼓部、吹奏楽サークル、合唱サークル、広報ボランティアサークル、軽音楽サークル、茶道部といった文化系部活動・サークルが活動しています。また、新しいサークルも簡単な手続きですぐに立ち上げることができます。

閉じる

通学はどうしていますか?

本学の通学方法で最も多いのが、JR「近江八幡」駅からのスクールバス通学です。授業時間に合わせて複数台が往復しており、約18分で大学に着きます。次に多いのがマイカー通学。本学は大学横に約250台駐車できる広い駐車場があるので、登録すれば、車通学が可能です(バイク通学も可)。大学に隣接した近江鉄道「大学前」駅もあり、大学の玄関まで1分と大変便利です。

閉じる

下宿したいのですが寮はありますか?

寮はありませんが、大学がおすすめのアパートやハイツを紹介しています。どの物件も、本学から自転車で10~15分圏内の近さにあり、スーパーや飲食店など生活に便利な施設が集まる街の中心地にあります。家賃も都市部と比べると格段に安いのが特長です。下宿生の多くは自転車で通学し、雨や雪の日には近江鉄道を利用しています。

閉じる

スポーツの実績があるのですが、子ども学科に出願するとスポーツ特別奨学生にチャレンジできませんか?

スポーツ特別奨学生は、志願学科に関係なく、入試の成績や提出書類、高校でのスポーツ実績を総合的に審査し、選考しますので子ども学科を受験される方もチャレンジできます。AO入試、指定校制推薦入試、公募制推薦入試(前期)が選考対象入試です。詳しくは、学生募集要項でご確認ください。

閉じる

学部・学科・研究に関するQ&A

「実習」とはどのようなものですか?

教員免許や福祉資格を取得するには、指定の施設や学校で一定期間実習を行うことが必要です。実習では、座学で得た知識をどのように実践に結びつけるか、実体験を通じて学びます。本学は、滋賀県内を中心に、幅広い教育・福祉関係のネットワークを持っていますので、学校、幼稚園、保育所、福祉施設などで安心して実習を行えます。

閉じる

実習はどんな施設で実施するのですか?

「教育実習」は幼稚園や小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、「保育実習」は福祉施設や保育所、「養護実習」は小学校、中学校、高等学校、「看護臨床実習」は病院、「社会福祉援助技術実習」は、福祉施設・社会福祉協議会でそれぞれ実施します。

閉じる

実習中は、誰に指導してもらうのですか?

本学は、実習先で現職の教職員をメンター(指導者・助言者)役とする「メンター実習制度」を導入しています。現場をよく知る教職員から直接指導を受けながら、さまざまな教育・保育・福祉活動を経験します。また、本学教員が実習先を訪問し指導する「巡回指導」がありますので、安心して実習することができます。

閉じる

実習中に困ったこと、相談したいことがある場合、どうしたらいいですか?

本学の実習は、教員による手厚いサポートが特長です。実習前や終了後の指導はもちろんのこと、実習期間中も担当教員が実習先を巡回。スムーズに実習できるようサポートしています。

閉じる

「体験型授業」のメリットは何ですか?

実習でも現場は経験できますが、さらに時間をかけて現場でしか学べないことを経験してほしいと、教育ボランティアをはじめとする体験型授業を取り入れています。近隣の小学校や大学附属こども園など、多くの実践の場を設けており、ほとんどの学生が参加し、実践力を大きく向上させています。

閉じる

「野外活動(自然体験指導力養成研修)」とは何ですか?

夏は琵琶湖での湖上実習やキャンプ、冬はスキー実習など自然の中で研修を実施。子どもたちに自然について教育・指導するための力を修得します。同時に、講義では得られない体験を通して、学ぶ楽しさや達成感を知り、仲間と共に力を合わせて活動するグループワークの力も養います。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

疑問や不安を解決するために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ