学校パンフ取り寄せで図書カードGET

びわこがくいん

びわこ学院大学

私立大学 滋賀県

大学トップ

ここに注目!
  • 一人ひとりの就職活動を後押ししてくれる、きめ細かなサポート
  • めざせる教員免許と福祉資格が充実!
  • 「教育ボランティア」などの現場経験で実践力が身に付く

大学の特色

アットホームな環境で学生満足度も高い

少人数教育で互いを刺激しあいながら学べる環境

1・2年生はクラス(1クラス平均10名)、3・4年生はゼミ(1ゼミ平均4名)の担当教員が、学生一人ひとりをきめ細かくサポート。学業や学生生活などについて何でも相談できる教員と、同じ目標を持った仲間と刺激しあいながら学べる理想的な環境です。学科や学年を越えた学生同士の交流も多く、教職員との距離が近いのも特長です。

閉じる

採用試験に向けた模擬面接風景

一人ひとりの就職活動を後押ししてくれる指導と、充実した進路支援プログラム

難関とされる教員採用試験や公務員試験(幼稚園教諭・保育士など)に向けての進路支援プログラムは、1年次からスタート。学校や幼稚園、保育所などへ出向いて現場経験を積む「教育ボランティア」や自然体験指導力を養う「野外活動」の他、1年生から始まる「基礎学力養成講座」や集団模擬面接・模擬授業、ピアノ指導等を行う「採用試験対策講座」など、少人数制ならではのきめ細かなサポートと、充実した内容の支援プログラムにより、学生一人ひとりの夢の実現を全力でサポート。毎年高い就職率を実現しています。

閉じる

定期的に行う面談で一人ひとりをサポート

次へ進むための“カルテ”「学修の記録」で自分の成長を可視化

自分の夢に対する努力目標や達成度、また自分自身の長所短所、改善点などが自己分析できる本学独自のカルテ「学修の記録」を入学時から活用しています。自己分析ができるだけでなく、それをもとに教員が個別に面談を行うことによって、学生の個性に応じたきめ細かな指導も可能にします。また、最もモチベーションが高い入学時から記録をつけているため、常に高いモチベーションを維持することができ、毎年高い就職率を実現しています。

閉じる

教育環境

マイカー通学も可能な学生駐車場

駅に隣接、マイカー通学もOK!通学しやすいキャンパス

本学に隣接する近江鉄道「大学前」駅は、本学から徒歩1分という近さにあります。また、キャンパスとJR「近江八幡」駅を結ぶスクールバスは、授業時間に合わせて運行しており、夏は涼しく冬は暖かく通学できます。
キャンパス近くには、広い学生駐車場も整備され、マイカー通学も可能。その他、バイク、自転車など、自分の通いやすい通学方法が選べます。

閉じる

それぞれの専門性を高める演習室

学びを強力にサポートする充実の施設

大学附属こども園/キャンパス内にこども園があるので、授業やボランティアを通して、子どもたちとふれあう機会が豊富です。
小児保健実習室/保育・教育の現場で子どもを守るため、子どもの行動と身体の変調に対する判断と対処法を学びます。
造形室/木工用具や版画プレス機など、図画工作の道具や機器が充実。知識や技術はもちろん、安全面に関する指導法も学びます。
音楽室・ピアノ練習室/音楽室は電子ピアノ約40台のほか、木琴、ドラムセットなどを完備。また、集中してピアノ練習ができる個別練習室も10室設置されており、空き時間は自由に利用できます。
トレーニングルーム/さまざまなトレーニング器材がそろっており、アスリートのトレーニング方法を学ぶだけでなく、自身のトレーニングも行います。
シールドルーム・実験室/スポーツ心理学では、脳波計を使用し、脳波の変化を学びます。実験する時に、正確に測定するため電磁波をシャットアウトできる部屋の構造となっています。
講義室/ほぼ全ての講義室はワイヤレス環境が整い、パソコンをはじめiPadやスマートフォンなどからプロジェクタに資料を映し出すことができます。利用が増えつつあるワイヤレス&タブレットによる会議やプレゼンテーションに対応するための操作方法や技術も身に付きます。
多目的グラウンド/陸上フィールド競技に対応した多目的グラウンドが2016年春完成しました。

閉じる

出席管理も学生カードをかざすだけ

学内ICT化によるスムーズ&便利な学習環境

学生証(ICカード)/専用端末に学生証をかざすと、授業の出欠が自動的に記録されるシステムをいち早く導入しています。学生自身がポータルサイトでいつでも出席状況を確認できます。
ポータルサイト/学生生活を送るうえで必要な情報を効率よく確認できるポータルサイトにより、履修状況や休講・補講情報を確認できます。携帯電話からもアクセスできます。
びわ学CNS(コミュニケーション・ネットワーク・システム)/ポータルサイト内のCNSを利用することによりレポート・課題の提出も行えます。また、学内の先輩や友人、ゼミ担当教員などとデータ(レポートや課題など)を共有することもできます。
※ICTとは Information & Communication Technology (情報通信技術) の略です。

閉じる

学部

【2018年度入学者対象】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

2018年度実績

●教育福祉学部
【学科名】子ども学科・スポーツ教育学科
【初年度納付金】1,330,000円
【うち入学金】230,000円
【うち授業料】830,000円
【うち施設設備費】270,000円

※その他、取得をめざす免許・資格によって実習費が必要となります。
※変更の場合もありますので、大学が発行している資料やホームページにてご確認ください。

国立大学並みの学費で学べる奨学生制度も導入!

本学独自の奨学金【2018年度実績】

●特別奨学生
夢の実現に向けた強い意欲を持つ学生を応援するため、本学では、大学入試センター試験の成績を利用して選抜する「特別奨学生制度」を導入しています。最長4年間の学費半額免除が受けられ、国立大学並みの学費で学べます。専願でなくてもチャレンジできます。
◇募集人員/教育福祉学部 子ども学科・スポーツ教育学科 合計10名程度
◇選考対象/大学入試センター試験利用入試(A日程)出願者のうち、申請書を提出した者
◇減免内容/授業料・施設設備費を最長4年間半額免除 

●スポーツ特別奨学生
スポーツに対する情熱のある学生を応援する「スポーツ特別奨学生制度」を導入しています。入試成績の他、提出書類(出身高等学校調査書、スポーツ活動報告書、活動実績証明書等)を総合的に審査して選抜します。
◇募集人員/教育福祉学部 子ども学科・スポーツ教育学科 合計5名程度
◇選考対象/AO入試、指定校制推薦入試、公募制推薦入試(前期)出願者のうち、申請書を提出した者
◇減免内容/授業料・施設設備費を最長4年間全額(1種)もしくは半額(2種)免除

※このほか、在学生を対象とする「在学生対象特別奨学生制度」もあります。

閉じる

住環境

京都まで電車で30分程度とアクセスが良く、都市部に比べ家賃が安いなど、滋賀県の中でも生活しやすい立地にある本学キャンパス。ひとり暮らしの学生のほとんどは、近江八幡市か八日市エリアに住んでいます。スクールバスの発着駅であるJR琵琶湖線「近江八幡」駅前は、スーパーはもちろん、カフェやアミューズメント施設もあり、ショッピングや待ち合わせにも便利です。
●便利で安心!大学近くの下宿環境
本学が紹介するアパート・マンションは、通学の便利さや周辺環境にこだわった物件ばかり。買い物など生活の利便性やリーズナブルな家賃にも配慮し、ひとり暮らしを応援します。
※下宿情報の詳細については、大学へお問い合わせください。

閉じる

クラブ・サークル活動

本学では、本格的な部活動から、趣味で楽しく活動しているサークルまで、体育会系と文化系のさまざまな部活動・サークルがあります。学科やコース、学年を越えたより多くの仲間たちとも出会え、充実した学生生活を送ることができます。

体育会系クラブ

陸上競技部、駅伝部、フットサル部、バスケットボール部、ソフトテニスサークル、ダンスサークル、バドミントンサークル、ゴルフサークル、バレーボールサークル、卓球サークル など

文化系クラブ

和太鼓部、吹奏楽サークル、広報・ボランティアサークル、合唱サークル、軽音楽サークル、茶道サークル など

閉じる

大学院・併設の大学

2017年4月短期大学部ライフデザイン学科に児童学コースを開設

●びわこ学院大学短期大学部<2年制>
ライフデザイン学科
・児童学コース(2017年4月開設)
・介護福祉コース
・キャリアデザインコース
※びわこ学院大学短期大学部からびわこ学院大学への編入学は、入学金が全額免除されます。

閉じる

パンフ・願書

さまざまな教員免許と福祉資格が取得できる本学には、全国各地から学生が集まっています。また、夢を実現させるための環境と支援プログラムが整っています。本学独自のポートフォリオである「学修の記録」をもとに、担当教員が個別面談を行うなど、少人数制ならではのきめ細かさで、学生一人ひとりの夢をサポート。大学案内には、夢を叶えるための学びや、夢を叶えた卒業生のインタビューを多数掲載!ぜひご覧ください。

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

本学キャンパス

●滋賀県東近江市布施町29
JR琵琶湖線「近江八幡」駅からスクールバス約18分
または、近江鉄道本線「大学前」駅下車、徒歩1分

閉じる

問い合わせ先

住所

〒527-8533
滋賀県東近江市布施町29
入学センター

電話番号

(0748)35-0006(直通)

URL

https://www.biwakogakuin.ac.jp/

E-Mail

cl-admin@newton.ac.jp

その他

【FAX】(0748)23-7202

閉じる

みんなのQ&A

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ