×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

おおさかでんきつうしん

大阪電気通信大学

私立大学 大阪府

注目情報

大阪電気通信大学の新設情報

2020年4月、「医療健康科学部 医療科学科」スタート

本学では2020年4月、医療福祉工学部を「医療健康科学部」に、医療福祉工学科を「医療科学科」に名称変更予定。幅広い領域から今後の医療や健康スポーツ分野を支える人材を育成する教育を展開します。それぞれの個性や適性を活かし、医療・健康維持促進に貢献できる「人間力」と「技術力」を備えたプロフェッショナルの育成を目指します。

閉じる

医療・リハビリ・健康スポーツを 幅広く学ぶ

  • 「医療×テクノロジー」を学ぶ医療科学科

  • 模擬手術室などを完備した臨床工学実習室

新設の医療健康科学部では、予防医療の段階に沿った学科構成となっています。多様な履修モデルを用意し、それぞれの興味・関心に応じて、予防医療に貢献できる専門的な知識・技術を修得できます。

医療科学科
予防医療や医療機器の専門知識を持ち、医療職として活躍する臨床工学技士や、医療機器や医療システムを開発するエンジニアなどを養成します。
〈履修モデル〉臨床工学/総合医療エンジニア

理学療法学科
対象者の方々に寄り添い、支援するために必要なコミュニケーション能力を養い、知識・技術と人間力を兼ね備えた理学療法士を目指します。
〈履修モデル〉リハビリテーション

健康スポーツ科学科
健康スポーツの幅広い領域から人々の健康維持促進に貢献できる人材を育成。中学・高校の保健体育教員、健康運動指導士や健康運動実践指導者などの資格取得を強力にサポートします。
〈履修モデル〉フィットネス/スポーツ教育/スポーツコーチング/生涯スポーツ

閉じる

進化した情報教育で、AI・IoT時代をリードする人材に

eラーニングの導入により、学生は日常的な学習のなかでICTへの理解を深めるとともに、現場実習などを通じて医療・健康スポーツのICT化の現状や課題を学びます。ICTに精通した人材が不足している医療・健康スポーツ分野で、ICTをはじめとした先進テクノロジーを強みに、より良い医療や健康支援を提案・創造できる人材を育成します。

〈学びの特長1〉
講義において知識・技術を修得する「アカデミックラーニング」、病院や企業で働くOB・OGが応用的・発展的な指導を実施する「プロフェッショナルラーニング」、医療現場や企業で知識・技術を実践に結びつける「現場実習」の3つを組み合わせた「実学教育」を展開します(医療科学科・理学療法学科)。

〈学びの特長2〉
いつでもどこでも繰り返し学習が可能な「eラーニング」や、ICT関連資格の取得を強力サポートする1年次からの情報教育、情報テクノロジーの活用により、AI・IoT時代の医療・健康支援を牽引する人材の育成を目指します。

閉じる

第一線で活躍するOB・OGから 医療・リハビリの“今”を学ぶ

  • 実習ではOB・OGによる指導が受けられる

「実学」を重視する本学では、新学部でも特長的な「実学教育」を展開します。医療科学科や理学療法学科では、医療機関や企業での現場実習に加え、病院や医療機器メーカー、健康福祉関連企業で働くOB・OGが学内の実習に補助教員として参加し、学生を直接指導します。現役で活躍するOB・OGに教わることで、医療の“今”を学ぶことができます。 講義と実習において専門知識・技術を修得し、現役のプロフェッショナルであるOB・OGによる指導も加わって知識・技術と実践をリンクさせ、現場実習で学びを深めるというサイクルが、確かな実践力と応用力を養います。

また、本学の強みのひとつは、全学部で「情報教育に力を入れている」ことです。医療健康科学部※ではeラーニングを10年以上前に導入し、国家資格試験の問題傾向や対策をweb上に公開し、いつでも自発的に学習できる仕組みを構築。国家試験の高い合格率につながっています。
※2020年4月、現:医療福祉工学部より名称変更予定

2018年度 臨床工学技士国家試験
合格者数 29人/合格率 91.0%(全国平均 73.7%)

理学療法士 進路決定率
学科開設以来 100%(2018年3月卒業生 就職者37人)

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

注目情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ