福山平成大学/福祉健康学部|Benesse マナビジョン
学校パンフ取り寄せで図書カードGET

ふくやまへいせい

福山平成大学

私立大学 広島県

福祉健康学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

福祉学科/社会福祉コース(40名)
福祉学科/介護福祉コース(20名)
こども学科(50名)
健康スポーツ科学科(100名)

所在地

1~4年:広島

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●福祉、子ども、健康・スポーツの専門家をめざす3学科構成
●国家試験合格を強力サポート
●実践や地域活動を通して、体験的に学ぶ

福祉学科・こども学科・健康スポーツ学科の3学科構成となり、乳幼児から高齢者まで、すべての人々が穏やかで心豊かに安心して生活できるよう支援し、地域社会に貢献できる人材の育成をめざしています。

【キャンパス】広島県福山市
【学生数】695名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】42名(2017年4月1日現在)
【大学院】スポーツ健康科学研究科/スポーツ健康科学専攻

福祉学科/社会福祉コース

講義・学問分野

社会福祉論、ボランティア活動論、福祉倫理、基礎演習、社会福祉援助技術演習、地域福祉論、児童福祉論、老人福祉論、障がい者福祉論、人体の構造と機能及び疾病、保健医療サービス、精神医療 等

閉じる

福祉学科/介護福祉コース

講義・学問分野

心理学理論と心理的支援、認知症の理解、こころとからだのしくみ、医療的ケア、リハビリテーション論、リスクマネジメント論、障がい者福祉論、精神医学、人体の構造と機能及び疾病 等

閉じる

こども学科

講義・学問分野

保育原理、社会的擁護、心理学概論、介護概論、情報処理論、音楽、体育、ピアノ入門、ピアノ初級、教育心理学、子どもの食と栄養、保育の心理学、子どもの保健、家庭支援論 等

閉じる

健康スポーツ科学科

講義・学問分野

運動・スポーツ指導方法論、スポーツ運動学、運動生理学、体力トレーニング科学、スポーツ心理学、身体機能解剖学、スポーツ史アスレティック・リハビリテーション、陸上競技、武道、メンタル・トレーニング方法論 等

閉じる

学部の特色

福祉、子ども、健康・スポーツの専門家をめざす3学科構成

子どもから高齢者まで、支援を必要とする人に対してその人らしい暮らしをサポートする「福祉学科」、子どもの成長と学びを支援する「子ども学科」、体育・スポーツの現場において健康で豊かな生活に貢献する「健康スポーツ学科」の3学科で構成しています。
実践力を養う設備の充実を図り、学生の学びをサポートしています。福祉学科には入浴実習室や介護実習室といった実習設備を整備。子ども学科には保育園や幼稚園、小学校の模擬教室を設置しています。健康スポーツ学科には本格的なスポーツ関連施設が整っています。

閉じる

国家試験合格を強力サポート

福祉健康学部ではさまざま免許・資格を取得することができ、合格に向けて積極的に支援しています。国家試験対策室には、国家試験に関する参考書や問題集などが揃い、学生は常時確認できます。自主学習のスペースでは同じ目標を持つ学生同士が切磋琢磨しています。

<各学科で取得できる主な免許・資格>
●福祉学科/社会福祉士[国家試験受験資格]、精神保健福祉士[国家試験受験資格]、介護福祉士[国家試験受験資格]、保育士
●こども学科/保育士、幼稚園教諭一種免許状、小学校教諭一種免許状
●健康スポーツ学科/中学校・高等学校教諭一種免許状(保健体育)、養護教諭一種免許状、健康運動実践指導者、健康運動指導士、トレーニング指導士(JATI-ATI)

閉じる

実践や地域活動を通して、体験的に学ぶ

多くの企業・施設と連携している福祉健康学部では、実習やボランティアを通して実務経験を積める場を豊富に設けています。現場で学んだコミュニケーション方法や技術は、将来の大きな力になります。福祉健康学科では定期的にボランティアに参加することによって、対象者が抱えている事情など、理解を深めることができる貴重な機会となります。子ども学科では子育て支援や野外ピアノコンサートなどを開催し、地域の方から好評をいただいています。健康スポーツ学科では地域の薬局と協力して健康サポートフェアを開催するなど、実践活動を積極的に行っています。

閉じる

学べること

基礎演習発表会

福祉学科/社会福祉コース

【授業・講義】
相談援助のプロになる!

相談援助を主とする福祉系国家資格である社会福祉士、精神保健福祉士の資格取得を柱としたカリキュラムに基づき、現代社会に直面する社会問題を解決する援助者の育成を図っています。コースでは法律や制度の講義課目から、模擬面接やアセスメントなどを学ぶ演習科目、実際に福祉施設に出向いて学ぶ実習科目等により構成されています。

閉じる

福祉用具を使っての実習

福祉学科/介護福祉コース

【授業・講義】
(ダミー)福祉用具で生活支援技術を学ぶ

最新の設備を用いながら介護を主とする福祉系国家資格である介護福祉士の取得を中心に学び、併せて社会福祉士も取得できるカリキュラムを構築。社会で活躍しうる専門的職業人の育成を図っています。1年生から始まる介護技術の学習から介護過程の理解、生活支援技術等生活に困っている方への支援の実際を学んでいきます。

閉じる

音楽教育や表現体験など豊かな感性を育む科目が充実

こども学科

子どもの心を理解し、成長を促せる保育者・教育者をめざす

子どもにかかわる専門家には、保育士、幼稚園教諭、小学校教諭があります。これら3者は密接に連携しながら、子どもの年齢に応じた保育・教育の展開が求められます。こども学科では、保・幼・小連携システムを構築し、長期的な視点を持って子どもを保育・教育できる専門家の育成をめざしています。

【授業・講義】
ピアノレッスン

「入学前ピアノセミナー」から始まる4年間を通したピアノ教育によって、初心者でも安心して技術を高めることができます。さらに近年、伝統芸能に関する教育が推進されていることを受けて、能楽や和太鼓といった日本の伝統芸能を授業に取り入れ、表現力を養う機会を設けています。

閉じる

野外実践実習(アウトドアスポーツ)

健康スポーツ科学科

健康とスポーツ指導のプロフェッショナルをめざす

つくる(健康)・きわめる(スポーツ)・人間教育(教職)の3つを教育の柱に置き、科学的根拠と現場の指導に基づく「スポーツの指導者」、最新スポーツ医科学に基づく「健康運動指導者」など、運動やスポーツを生活に取り入れて健康の維持・増進を図る専門指導者を育成します。運動やスポーツの実践を通して問題点を発見・解決できる力を養います。また、トレーニングやリハビリテーションについても学修を広げ、幅広い領域で活躍できる知識と技術を修得します。

【授業・講義】
『体育やスポーツの役割』を理解し、学びを深める

体力の向上を図る「身体領域」、運動技術を高める「運動技能領域」、運動の効果を理解する「認識領域」、集団の中での役割や規則を身に付ける「社会的領域」、運動する喜びを経験する「情意領域」。この5つの領域を基本として『体育やスポーツの役割』を学びます。

閉じる

アドミッションポリシー

【福祉学科】アドミッション・ポリシー

福祉学科では、「共感と共生」を基本にした福祉(ウェルビーイング)の理念を柱に、共感の心・自立の支援・共生を可能にする福祉のプロフェッショナルの養成を目指します。福祉施設等の実習をとおして専門知識と実務能力を備えた人材を育成します。福祉学科では、次のような意欲と熱意をもった人の入学を期待します。

1.社会福祉及び関連分野に関心をもち、将来それらの分野において活躍するために専門知識や技術を学ぶ意志をもつ人。
2.自分と他者の関係を大切にし、コミュニケーション能力や倫理観を高めるための自己学習に意欲のある人。
3.さまざまなボランティア活動や社会貢献活動に積極的・主体的に参加し、実践能力を高めるための行動ができる人。
4.人の幸せを進んで支援することに生き甲斐を感じることのできる人。

閉じる

【こども学科】アドミッション・ポリシー

こども学科では、乳幼児保育・幼稚園教育・小学校教育のスペシャリストの養成を目標にしています。具体的には、子どもを大切に育て、子どもの可能性を引き出すための基本姿勢を高めるとともに、子どもを取り巻く社会状況の変化に対応できる専門家として保育・教育支援ができる人材を育成します。こども学科では、次のような意欲と熱意をもった人を積極的に受け入れます。

1.子どもの保育・教育に関心をもち、将来それらの分野において活躍するために専門知識や技術を学ぶ意志をもつ人。
2.よく見て、聞いて、自分で考える力、論理的思考力を高めるために努力する人。
3.課題や目標に向けて積極的に挑戦し、継続しながら達成できる人。
4.社会状況に関心をもち、時代の変化に対応できる人
5.社会的常識をもち、協調的に物事に取り組もうと努力する人。

閉じる

【健康スポーツ科学科】アドミッション・ポリシー

健康スポーツ科学科では,現代社会における健康・スポーツの役割を認識し,身体活動を介した健康やスポーツを体系的に深く理解することにより,調和のある人間形成を図ります。さらに「健康」「スポーツ」「教員免許」の3つの柱を軸に,社会に貢献できる有能な職能人・教員・指導者や研究者の人材を育成します。そのために,次のような意欲と熱意をもった人を積極的に受け入れます。

1.健康スポーツ科学科の特色を理解し,学科の専門分野に強い興味と自ら学ぼうとする意欲が旺盛な人。
2.社会と人間性のかかわりを健康・スポーツの視点から捉え,健康・スポーツ文化の諸分野において発信していくための能力と感性を身につけようとする人。
3.自然と人類の共生を真剣に考え,人と共振・共鳴・共同でき,目的を段階的に捉え,成果に向けて達成しようとする人。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】〒720-0001 広島県福山市御幸町上岩成正戸117-1/入試室 TEL.(084)972-5001(代)
 【URL】http://www.heisei-u.ac.jp/faculty/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ