志望大選び “うまくいく家庭”はここが違う! 行動力編

そろそろ子どもが志望大を決める時期。後悔しない選択をさせるには、家庭のサポートも大切です。保護者としておさえておきたい、志望大選びのポイントを探ってみました。

“うまくいく家庭”はここが違う 行動力が違う!

資料でわかることは一握りだから大学を積極的に見にいく

大学の研究設備や周辺環境、学生や職員の雰囲気など、実際にキャンパスへ足を運ぶことでわかることはたくさんあります。大学が開催するオープンキャンパスへ行けば効率よく見学できます。あるいは、それ以外の平日に出かけて「普段の顔」を知るのもおすすめです。

保護者の声

オープンキャンパスでは教授と直接話す機会に恵まれ、学部選びの相談に乗ってもらった。「どの学部なら就職に有利か」といった質問にまでフランクに答えてくれたので、進路決定にとても役立った。
(神奈川県/T・Y/女性保護者・49歳)
オープンキャンパスへ一緒に行き、子どもが大学で留学することを希望していたので、留学担当の方に話をうかがいました。「留学しても4年で卒業したいのですが」などの相談をしたり、今までの事例を聞いたりできました。
(茨城県/S・U/女性保護者・45歳)

保護者も参加! オープンキャンパスQ&A

そもそもオープンキャンパスって保護者も参加していいの?

子どもに聞いてみると、オープンキャンパスは家族と一緒に行ったという声が少なくありません。「高校生の自分が気づかなかった学費面などを相談会で質問してくれたので、一緒に行ってよかった」といった意見も多数。

子どもに聞く!だれと一緒にオープンキャンパスに行きましたか?

データ出典:進研ゼミ高校講座『行きたい大学発見!~オープンキャンパス活用手帳!!付~』より

子どもは制服でOKだけど保護者の服装は?

基本的にはどんな服装でも構いません。ただ、当日はキャンパスツアーなどで歩く機会も多いので、フォーマルなものよりは動きやすいカジュアルな服装がおすすめです。

オープンキャンパスで保護者は何をチェックしたらよい?

保護者ならではのチェックポイントをおさえて、子どもの志望大選びに役立てましょう。

学生・教授・職員の雰囲気
オープンキャンパスのスタッフを務める学生の態度はもちろん、教授や大学職員の服装や話しぶりからも大学のカラーは見えやすいもの。模擬授業や入試説明会で確認しましょう。

教育設備・施設
教育設備・施設がどのくらい整っているかは、学びの充実度に直結します。子どもの進路希望に合わせた研究設備のほか、図書館の蔵書数、語学・留学環境などもあわせてチェックを。

周辺の環境(衣・食・住)
学内・キャンパス周辺に学食やコンビニがあるか、周りに繁華街はあるか、夜は寂しくないか…など、行かなければわからないことを保護者の目線から確認。また、子どもが自宅外通学の予定なら、大学周辺の家賃相場なども調べておきたいもの。

交通事情
自宅からキャンパスまでの所要時間や、駅から大学までの道のりを確認しておきましょう。入試当日のシミュレーションもしやすくなります。

遠いし、お金がかかる…大学を見にいけない場合は?

その大学に通う学生の意見を聞くのが一番。子どもの先輩や知人に聞ければ理想的です。「マナビジョン」の大学別の情報ページ(別ウィンドウで開きます)で大学生の生の声を集めるのも手です。そのほか、新聞社・出版社が発行する大学関連の情報誌など、大学生の本音を掲載する情報源にあたってみましょう。