学校パンフ請求でLINEギフトコード全員GET!

パンフ・願書を取り寄せる

仙台ビューティーアート専門学校

センダイビューティーアートセンモンガッコウ / 宮城
専修学校

卒業生の仕事

自分の手でお客様をキレイに!

Q1.仕事との出会い・きっかけ

画像ALT

女性にとって”美"とは誰もが得たい大切なものです。自分がキレイになることはもちろん、自分の手で誰かをキレイにしたいと考えたことがビューティーアート専門学校を選択したきっかけですね。学校では特にカラーの勉強が印象深く残っています。毎日相モデルになり、さまざまなパターンのメイクアップをしてきたことで、骨格や肌などその人の個性に合うメイクアップ方法をしっかりと学ぶことができました。また先生からは知識や技術どちらかを向上させるのではなく、両方をバランス良く学びなさいと教えていただいたことで、知識をもとに技術を活用するやり方を身につけたことが、働く上で大きな自信になっています。

Q2.仕事の魅力・やりがい

画像ALT

私は現在、百貨店でM・A・Cのマックアーティストとして働いています。初めてMAさんに出会ったときに多彩なメイクアップ道具を使い、お客様をキレイにしていく姿を見てとても憧れたのを覚えています。私もここでトレンドのメイクアップを提供していきたいと思い、M・A・Cを目指しました。就職活動は集団面接だったため、周りがとても自信を持ちハキハキと答えていることに不安を覚えましたが、今までの頑張りやビューティーアート専門学校で学んできたことに自信を持たなければと自分を奮い立たせ、何より「私が1番このブランドが好きなんだ!」と思い、不安を乗り越えて、無事合格することができました。

Q3.これからの目標や夢

画像ALT

将来の目標は社内の試験に合格してイベントなどのバックステージで活躍するメイクアップアーティストになることです。今はまだプロのメイクを間近で見て憧れながらも、参考にしている程度ですが、同じ夢を持った仲間と学んでいます。学びをもとに、お客様のメイクに精一杯取り組み、ご来店いただくたびに美しくなっていくお客様を見るのが何よりも嬉しいです。

佐々木 彩音さん
仙台ビューティーアート専門学校美容科卒
佐々木 彩音さん
勤務先:ELGC(株式会社)M・A・C
トータルビューティー科メイクコース
2014年卒業

ページの先頭へ

パンフ・願書を取り寄せる