いわて

岩手大学

国立大学 岩手県

学部・学科

学べること

情報分野の基礎もしっかりと修得

世界や地域の視点から課題を発見し、解決できる能力を育成する「教養教育」

持続的な共生社会づくりに主体的に参画する人材の育成をめざして、専門的知識や技術の基礎となる勉学のほかに、人間性を養う教養教育の充実を図り、実利だけにとらわれずにさまざまな視点から考えられる総合的な判断力を身に付ける「教養教育」を行います。

教養教育の特色
【技法知科目群】
現代社会を主体的に生きるために必要な基礎を確実に身に付ける外国語科目(英語、英語以外の外国語)、情報科目、健康・スポーツ科目に加えて、2年次に英語発展科目を配置した英語力を強化する科目群です。

【学問知科目群】
リベラルアーツを中心にした、自分自身のことや自己と社会・文化、自然が取り結ぶ関係を理解・考察することを通じて主体性を培う科目群です。地域の理解を深めるために地域科目も開講します。

【実践知科目群】
技法知・学問知で培った主体性を基礎に、さまざまな対象に対する理解と働きかけについて実践的に学修し、身に付けた知識を実践化する科目群です。
実践知科目群は、特にPBL型科目を中心とした地域の課題発見・解決に必要な能力を修得する科目を充実させ、新規開講します。
・基礎ゼミナール(転換教育科目)
 (対象:新入生全員)
高校から大学教育へのと橋渡しと大学生活へのイントロダクションの役割を持ち、大学での学びの中で問われる創造性や批判する力を身に付けます。
また、県内の各地域の現状・課題について学習する「震災復興に関する学修」を必修として実施します。
・初年次自由ゼミナール(初年次PBL型科目)
 (対象:1年次学生)
「学びの転換」を促し、課題解決力の基礎を身に付けます。
・地域課題演習A~H(高年次PBL型科目)
 (対象:2年次以上の学生)
全学教育研究組織の協力を得て運営し、PBLを導入した課題発見・解決能力を育成する科目です。

閉じる

平泉文化を科学的に分析

基礎・応用研究から学術文化の創造をめざす「融合研究」

基礎研究と応用研究の調和を基本として、人文・社会・自然の各分野が融合して独創的で学際的な研究を行っています。学問的な伝統に基づき、国際水準の先端的な研究をするとともに、地域社会との連携による新たな研究分野の創出、学術文化の創造をめざします。

■融合研究の事例
【「におい」による生物間コミュニケーション研究】
動物行動学、生化学、獣医学、実験心理学、医用生体工学、神経科学などの専門分野の研究者が結集して、「におい」の作用機構を解明し、野生動物との共生やペットとの快適な共同生活を実現するための新技術や、「におい」の利活用法の開発を進めています。
〔融合学部:農学部、人文社会科学部、教育学部、理工学部〕

【小中学校用防災教育教材の開発】
教育、研究、活動の範囲が拡充され、文理融合型の全学組織となった地域防災研究センターでは、小中学校用防災教育教材の改訂に取り組んでいます。わかりやすい表現を追究するアニメーションの技術開発や教育学的視点からの教材構成に文・理の協働研究が活かされています。
〔融合学部:人文社会科学部、教育学部、理工学部、農学部〕

【学際的「平泉学」の構築】
庭園文化を中心とした平泉文化の意義を総合的に解明するために設置された平泉文化研究センターでは、歴史学分野に、考古学、工学、農学を加え、非破壊蛍光X線分析装置、高性能デジタル顕微鏡による遺物や土壌分析などから「平泉学」研究に新たな学際的成果が期待されています。
〔融合学部:人文社会科学部、教育学部、理工学部、農学部〕

【岩手豊穣学―宮澤賢治を中心とした岩手の研究】
日本一面積が広い岩手県の気候・風土、豊穣の地は宮澤賢治などの英才を輩出しました。賢治をはじめとした英才の輩出に、岩手の地がどのように幸いしたのかを多くの研究者が、それぞれの専門分野から学部の垣根を越えて多角的に研究しています。
〔融合学部:人文社会科学部、教育学部、国際交流センター〕

閉じる

「地域グリーン化」などに向け環境教育を行う

宮澤賢治をモデルとした教育プログラム「環境人材育成」

本学(※前身の盛岡高等農林学校)の卒業生である宮澤賢治は、農業、教育、文学、語学、音楽などに精通した人物です。賢治の生涯からは、花巻・岩手の郷土性と世界にも目を向ける国際性、他者のために尽力する倫理性もうかがえます。
「環境人材育成」の教育プログラムでは、宮澤賢治をモデルに、ESD(持続可能な開発・発展のための教育)の価値観のもと、「基礎的環境力養成」「実践的環境力養成」「地域グリーン化支援」「環境管理実務士の資格認定」を「環境人材育成『4Programs』」として教職員と学生が一体となって実践的な環境教育に取り組んでいます。

閉じる

学部・学科

パンフ・願書を取り寄せよう!

学部・学科情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

パンフ・願書取り寄せ

ページの先頭へ