大学・専門パンフを取り寄せてQUOカードGET


でんきつうしん

電気通信大学

国立大学 東京都

学部・学科

学べること

情報理工学の基礎を幅広く学んだうえで専門性を高める

●興味や適性をふまえて、14の教育プログラムから専門分野を選択する
情報理工学域では、高度コミュニケーション社会を支える総合科学としての「総合コミュニケーション科学」の諸分野における高度な専門能力を育み、幅広く深い教養を身に付けます。1年次は全学共通授業科目により、自然科学、数学などの基礎を十分に学び、科学的思考力を身に付けます。1年次後学期から、自分の興味・関心に応じてI類(情報系)、II類(融合系)、III類(理工系)のいずれかに所属。2年次後学期から14の教育プログラム(メディア情報学、経営・社会情報学、情報数理工学、コンピュータサイエンス、セキュリティ情報学、情報通信工学、電子情報学、計測・制御システム、先端ロボティクス、機械システム、電子工学、光工学、物理工学、化学生命工学)に分かれ、4年次に研究室に所属し、卒業研究を行います。
先端工学基礎課程(夜間主課程)では、1・2年次にはものづくりマインドを育成しながら工学基礎を徹底して学びます。3年次からは情報、メディア、通信、電子、機械、制御に関する専門科目を学びます。

閉じる

多彩なプログラムでものづくりの力を育てる

多彩なプログラムで創造性や国際性を身に付けた人材へ

●楽力教育
本学では「ものづくり教育の根本は、ものづくりの楽しさと喜びを知り、つくりあげた達成感を得ること」と考え、ものづくりを楽しむ力を養い、創造性を高める教育プログラムとして、『楽力教育』を展開し、「ロボメカ工房」「電子工学工房」「情報工学工房」「ヒューマンメディア工房」「ピクトラボ」などのプロジェクトを実施しています。

●UECグローバルリーダー育成プログラム
選抜制の学域・修士一貫教育プログラムです。産業界や国際社会でリーダーとして未来を切り開く逞しい人材を育成することを目的として、1・2年次の学業成績により選抜。通常よりも約半年早く研究室に所属し、4年次の秋までに卒業研究を仕上げ、その後、翌年3月の卒業まで国内外の研究機関や海外の大学などで長期インターンシップを体験します。

●UECパスポートプログラム
III類(理工系)の電子工学、光工学、物理工学、化学生命工学プログラムで履修可能です。先端的な実験設備を用いた自主研究を行うための学生オープンラボを設け、研究の進め方を含めて専門的な支援を行います。また、学外での研修の機会を提供し、他大学との連携発表会では発表・討論能力も養います。優秀な学生には、さまざまな特典を設けています。

閉じる

他大学や海外大学との連携

多摩地区国立5大学単位互換制度
近隣の国立大学(東京外国語大学、東京学芸大学、東京農工大学、一橋大学)との間で、相互交流とカリキュラムの充実を目的に「単位互換制度」を実施しています。
留学制度(本学から海外へ)
本学の派遣留学は、単に語学を上達させるだけでなく、異文化理解や、学生が海外渡航のしくみを理解し、将来、各種の渡航手続きや手配を各自でこなすことができるようになることを目的として企画しています。
【体験(語学)留学】4~8週間の短期の留学プログラムです。語学・文化研修や異文化での生活体験に重点を置いています。応募に際して語学能力は問いません。
【交換留学】半年から1年の長期留学をするプログラムです。留学先の大学での正規授業履修や研究交流に重点を置き、現地の学生や各国からの留学生と専門分野において国際交流することを目的としています。
海外からの留学生数
本学には、海外から数多くの学生や研究者が留学しています。中には、日本での生活や習慣にまだ慣れていない人もいます。こちらから声をかければ日本(キャンパス)にいても国際交流は可能です。
〈母国の地域と留学生数〉
アジア228名、中近東3名、アフリカ8名、ヨーロッパ11名、北・中・南アメリカ17名、合計267名(2016年5月1日現在)

閉じる

学部・学科

先輩の学問体験記

パンフ・願書を取り寄せよう!

学部・学科情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

パンフ・願書取り寄せ

ページの先頭へ