とうきょうのうこう

東京農工大学

国立大学 東京都

工学部の詳細情報

※2019年4月から新教育課程へ変更(2018年4月申請6月認可)の予定です。

学科・定員・所在地

学科・定員

生命工学科(81名+3年次編入学11名)
応用分子化学科(46名)
生体医用システム工学科(56名+3年次編入学6名)
有機材料化学科(41名)
応用化学科(81名+3年次編入学10名)
化学システム工学科(35名)
化学物理工学科(81名+3年次編入学7名)
機械システム工学科(102名+3年次編入学16名)
知能情報システム工学科(120名+3年次編入学20名)
物理システム工学科(56名)
電気電子工学科(88名)
情報工学科(62名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●将来をイメージできる6学科の学び
●欅型教育による工学系知的プロフェッショナル人材の育成
●まだある!東京農工大学の学びの魅力

平成31年4月から3つの専門性(バイオ/医工系、エネルギー/環境/マテリアル系、モビリティ/ロボティクス/コンピュータ/AI系)を担う6学科(生命工学科、生体医用システム工学科、応用化学科、化学物理工学科、機械システム工学科、知能情報システム工学科)へ再編を構想中。

【キャンパス】小金井キャンパス
【学生数】2423名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】191名(2017年5月1日現在)
【大学院】工学府/博士前期課程・博士後期課程

生命工学科

講義・学問分野

生物工学、生命科学、創薬科学

閉じる

応用分子化学科

講義・学問分野

分子変換化学、光電子材料化学、分子設計化学、無機固体化学、電子エネルギー化学、分子触媒化学

閉じる

生体医用システム工学科

講義・学問分野

生体情報計測システム、生体医用フォトニクス、生体医用光学、半導体量子科学、生物物理学、光エレクトロニクス

閉じる

有機材料化学科

講義・学問分野

有機・高分子物理化学、有機・高分子素材化学、有機・高分子物性化学、有機・高分子光電子材料、バイオ高分子材料、超分子・分子集積構造材料、有機材料数理、有機・高分子材料開発、材料健康科学

閉じる

応用化学科

講義・学問分野

分子変換化学、光電子材料化学、分子設計化学、無機固体化学、電子エネルギー化学、分子触媒化学、高分子物理化学、有機・高分子素材化学、有機物性化学、バイオ高分子材料、超分子・分子集積構造材料

閉じる

化学システム工学科

講義・学問分野

プロセスシステム工学、異相界面工学、物質分離工学、反応工学、環境バイオエンジニアリング、化学エネルギー工学、微粒子工学、物質機能応用工学、化学情報コミュニケーション

閉じる

化学物理工学科

講義・学問分野

化学工学、応用物理学、エネルギー変換工学、環境バイオエンジニアリング、反応工学、分離工学、物性工学、 界面工学、プロセスシステム工学、量子機能工学、基礎電子工学、電子機能工学、量子過程工学、量子光工学、 エネルギーシステム工学

閉じる

機械システム工学科

講義・学問分野

流体力学、機械材料学、材料力学、弾塑性解析、機械要素解析、機械システム設計、熱流体システム設計、車両システム工学、精密計測工学、制御システム、機械電子工学、生産システム工学、機械解析幾何学、機械解析代数学、メカノフォトニクス、メカノビジネス、宇宙工学、生体電子計測工学

閉じる

知能情報システム工学科

講義・学問分野

人工知能、信号処理、バーチャルリアリティ、モーションコントロール、電磁波、通信工学、計算機ネットワーク、パターン認識、計算機アーキテクチャ、マイクログリッド、自然言語処理、ヒューマンインターフェース

閉じる

物理システム工学科

講義・学問分野

量子機能工学、原子過程工学、量子ビーム工学、量子光工学、量子電子工学、高次機能工学、磁気物性工学、半導体量子工学、有機電子工学、超伝導工学

閉じる

電気電子工学科

講義・学問分野

基礎電子工学、パワーエレクトロニクス、電気エネルギー変換工学、電子デバイス工学、電子機能集積工学、光エレクトロニクス、環境エネルギー工学、通信システム工学、知能システム工学、電磁波工学、医用情報工学、画像情報工学

閉じる

情報工学科

講義・学問分野

知能メディア処理工学、認識対話工学、仮想環境創造工学、認知言語学、生体モデル知覚システム学、数理情報学、アルゴリズム工学、人工知能工学、コンピュータシステム工学、システム情報学、認識制御工学、情報ネットワーク工学、先端基盤ソフトウェア

閉じる

学部の特色

将来をイメージできる6学科の学び

バイオ/医工系の生命工学科、生体医用システム工学科。エネルギー/環境/マテリアル系の応用化学科、化学物理工学科。モビリティ/ロボティクス/コンピュータ/AI系の機械システム工学科、知能情報システム工学科へ再編します。
工学分野の科学技術に関する基礎、専門知識・技術、専門性を発揮するために役立つ論理的思考力、表現力、多様性を受容する力や協働性を育む教養を学ぶ機会を提供します。
主体性を持って人生を切り開いていくために必要な専門性と、人類が直面している諸課題に対し、多面的に考察して判断し、自分の考えをまとめ、他者にわかりやすく表現することができる能力を有する人材を養成することを目的とします。

閉じる

欅型教育による工学系知的プロフェッショナル人材の育成

教育課程は、「欅(ケヤキ)型教育による工学系知的プロフェッショナル人材の育成 ~専門性の幹を育て、多様性の枝を広げる」に沿って編成されています。自分のメジャーとなる専門あるいは学問分野を理解しやすい学科名のもと、各学科が複数の学問分野を包含するよう工夫し、専門性を確立し、ダイバーシティを増す社会を生き抜く学際性の涵養にもつながる教育課程です。
4年間で学ぶ科目群は、「全学共通教育科目」「専門基礎科目」「専門科目」からなります。専門性の幹を育てるために1年前期から専門基礎科目の勉強を始め、多様性の枝を広げるために3、4年次で全学共通教育科目や学内インターンシップを履修することが可能です。3年後期の研究室体験配属、4年次の卒業論文を通じて、自主的・主体的に計画を立て、研究を遂行する能力を養います。

閉じる

まだある!東京農工大学の学びの魅力

AIMSプログラム
東京農工大学は、文部科学省「大学の世界展開力強化事業」の採択を受け、東南アジア諸国を中心とした国際的学生交流プログラム「AIMSプログラム」に力を入れています。

グローバル科学技術人材育成(IGS)プログラム
理系の進路を志望する高校生に、大学でどのように化学を学び、研究できるかを体験し、理解してもらうことを目的として開催しています。

三大学協働基礎ゼミ
東京農工大学・東京外国語大学・電気通信大学の学生が混成で学ぶ三大学協働基礎ゼミは、「文理協働型グローバル人材育成プログラム」の一環として開講する少人数の授業です。

女子学生比率が高い!
首都圏の国立理工系大学ではトップの女子学生比率です!

閉じる

学べること

生命工学科

健康社会に貢献する最先端の生命工学研究

本学の生命工学科は、我が国で初めて設置された学科です。これまで、生命工学研究の黎明期を含め常にこの分野をリードし、生命工学研究のエキスパートを国内外に輩出してきました。新学科ではこれまでの研究基盤をさらに深化させ、次世代の健康社会に資する、医療機器、再生医療材料、食品・医薬、環境・エネルギーなどの幅広い分野で活躍する、国際的な人材を育成します。

閉じる

応用分子化学科

有名研究者としての地盤をつくろう

日進月歩の科学技術に対応するため、物理・無機・有機・生物化学の広範囲にわたり基礎学力習得します。最先端分野の学習や実験を行うことによって、あらゆる化学分野で研究開発を進めるために必要となる独創性や応用力が身に付き、化学技術のさまざまな動向にも柔軟に対応し、新しい分野を開拓する力を養うことがきるようになります。

閉じる

生体医用システム工学科

未来の医療技術は君が創る

医療にかかわる計測・診断技術の開発に必要な物理学や電子工学、生物学を融合した形で体系的に学ぶことができる学科です。これまでの学問分野に捉われない柔軟な発想のもとに、医療分野のニーズに応える工学技術の研究開発を行うための力が身に付きます。

閉じる

応用化学科

自らの手で新しい物質・材料を生み出そう

原子から高分子に至る幅広いスケールの化学物質の構造や機能などを、講義、実験、研究の対象としています。基礎科目から応用科目まで化学や材料科学に関連する幅広い科目を無理なく着実に学習できるカリキュラムが用意されており、化学と環境・食品・医薬等との融合領域において、最先端の研究を進めるための知識を修得します。また実験を通して、課題を解決する力を身に付けることができます。

閉じる

有機材料化学科

新材料を生み出そう

化学を中心に材料物性の理解に必要な物理に関する基礎学力を身に付けます。有機材料の知識を正確に理解して安全かつ合理的に使いこなすことで、社会に貢献できる人材となり、世界で強く求められる「研究-開発-社会への還元」のサイクルが実行でき、先端化学領域から社会生活の安心に寄与する材料開発までの幅広い分野で活躍できる人材としての力を養うことがきるようになります。

閉じる

化学システム工学科

環境問題を解決する先端技術を学ぼう

国際的に活躍できる化学技術者になるべく、持続可能社会実現のため、新たな物質の創製や触媒設計、分離・精製や微粒子に関する研究、新素材開発や医薬品に関わる製造技術、そして新エネルギーの有効利用技術開発に貢献する知識を身に付けます。新製品だけでなく新製造法の開発に関する学問体系を身につけた技術者として、社会や環境への影響などを考慮しながら、課題を創造的に解決できる能力を養うことがきるようになります。

閉じる

化学物理工学科

化学と物理をベースに持続可能な社会を実現する技術者の養成

エネルギー・環境等の地球規模の課題を解決し、新産業を創出する課題解決力を身につけるために、化学と物理の総合的教育研究を行います。新素材、環境、エネルギー等の教育研究を通じて、新しい分野を切り拓き、社会的ニーズが高い課題を解決したり先端的技術を開発する能力を養うことができるようになります。

閉じる

革新的三次元造形技術 アディティブマニュファクチャリング

機械システム工学科

機械工学の専門知識を縦横無尽に活用したイノベーションを目指す

技術革新をリードしグローバルに活躍するエンジニアを育成するために、機械工学の専門知識を縦横無尽に活用できる応用力とコミュニケーション能力が身に付くカリキュラムが用意されています。応用力学、制御、数値解析、熱工学、流体工学、材料、加工、精密計測、メカトロニクスに根差した「スマートモビリティ」・「デジタルものづくり」・「ロボティクス・ナノメカニクス」の幹にスペシャリティの枝葉をしげらせてください。

閉じる

物理システム工学科

新たな領域を開拓しよう

物理学の基礎を体系的・論理的に学び、新しい技術やシステムを創り出すための知識を習得します。新しい技術を生み出し、異分野との融合で新しい領域を切り拓くなど、科学技術に応用できる能力を養うことがきるようになります。

閉じる

知能情報システム工学科

超スマート社会を支える高度IT技術者・研究者の養成

知能情報システム工学科では、人間と親和性の高い知的な情報システムの創出ならびに次世代の情報社会を支える基盤となる電子情報システムの構築に必要な教育研究を行います。2年次以降は、知能情報工学コース・電子情報工学コースに別れて、幅広い知能情報システム工学分野をカバーする教育を提供します。これにより、現代社会が抱える諸問題の解決に貢献する高度ITイノベーション技術の創出および人材の養成をめざしています。

閉じる

電気電子工学科

世界を変えるイノベーションを創出しよう

世界を変えるイノベーションを創出する最先端のエレクトロニクス及び情報通信技術の教育研究を行います。次世代のIT技術、新エネルギー技術、医用・バイオ技術などの研究を通して、先端的技術の開発に携わる能力を養うことがきるようになります。

閉じる

情報工学科

創造する喜びを味わおう

実験や演習を通じて“作”を繰り返すことによって、“創・造”する誇りと喜びを見いだし、コミュニケーションやライフスタイルに大きなイノベーションをもたらす、真の人工知能社会の実現に貢献できる能力を養うことがきるようになります。

閉じる

アドミッションポリシー

工学部 アドミッション・ポリシー

I.大自然の真理に対する探求心とモノ作りマインドを持ち、理工学分野の科学技術に関心があり、身に付けた知識を生かして主体的に考え、他人と協力・協働して、持続可能な社会の実現に立ち向かう意欲を持つ者。
II.高等学校で履修した主要教科・科目について、教科書レベルの基礎的な知識を有し、課題を解くことができ、理数系科目や英語科目について、実践的・体験的学習から得られた知識・知見・技術を有している者。

閉じる

各学科 アドミッション・ポリシー

生命工学科
1.最先端の生命工学分野に強い関心があり、研究者・専門技術者として社会のニーズに対応しつつ活躍したいという意欲を持つ者。
2.生物学・化学・物理学等の理科系科目、ならびに数学・英語・国語等の基礎科目に十分な学力を有している者。

生体医用システム工学科
1.工学的アプローチによる医療技術の研究開発に関心があり、物理学や電子情報工学といった工学技術を融合的に学び新たな生体医用工学技術を創出したいという意欲を持つ者。
2.物理学・化学・生物学等の理科系科目、ならびに数学・英語・国語等の基礎科目に十分な学力を有している者。

応用化学科
1. 自然、生命、環境、エネルギー等の分野に関係する幅広い化学・材料科学に関心があり、これらの分野での研究開発に必要な基礎力をしっかりと身に付けた上で、最先端の化学・材料科学分野において活躍したいという意欲をもつ者。
2.化学・物理学等の理科系科目、ならびに数学・英語等の基礎科目に十分な学力を有している者。

化学物理工学科
1.化学・物理学全般はもちろんのこと、エネルギー、新素材、環境などに関心があり、課題に対して化学と物理学の両視点・方法論から問題を分析して、新しい解決策を創造し、国際的な視野を持つエンジニアとして活躍したいという意欲を持つ者。
2.化学・物理学等の理科系科目、ならびに数学・英語・国語等の基礎科目に十分な学力を有している者。

機械システム工学科
1.機械システム工学全般に関心があり、持続可能かつスマートな社会を実現し、また人類のフロンティアを開拓すべく機械システム工学を発展・革新させたいという意欲を持つ者。
2.数学・物理学等の理数系科目、ならびに英語等の基礎科目にも十分な学力を有している者。

知能情報システム工学科
1.先端的な情報システムの構築、知能情報技術の創出など、新しい情報システムを創り出すことに関心があり、最先端技術の研究者・技術者としてグローバルに活躍したいという意欲を持つ者。
2.数学・物理学等の理数系基礎科目、ならびに英語・国語等の基礎科目に十分な学力を有している者。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ