東京農工大学/農学部|Benesse マナビジョン
学校パンフ取り寄せで図書カードGET

とうきょうのうこう

東京農工大学

国立大学 東京都

農学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

生物生産学科(57名)
応用生物科学科(71名)
環境資源科学科(61名)
地域生態システム学科(76名)
共同獣医学科(35名)

所在地

1~4年:東京
※共同獣医学科
1~6年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●農学、生命科学、環境科学、獣医学分野で、持続発展可能な社会づくりに貢献しよう
●総合的な学問領域であるフィールド科学の確立をめざしています
●四季をコントロールし、課題を解決しよう

農学部は、140年にわたる長い歴史の中で独自の伝統を築きながらも、進取の精神を旨として常に社会のニーズを鋭敏に受けとめつつ、積極的に組織の改革を進め、拡充発展を続けてきました。現在、農学部は、生物生産学科、応用生物科学科、環境資源科学科、地域生態システム学科及び共同獣医学科の5学科から構成されており、下に示す学問分野のように人文・社会系を含む多様で広範な専門領域を有するに至りました。このことは、アグリサイエンス、バイオサイエンス、エコサイエンス、アニマルサイエンスに関する専門的な教育研究とこれらの横断的な教育研究の推進に極めて有益であり、本学部の最大の特徴でもあります。

【キャンパス】府中キャンパス
【学生数】1399名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】148名(2017年5月1日現在)
【大学院】農学府/修士課程、4年制博士課程

生物生産学科

講義・学問分野

土壌学、農業生産技術学、植物栄養学、植物生態生理学、園芸学、植物育種学、国際生物資源学、遺伝子細胞工学、畜産学、蚕学、昆虫機能生理化学、動物生化学、農業経済学、農業経営・生産組織学、農業市場学、国際地域開発政策学

閉じる

応用生物科学科

講義・学問分野

生物化学、遺伝子機能制御学、構造生化学、醗酵学、植物工学、遺伝子工学、細胞組織生化学、生物制御化学、生物有機化学、食品化学、栄養生理化学、応用蛋白質化学、代謝機能制御学、応用植物生化学、植物病理学、応用昆虫学、応用遺伝生態学、細胞分子生物学、相関分子生物学、分子環境生物学

閉じる

環境資源科学科

講義・学問分野

環境汚染解析、生物圏変動解析、環境修復、植物環境、生活環境、バイオマス・リサイクル、環境物質科学

閉じる

地域生態システム学科

講義・学問分野

景観生態学、野生動物保護管理学、植生管理学、健康アメニティ科学、土壌生態管理学、森林土壌学、樹木生理生態学、森林生物保全学、山地保全学、森林水文学、森林環境工学、森林―人間系科学、森林計画学、森林利用システム学、森林資源管理学、森林-水圏生態学、流域環境保修復全学、水資源計画学、生産環境システム学、生産環境制御学、施設構造工学、耕地栽培システム学、エネルギー利用学、治水環境工学、水利用学、農村地域計画学、地域空間情報学、農業情報工学、環境地盤工学、水利環境保全学、農薬動態学、環境哲学、比較心理学、環境文化史、農村社会学、環境公法、国際関係学、環境情報科学、環境教育学、共生福祉論、国際比較経済開発論

閉じる

共同獣医学科

講義・学問分野

獣医解剖学、獣医生理学、獣医薬理学、動物行動学、獣医微生物学、獣医病理学、獣医伝染病学、獣医衛生学、獣医公衆衛生学、獣医毒性学、獣医内科学、獣医分子病態治療学、獣医外科学、獣医画像診断学、獣医臨床繁殖学、獣医臨床腫瘍学、比較動物医学

閉じる

学部の特色

農学、生命科学、環境科学、獣医学分野で、持続発展可能な社会づくりに貢献しよう

農学部においては、農学、生命科学、環境科学、獣医学分野の諸問題の解決と持続発展可能な社会の形成に資するため、広く知識を授けるとともに専門の学芸を教授し、知的、道徳的及び応用的能力を展開させて優れた能力を有する人材を養成することを目的としています。

閉じる

総合的な学問領域であるフィールド科学の確立をめざしています

農学部附属広域都市圏フィールドサイエンス教育研究センターは、自然林、二次林、農地、都市緑地などの多様なフィールドを有機的に結びつけ、環境科学、生物生産科学、森林科学、生態学、獣医学など広い視野と手法の融合によって、食料・資源問題の解決、資源循環型社会の構築を図るための教育・研究を推進しています。

閉じる

四季をコントロールし、課題を解決しよう

東京農工大学の植物工場では、太陽光型植物工場と人光型植物工場を利用した6つの栽培室で四季を再現しています。環境制御によって植物のライフサイクルを早める技術を開発し、自然条件では年一回の収穫である果樹などを、周年で高収量生産することに成功しました。食料問題の解決策となるだけでなく、食味や機能性も改良できるなど多くの可能性を持っている未来の研究所です。

閉じる

学べること

生物生産学科

21世紀の食料と食の安全を科学する

農業生産は、食料・飼料や繊維・医薬品等々の多彩な原料を供給することによって人間生活を広く支えています。また、農地 とそこに形成される生態系は、自然と深く結びついた環境構成要素であり、国土保全や環境保全に多面的な役割を果たしています。さらに近い将来には、再生可 能なバイオマスエネルギーの重要な供給源になると期待されています。
生物生産学科では、日本および世界の農業を広く深く理解するとともに、農業に関わる最先端の科学と技術に関する知識を身につけて、その知識を農業の持続 的発展や農産物の流通・加工、さらには農業の多面的機能の積極的利用に活かすことのできる人材の養成をめざしています。
カリキュラムは生物学の基礎から、生物生産機能の解析、生産プロセスの解析と改善、農業政策、生産物の流通・消費システムなど、 きわめて多岐にわたる内容が体系的に構成されています。

閉じる

応用生物科学科

「生命」の未知なる可能性を求めて

近年、バイオ関連の研究がめざましく発展したことによって、生物の多種多様な機能が次々と解明されつつあります。生物の機能、生物間の相互作用、生物の共存機構などを解明すること、それらを的確に利用することは、人類が持続的な発展(Sustainable Development)をしていくうえで不可欠なことといえるでしょう。
応用生物科学科では、化学と生物を基盤として、分子、細胞、個体、個体と群集の活動、その相互作用に至る一連の生命現象と生物機能を解明すること、さらにそれらを応用して人類に有益な生命科学の発展に寄与することを目的として、教育・研究を行っています。
このような理念のもとで、先端の研究を推し進めながら、バイオサイエンス、バイオテクノロジーの分野で活躍する能力を備えた人材の養成を行います。

閉じる

環境資源科学科

地球からミクロの世界まで、ヒトを取り巻く“環境”を科学する

地球環境からミクロの世界まで環境資源科学科の研究対象は、大気、水、土壌から構成される生物圏から、物質循環の担い手となる微生物などのミクロな世界に至るまで、幅広い領域をカバーしています。自然科学の立場から、生物学、化学、物理学、地学を駆使し、環境と資源の問題に科学のメスを入れる「地球の医学」を学びます。 かけがえのない地球環境を維持し、循環型社会の構築に貢献することが環境資源科学科の使命です。
環境資源科学科には、環境保護学と資源物質科学の2つの軸があります。
環境保護学では、生物圏における環境汚染物質の挙動やその生物影響を解明しています。
資源物質科学では、二酸化炭素の巨大な貯蔵庫である植物バイオマスに注目し、資源の有効利用や木質資源リサイクルを通して森林資源の有効利用をめざしています。

閉じる

地域生態システム学科

“グローカル(global+local)”地球規模で考え、地域で行動する

自然と人間社会とが共存できる地域環境空間を構想し、設計できる人材を育成する。地域生態システム学科の掲げる教育目標です。
いま日本は、かつては予想もしなかった問題に直面し、自然と人間活動を持続的に維持するためのシステム創りが求められています。また、生物多様性や気候変動など地球規模で解決が迫られている課題への対応でも、地域というフィールドに根ざした取り組みが必要です。こうした複雑な問題を解決するためには、広い視野で、実際のフィールドに立って問題を研究し、ボトムアップ型の思考でその解決を計ることのできる人材の育成が欠かせません。
地域生態システム学科では、ローカルからグローバルにわたる、さまざまなレベルの実践的な研究を通して、人間と自然の調和を考えることのできる人材を育てることをめざしています。

閉じる

共同獣医学科

最新のライフサイエンスを実践し動物と人間の健康を守る

獣医学領域では今後の供給不足が懸念される産業動物に関わる家畜衛生や公衆衛生分野における獣医師養成と、伴侶動物等に関わる高度獣医療技術の習得を強化する必要があります。
東京農工大学と岩手大学では、これまでの両校の実績を活かして緊密な教育連携を行い、東日本における獣医学教育の拠点として上記の強化を目的とした獣医師の養成に努めるため、平成24年度から東京農工大学農学部は岩手大学農学部と共同獣医学科を開設いたしました。
現在、東京農工大学には農学部の附属施設として「動物医療センター」及び「国際家畜感染症防疫研究教育センター」、岩手大学には「動物病院」及び「動物医学食品安全教育研究センター」があります。両大学が共同教育課程を編成することにより、これらを活用した先端的伴侶動物診療、高度産業動物診療、さらには既に獣医師として活動する方々に対する公衆衛生分野における卒後教育の充実を東日本地域全体に波及させ、獣医師の技術力と専門知識の高度化をめざしています。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ