×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

しんしゅう

信州大学

国立大学 長野県

学部・学科

学べること

共通教育が開講される松本キャンパス

1年次生全員が受講する共通教育は、教養科目と基礎科目を学部を超えて学ぶ

本学では、学部一貫教育という考え方に基づき、共通教育と専門教育の2本の柱からカリキュラムを編成しています。
共通教育は、8学部の1年次生(医学部医学科は2年次生まで)が松本キャンパスの全学教育機構で受講するカリキュラムです。共通教育には教養科目と基礎科目があり、教養科目では、幅広く深い教養と総合判断力を養い、豊かな人間性を育む教養講義と教養ゼミナールを開講。基礎科目は「外国語科目」「健康科学科目」「新入生ゼミナール科目」「健康科学科目」で構成され、各学部の専門教育の基礎となる学びとなっています。
共通教育は専門教育と連携して、自ら具体的な課題を見出し、その解決に果敢に挑戦する精神とユニークな個性をもった高度専門職業人を育成します。

閉じる

全教職員・学生が携帯するエコキャンパスカード

長野の豊かな自然環境を丸ごとキャンパスにする

北・中央・南アルプスを望み、豊かな河川、国立公園も多い長野県に5つのキャンパスを持つ本学では、自然環境から学ぶ取り組みにも積極的です。大学を挙げてエコキャンパスづくりに取り組み、2010(平成22)年度には全学でISO14001の認証を取得、多くの環境基礎力・実践力を修得した人材を輩出してきました。
2016(平成28)年度、これまで環境活動で培った実績を踏まえ、ISO14001認証に代わる独自の環境マインドシステムを構築していくこととしました。「環境教育」は、まさに自然環境の豊かな信州ならではの教育カリキュラムのひとつですが、大きな特色は、学生が中心になって考え学内外の生活で積極的に環境マネジメントシステムを実行・推進している点にあります。経営大学院では、「グリーンMOT(技術経営)教育プログラム」を導入、院生を対象とした技術系環境人材の育成も行っています。
さらに、「環境教育海外研修」を毎年開催し、学生が国外の環境活動を多様な視点で捉え、学び、交流を行うなど、世界共通のキーワードである「環境」を通して社会イノベーションの輪を広げ、「環境マインド」を育成しています。

閉じる

学部・学科

パンフ・願書を取り寄せよう!

学部・学科情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ