やまぐち

山口大学

国立大学 山口県

大学トップ

最新情報

2018/08/08NEW

ここに注目!
  • 私塾「山口講堂」以来、200年以上の歴史を誇る総合大学
  • 日本の大学における知的財産教育のパイオニア
  • 地域社会・国際社会で活躍できる人材の育成をめざします!

大学の特色

<教育理念>発見し・はぐくみ・かたちにする 知の広場

山口大学は教育理念「発見し・はぐくみ・かたちにする 知の広場」に則り、全学必修の授業「知の広場」を、キャリア教育科目の一環として1年生を主対象に実施しています。本授業を通して、自己の在り方・生き方を考え、社会的・職業的自立を図るために必要な基礎的知識と態度を身に付けます。大学での学び、社会とのかかわり、グローバル社会での働き方のほか、学生生活を有意義に過ごすための考え方・方法論を学び、学内外で実施するキャリア支援や個別相談とも連携し、将来を見据えた自己形成を促します。さらに、「人と学問とキャリア」をテーマに、各界で活躍中の経営者や識者を講師に招いた講義を定期的に開講。未来をひらく“知のあり方”を、共に考え、実践しています。

閉じる

<教育のしくみ>「共通教育」と「専門教育」を通じて知性を磨く

「共通教育」は、 “発見し・はぐくみ・かたちにする”ことを通して、真に人間的な平和・幸福・豊かさを探求し、実現するための「礎」を築くことを目標とするカリキュラムです。学部学科の枠を超えて幅広い分野の教養を学び、総合的な判断力、豊かな人間性を養います。本学の多彩な専門分野を研究している教員と出会うことができるのも魅力です。「専門教育」は、自立した専門家として社会で活躍するための、知識と能力を身に付けるとともに、社会からの信頼と期待にこたえ、人と自然との調和について、考え行動する力を育むことを目標としています。各学部学科で専門的な内容を学び、専攻に関する高い専門性を身に付けます。入学時には主として「共通教育」を学び、学年の進行にしたがって「専門教育」の比重が高くなります。わくわくする学びの体験を通して、多くの“発見し・はぐくみ・かたちにする”喜びに出会えます。

閉じる

学生のユニークな発想を生かした学び

<独自の取り組み>「おもしろプロジェクト」「やまぐち未来創生人材育成プログラム」「1年間の海外留学(国際総合科学部)」

学生自らが“発見し・はぐくみ・かたちにする”取り組みを支援するのが「おもしろプロジェクト」です。学生の自主的・創造的な企画に対して資金援助を行います(最大で50万円)。2017年度は14の企画が採択され、環境問題やものづくり、地域貢献などさまざまなテーマに学生達が挑戦しています。このプロジェクトで一番大切なのは、自分たちで考え、企画し、形にする過程を実際に体験すること。失敗したとしても、それも大きな成果の一つであると本学では考えています。
また2015年度から「やまぐち未来創生人材育成プログラム」を開始しました。これは地域が求める人材を育成するため、山口県内の企業・自治体や他大学と連携して行われます。萩市や周防大島町等、県内各地で行われる他大学生とのフィールドワーク型合同合宿授業や課題解決型インターンシップなど、地域に出て実践的に学ぶことにより、課題発見・解決力や協働力といった地域社会が求めている力を身に付けます。
2015年設置の国際総合科学部では、2年生のときに10月から1年間の海外留学を行います。留学先の文化・歴史等に触れながら、国際社会で活躍するための幅広い知識と視野、高いコミュニケーション能力を身に付けます。

閉じる

アドミッションポリシー

本学キャラクター「ヤマミィ」

山口大学の入学者受け入れ方針

学習意欲・好奇心が旺盛で、チャレンジ精神のある人
明確な目的意識をもち、高い目標を掲げて努力してきた人
自己アピールできるものを持っている人や見つけたい人
自分の考えや意見を論理的に説明できる人

閉じる

教育環境

充実の設備と環境に恵まれた3つのキャンパス

吉田キャンパス
山口市にある吉田キャンパスは、7学部(人文学部・教育学部・経済学部・理学部・農学部・共同獣医学部・国際総合科学部)が集まるメインキャンパスです。緑豊かな広々とした敷地に、設備の整った研究施設や憩いの場があり、快適な環境で充実したキャンパスライフを送ることができます。

小串キャンパス
医学部のある小串キャンパスは、宇部市の中心部に位置し、近くには四季折々の表情を見せる河畔公園もあるなど、恵まれた環境です。医学部生は1年次は吉田キャンパスで学び、2年次からはここで過ごします。敷地内にある附属病院は臨床実習の中心舞台となります。

常盤キャンパス
近くに宇部市の名所「常盤公園」がある常盤キャンパスは、中四国地域最大規模の工学部の拠点です。大学研究推進機構やメディア基盤センター、ものづくり創成センターなどを備え、最先端の研究が行われています。

閉じる

O-HARA山口大学就職支援施設

大原グループと連携した就職支援施設

国立大学で初!大学敷地内に民間の就職支援施設
吉田キャンパス内にある「O-HARA山口大学就職支援施設」は、大原学園グループとの連携による就職支援施設です。民間の就職支援施設を大学施設内に設置するのは、国立大学では初の試みです。就職試験対策講座や資格取得講座を開講し、公務員試験や高度な資格試験にチャレンジする本学学生を支援しています。大原学園の他の教室で行われる授業をパソコンで受講できるVOD(ビデオ・オン・デマンド)室も利用して、自分に合ったスケジュールで学べます。

閉じる

2016年4月 理系大学院「創成科学研究科」を新設

大学と大学院(博士前期課程)の接続を意識した6年一貫教育を推進
2016年4月、「理工学研究科」、「農学研究科」および「医学系研究科の学際専攻」を、創成科学研究科(新設)の1研究科に統合しました。理・工・農学系のさまざまな知見や技術の統合により、イノベーション創出に貢献できるグローバルな理工系人材を育てます。また、従来、本学の理学部・工学部・農学部の多くが本学の大学院(博士前期課程)へ進学している現状をふまえ、創成科学研究科(博士前期課程)では学士課程からの先取り履修制度等を導入し、大学(4年間)と博士前期課程(2年間)の6年一貫教育を推進します。学部生のうちから、大学院進学やその後のキャリアパスを意識した学びが可能になります。

閉じる

学部

【2019年度予定】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

初年度納入金

【2018年度実績】
入学料
282,000円
授業料
前期267,900円、後期267,900円

本学独自の給付型奨学金制度など、学生への経済的支援が充実

七村奨学金 (本学独自の給付型奨学金制度)
本学卒業生 七村 守 氏からの厚意によって創設。経済的な理由で修学に専念することが困難な優秀な学生が安心して勉学に取り組むことを支援する本学独自の返還を要しない給付型奨学金。経済的に困窮しており、授業料免除を受ける学生を対象に、年間63万円を入学年次から、学部の修業年限の4年(医学部医学科・共同獣医学部は6年)の間支給します。毎年度、経済的困窮および学業成績の状況を確認し、翌年度の支給を判断します。毎年度10名程度を選抜します。

日本学生支援機構や地方公共団体・民間団体の奨学金
人物・学業成績ともに優れ、経済的な理由で修学が困難な学生に対する学費助成金として、日本学生支援機構や地方公共団体・民間団体の奨学金制度等が利用できます。

授業料免除制度
経済的理由により授業料の納付が困難であり、かつ、学業優秀と認められる学生を対象に、前期分および後期分授業料の全額または半額を免除する制度です。

特待生制度
各学部・学年から、学業成績が特に優れ、人物優秀であると認められる者を前期・後期ごとに選考のうえ、各学期分の授業料を半額免除する制度です。努力次第では何度も選ばれる可能性があります。

このほか、留学や長期インターンシップで進級できなかったことにより奨学金の支給が停止となった学生や、授業料免除や奨学金を受けることができず授業料納付が困難となった学生に対する支援も新たに計画しています。

閉じる

留学

過去の留学実績(調査年度:2018年)

学生数、教員数

【外国籍の学生数】430人

昨年度の留学実績

【留学期間別の留学人数】
1か月未満 416人
1か月以上3か月未満 29人
3か月以上6か月未満20人
6か月以上1年未満102人
1年以上4人

単位認定、奨学金

【単位認定プログラム数】1
【大学独自の奨学金】有
【奨学金給付人数】121〜140人
【奨学金給付金額総額】1,000万円以上1,500万円未満
※各大学の留学実績や単位認定、奨学金などについては、大学発表の資料でもご確認ください。

留学プログラムについて

交換留学

【留学先】アメリカ・その他の州、カナダ、中国、韓国、台湾、香港、シンガポール、タイ、ベトナム、インドネシア、オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、ドイツ、フランス、スペイン、スイス、ハンガリー,リトアニア
【留学期間】6か月以上1年未満
【留学開始時期】2019/09/01
【奨学金】有
【単位認定】有
【問い合わせ先】
URL:http://www.isc.yamaguchi-u.ac.jp/
部署:国際交流課留学生交流係
電話番号:0839335982

海外短期語学研修

【留学先】カナダ、中国、韓国、オーストラリア、イギリス
【留学期間】1か月未満
【留学開始時期】2019/08/01
【奨学金】無
【単位認定】無
【問い合わせ先】
URL:http://www.isc.yamaguchi-u.ac.jp/
部署:国際企画課留学生交流係
電話番号:0839335982

閉じる

クラブ・サークル活動

体育会公認サークルとして37サークル、文化会公認サークルとして14サークルがあり、それぞれの目標に向かって、日々活発に活動しています。公認サークルの他にも同好会・愛好会として、また、各学部においては学術研究会等が多数結成されており、それぞれ独自の活動を行っています。
※写真は「應援団」。

体育会系クラブ

体育会総務部、アーチェリー部、合気道部、アイスホッケー部、アメリカンフットボール部、應援団、空手道部、器械体操部、弓道部、剣道部、硬式庭球部、硬式野球部、サイクリング部、サッカー部、山岳部、自動車部、柔道部、準硬式野球部、少林寺拳法部、女子バスケットボール部、女子バレーボール部、女子ラクロス部、水泳部、ソフトテニス部、卓球部、男子バスケットボール部、男子バレーボール部、男子ラクロス部、軟式野球部、馬術部、バドミントン部、ハンドボール部、フットサル部、ボート部、ヨット部、ラグビー部、陸上競技部、ワンダーフォーゲル部

文化系クラブ

文化会執行部、E.S.S.、映画倶楽部、管弦楽団、考古学部、混声合唱団、茶道部、写真部、将棋部、吹奏楽部、洞穴研究会、美術部、文芸部、邦楽部、マンドリンクラブ

その他

大学祭実行委員会

閉じる

大学院・併設の大学

各分野に精通したプロフェッショナルを養成

■人文科学研究科
■教育学研究科 ※2016年4月教職実践高度化専攻(教職大学院)設置
■経済学研究科
■医学系研究科
■創成科学研究科 ※2016年4月設置
■東アジア研究科
■技術経営研究科
■共同獣医学研究科 ※2018年4月設置
■連合農学研究科(基幹校:鳥取大学)

閉じる

パンフ・願書

知ることが、山口大学に近づく第一歩。さらに詳しい情報を知りたい人は、大学案内パンフレットを取り寄せよう。キャンパス=「知の広場」での学生たちのさまざまな活躍、学部学科情報などが満載です。

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

吉田キャンパス<人文学部・教育学部・経済学部・理学部・農学部・共同獣医学部・国際総合科学部>

山口市吉田1677-1
○JR「新山口」駅からJR「湯田温泉」駅下車、湯田温泉駅入口バス停からJRバス「山口大学」下車、防長バス「山口大学前」下車
○JR「新山口」駅から防長バス「山口大学前」下車
○徒歩の場合、JR「湯田温泉」駅から約25分

小串キャンパス<医学部>

山口県宇部市南小串1-1-1
○JR「宇部新川」駅下車、徒歩約10分
○宇部市営バス「宇部中央」下車、徒歩約10分
○山口宇部空港から車で約15分

常盤キャンパス<工学部>

山口県宇部市常盤台2-16-1
○JR「宇部新川」駅下車。宇部市営バス「工学部前」下車、徒歩約3分
○山口宇部空港から車で約10分

閉じる

問い合わせ先

住所

〒753-8511 山口市吉田1677-1 学生支援部入試課

電話番号

TEL.(083)933-5153(直)

URL

http://www.yamaguchi-u.ac.jp/

E-Mail

nyushi@yamaguchi-u.ac.jp

閉じる

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ