とくしま

徳島大学

国立大学 徳島県

学校推薦型・総合型選抜レポート

2022年度

徳島大生物資源産業学部生物資源産業学科

AM 先輩のレポート

入試形式

推薦入試で課されたこと

面接

面接

閉じる

面接とわたしの対策

面接形式

個人

面接官の人数

4人

質問 1

質問

この学部では2年次から3つのコースに分かれるが、どのコースに行きたいか。

解答

応用生命コースに進みたいと考えている。私は、生物の生態の仕組みについて昔から興味があったため、それらを研究できるのはそこしかないと思ったから。

質問 2

質問

部活動は着物を着て競技していたのですか。

解答

実際はTシャツを着ていた。

質問 3

質問

高校生活において達成感を感じたことは何ですか。具体的に教えてください。

解答

勉学においても、部活動においても、妥協せずに努力したことによって、成績が上がったり、いい試合ができたりしたこと。

質問 4

質問

農業が活性化するにはどうしたらよいと思いますか。

解答

SNSを駆使して、生産者の顔が見えたり、動画で親しみやすいようにしたりするとよい。6次産業化を積極的に進めていくべき。

「やっておいてよかった!!」対策

先生と練習した際に、痛いとこつかれたと思った質問はメモをして、できるだけくまなく答えられるようにする。

先生と練習するときに、その学部特有の質問を積極的に質問してもらうようにした。しっかり大学や学部について調べているか試されることがよくあるため。また、焦ってしまわないように学部に関連性のあるワードを調べておくとよい。

「やっておけばよかった・・・」と後悔したこと

コースについて聞かれた時の話の広げ方を予測する練習。

応用生命コースは細胞の研究をよくしているのだが、細胞を研究することがなぜ大切だと考えますかと聞かれたとき、一瞬どう答えてよいかわからなくなってしまい、ちゃんとした答えを出すことができなかったから。

役に立った教材・サービス

大学生の先輩体験談

活用ポイント

先輩の体験談を何度も読んで、同じ失敗をしないように事前に対策した。また自分流の答えを出せるように教材を参考にしつつ、ノートに大まかな概要を書いておくようにした。

閉じる

小論文対策

志望理由書

志望理由書のあらまし

私はもともと生物の仕組みに興味があり、それを地元で研究することができるのはこの大学しかないと思った。また、事業の展開にも携わりたいと考えていたので、この学部はそれにも長けていると思ったから。推薦入試を選んだ理由は、自分がなぜこの学部に入学したいのかを明確に伝えられる場だと思ったから。就職率が高いので、さまざまな企業へのインターンシップも豊富なのではないかと思ったから。

よりよい志望理由書を書くには!

志望大学のホームページやパンフレットを何度も目を通すこと。研究内容などが自分が思っているものと食い違いのないように入念に確認することが大切。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ