学校パンフ取り寄せで図書カードGET

きゅうしゅうこうぎょう

九州工業大学

国立大学 福岡県

工学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

建設社会工学科(80名)
※1年次は工学1類に所属し、2年進級時に学科に配属されます。

機械知能工学科(136名)
※1年次は工学2類に所属し、2年進級時に学科に配属されます。

宇宙システム工学科(55名)新設
※1年次は工学2類、工学3類、工学5類に所属し、2年進級時に学科に配属されます。

電気電子工学科(126名)
※1年次は工学3類に所属し、2年進級時に学科に配属されます。

応用化学科(74名)
※1年次は工学4類に所属し、2年進級時に学科に配属されます。

マテリアル工学科(60名)
※1年次は工学5類に所属し、2年進級時に学科に配属されます。

所在地

1~4年:福岡

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●バランスのとれた科目の配置
●ものづくりを重視した授業
●大学院との連携を視野に入れた教育内容

九工大建学の精神「技術に堪能なる士君子」の養成に基づいて、専門教育と一般教育をともに重視した教育を行うのが工学部の特徴です。専門知識に習熟するのはもちろん、豊かな感性、幅広い教養、国際的視野を備えた、次のような特徴を併せもつ技術者を育てています。
1.科学技術に対する理解力と新たな問題を自ら解決する能力
2.産業の発展に寄与できる技術、特に製造業が多い地域性を考慮した高度なものづくり技術
3.高度で幅広い知識へのたゆまぬ学習意欲
なお、2018年度入試より、「類別入試」を実施しています。1年次は工学1類~5類に所属し、2年進級時に学科に配属されます。

【キャンパス】福岡県北九州市戸畑区
【学生数】2305名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】169名(2017年5月1日現在)
【大学院】工学府◇博士前期課程/機械知能工学専攻、建設社会工学専攻、電気電子工学専攻、物質工学専攻、先端機能システム工学専攻◇博士後期課程/工学専攻

建設社会工学科※1年次は工学1類に所属し、2年進級時に学科に配属されます。

講義・学問分野

建築学、国土デザイン

閉じる

機械知能工学科※1年次は工学2類に所属し、2年進級時に学科に配属されます。

講義・学問分野

機械工学、知能制御工学

閉じる

宇宙システム工学科新設※1年次は工学2類、工学3類、工学5類に所属し、2年進級時に学科に配属されます。

講義・学問分野

機械宇宙システム工学、電気宇宙システム工学

閉じる

電気電子工学科※1年次は工学3類に所属し、2年進級時に学科に配属されます。

講義・学問分野

電気エネルギー工学、電子システム工学

閉じる

応用化学科※1年次は工学4類に所属し、2年進級時に学科に配属されます。

講義・学問分野

新しい有機材料、ナノテク・セラミックス、環境・エネルギー・バイオ、未来の化学プラント

閉じる

マテリアル工学科※1年次は工学5類に所属し、2年進級時に学科に配属されます。

講義・学問分野

マテリアルデザイン領域、基幹産業マテリアル領域、エネルギー・環境マテリアル領域

閉じる

学部の特色

バランスのとれた科目の配置

独自のカリキュラムにより、専門科目を1年生から少しずつ学ぶことができます。専門的な授業を楽しみに入学した学生のやる気を損なわないよう基礎的な専門授業を用意し、学問への興味を徐々に高めていくカリキュラムになっています。

閉じる

ものづくりを重視した授業

本学のある北九州市は、日本の近代産業の歴史と伝統のある地域であり、工業系製造業の中心地でもあります。ものづくり技術の伝統が受け継がれ、科学技術に理解のある土地に立つ大学だからこそ、ものづくりを重視した授業に力を入れています。

閉じる

大学院との連携を視野に入れた教育内容

本学部では、約6割の学生が大学院に進学しています。より高度な専門性を身に付けたいという意欲をもった進学希望者をバックアップするために、大学院とのスムーズな連携に配慮したカリキュラムを用意しています。

閉じる

学べること

建設社会工学科

強く美しく豊かな明日の都市をデザインする

建築学系・土木工学系からなる建設工学に関する知識と技術を総合的に扱う建設社会工学。本学科は「建築学コース」と「国土デザインコース」の2コース体制で、構造物の設計に必要な力学系、都市計画や建築計画に必要な計画系の知識を得るとともに、実験実習、設計製図や卒業研究を通して、技術者として必要な知識・技術を身に付けます。
[建築学コース]
機能的で美しい建築や都市空間デザインの創造に必要な建築史などの「建築デザイン」、設計製図を通した「実践的なデザイン力」などの知識・技術を修得します。
[国土デザインコース]
安全で豊かさを実感できる都市や地域環境の創造に必要なライフラインに代表される「ものづくり」、都市計画、国土デザインなどのの「しくみづくり」の知識・技術を修得します。

【授業・講義】
自然・文化を生かした環境デザインの実践研究/環境デザイン研究室 伊東啓太郎教授

河口堰を迂回し、河川生態系のつながりを回復させるため、遠賀川魚道公園の設計を行い、グッドデザイン賞を受賞しました。ノルウェー、ドイツでの環境デザインワークショップやプロジェクトを通じて、自然から学ぶデザイン、地域性を考慮した環境デザインを実践しています。

閉じる

機械知能工学科

未来の機械をつくり、意のままに動かす技術を学ぶ

自動車・ロボットに代表される“ものづくり”の[機械工学コース]と、ものを意のままに動かすための技術を学ぶ[知能制御工学コース]の2コース体制で、多岐にわたる専門科目と、専門科目をより深く理解するための実験科目や演習科目を体系的に組み合わせたカリキュラムを用意しています。
[機械工学コース]
環境に配慮した自然との共生を念頭におき、自然現象を理解・解明して、人間生活に役立つ機械を作って動かす機械工学の教育を行います。
[知能制御工学コース]
計測・制御・情報機器の多様なシステムを総合的・横断的に学び、知的円滑動作を可能にする制御工学の教育を行います。

【授業・講義】
テクノロジーで『はたらくしくみ』を創る/西田研究室 西田健准教授

労働者と協働する知能化ロボットが導入される時代にフォーカスし、インターネットに接続されたさまざまなロボットが、人間の助言とAIを自由に切り替えるシステムを創りました。このシステムは、場所、時間、年齢、ハンディキャップに関わらず利用が可能です。ほかにも人間・ロボット・AIの協働のためのさまざまな研究をしています。

閉じる

宇宙システム工学科

次世代の宇宙開発・利用を担う人材にホンモノの宇宙を学ぶ場を提供

宇宙システムに限らず、さまざまな分野における複雑な工学システムの創生、研究開発、製造、運用を担える高度技術者・研究者の養成をめざし、「機械宇宙システム工学コース」と「電気宇宙システム工学コース」の2コース体制で機械または電気の専門科目を学びます。
「機械宇宙システム工学コース」
宇宙工学に関する専門科目を学ぶと同時に、システムエンジニアリングやプロジェクトマネジメントを講義やPBLを通じて学びます。
「電気宇宙システム工学コース」
宇宙システムを題材として、どのように複雑なシステムを作りプロジェクトを実施するかを学び、システムおよびプロジェクト全体を俯瞰できる資質を身に付けます。

【授業・講義】
夢のスペースプレーンをめざす有翼ロケット開発/宇宙システム研究所 米本浩一教授、藤川貴弘助教

機体空力形状やシステム最適化の研究、自律航行に不可欠な誘導制御技術の開発、また比強度の優れた炭素繊維強化プラスチックを利用した軽量な極低温液体燃料タンクの研究試作などを進めるとともに、その技術実証を目的として有翼ロケット実験機の開発と飛行実験を行っています。

閉じる

電気電子工学科

電気電子システムで生活と産業の基盤を支える

現代のあらゆる産業や社会生活に関係し、必要不可欠な電気電子工学。その対象範囲は広く、発電や送電など電気エネルギーを扱う分野、電車から家電製品やコンピュータなどの電気・電子機器を動かす電子デバイスや電子回路を扱う分野、スマートフォンやインターネットなど電子システムを扱う分野にわたっています。本学科では、この広範な分野で次世代のエネルギー、電子デバイス、回路、電子システム化技術などに通じたエンジニアを育成します。2年生までに、電気電子系基礎科目の確実な修得を目指し、3年生からは「電気エネルギー工学コース」「電子システム工学コース」の2つのコースに分かれ、より専門的な学習を行います。
[電気エネルギー工学コース]
電気エネルギー利用の諸技術、半導体を柱にしたデバイス作製プロセスの高度化、新しい機能性材料の開発、パワー半導体の開発と応用諸技術などを幅広く学びます。
[電子システム工学コース]
電子機器の設計・構築技術、画像処理・音声処理などの信号処理に関する技術、光通信・無線・通信ネットワークなどの電気通信に関する技術などを幅広く学びます。

【授業・講義】
安全・安心で無駄のない電気エネルギー利用技術の開発/電気エネルギー利活用研究室 三谷康範教授

太陽光発電、電気自動車などの大量普及をにらんで、電力システム全体の安定性も考慮しつつ災害時にも強く、安全にかつ安心して高効率に利用できる電気エネルギーの供給システムを開発しています。

閉じる

応用化学科

原子・分子スケールから未来を探る

家電製品、自動車、ロボットなどの製品を細かくのぞいてみるとさまざまな化学物質が用いられ、「化学」の活躍が見えてきます。いろいろな性質を持つ新しい物質を作り、それを実用的な材料に結びつけ、さらには工業生産までを視野に入れて、研究・開発を重ねていく応用化学。本学科では、ものづくりの根幹に位置する化学の基礎を学びます。
[応用化学科コース]
JABEE(日本技術者教育認定機構)のプログラムに基づいて、有機化学、無機化学、物理化学、化学工学などの専門分野を体系的に学び、環境・エネルギー・情報・バイオなどの先端技術に関わる化学物質の知識を修得。環境調和型の未来社会へ貢献できる技術者としての素養を身に付けます。

【授業・講義】
室内光で完璧な屋内殺菌・防かび、CO2も有効活用できる「次世代光触媒」の研究/機能触媒創製工学研究室 横野照尚教授

室内光で完璧な屋内殺菌・防かび、CO2も有効活用できる「次世代光触媒」の研究ナノテクノロジーを駆使した技術を利用してLED照明などの室内光でも光触媒機能を発揮する「室内光型光触媒」を世界に先駆けて開発。すでに電化製品、事務機器、内装建材、塗料などに製品化されています。室内光用高機能光触媒は、用途範囲が広く、今後は国内だけでなく海外も含め、より多くの場所でも活用されるでしょう。また、地球温暖化を解決するための「光触媒電極によるCO2還元システム」の開発も行っています。

閉じる

マテリアル工学科

科学技術の根幹を支えるマテリアル(材料)

マテリアル工学を修得して画期的な材料を開発すれば、これまでに想像できなかったものづくりが実現できるようになり、あらゆる分野の科学技術の発展を飛躍的に加速させることができます。本学科では、さまざまなマテリアル(材料)を設計して作り出し、世の中に供給することをめざします。1年生では数学や物理・化学の一般教養科目の修得とマテリアル工学入門を学び、2年生から「マテリアル工学コース」のより専門的な科目を学びます。
[マテリアル工学コース]
ミックス・複合材料のマテリアルを対象に、ものの性能を決定する構造・性質をナノスケールで科学的に解明、新規マテリアルが持つ機能の設計、安全な製品の効率的な生産方法開発などについて系統的に学びます。

【授業・講義】
電気抵抗ゼロの材料「超伝導」の研究/エネルギー・環境材料学研究室 松本要教授

金属を低温に冷やすと電気抵抗がゼロになる現象を「超伝導」と呼びます。電線で電気を送るとき、通常は電気抵抗による電力損失が発生するため遠くまで運ぶことはできません。しかし、超伝導を用いた電線は電気抵抗がゼロなので損失もゼロになり、電気を無駄なく遠くまで運ぶことができます。病院にある「MRI」や、JR東海の「超伝導リニア」なども超伝導を用いた工業製品です。将来のエネルギー源として期待される「核融合発電」は、超伝導を用いることではじめて可能となります。エネルギーの分野で大いに期待されている「超伝導」を研究しています。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1
TEL.(093)884-3056(入試課)
 【URL】http://www.kyutech.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ