にいがたけんりつ

新潟県立大学

公立大学 新潟県

国際地域学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

国際地域学科(180名)

所在地

1~4年:新潟

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●幅広い知識とグローバルな視野を育成
●英語でのコミュニケーション能力を向上
●ロシア・中国・韓国の東アジア諸言語を習得

本学部では、2年次から相互に密接に関連した4つの専門コースがスタートします。いずれのコースも、人類の持続可能な未来のために必要不可欠な専門知識と考察を提供します。どのコースに登録し、何を研究するかを決めるのは、あなた自身です。

【学生数】805名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】43名(2017年4月1日現在)

国際地域学科

講義・学問分野

国際社会、比較文化、東アジア、地域環境、社会科学、人文科学、自然科学、哲学、文化人類学、言語学など

閉じる

学部の特色

幅広い知識とグローバルな視野を育成

各専門分野に専門の教員が300以上のバリエーション豊富な科目を開設し、豊かな知識の取得に励みます。一人ひとりの「学びたいこころ」と個性を伸ばすカリキュラムにより、国際と地域の複合的な領域を総合的に学びます。

閉じる

英語でのコミュニケーション能力を向上

英語での「聞く・話す・理解する」能力を伸ばします。個性を重視したプログラムでは、日本人9名、ネイティブ・スピーカー6名の英語選任教員による実践的英語教育を実施。セルフ・アクセスセンター、CALL(Computer‐Assisted Language Laboratory)教室などで、自主学習も促進します。

閉じる

ロシア・中国・韓国の東アジア諸言語を習得

「東アジアの諸言語」を1年次で必修科目として学習します。2年次からはさらに選択制でロシア語、中国語、韓国語を履修することもできます。集中的にスキルアップできるカリキュラムを用意しており、より高度な語学力を身に付けることも可能でます。

閉じる

学べること

国際地域学科

国際地域学部の3つの魅力

1.ACE(Academic Comunicative English)プログラム
バイリンガル教育にむけて、1年次の必修科目のうち1/3が英語科目で集中的に英語に取り組み、段階的に英語能力を身に付けるプログラムです。TOEFL、TOEIC試験にむけた受験対策を行います。
また、SALC(セルフ・アクセス・センター)には、豊富な種類の書物や教材がそろっており、多言語を話せるメンターが学生の主体的学習をサポートします。

2.ロシア語・中国語・韓国語
ゼロから始めて週6コマ×3年間、集中的に学んで実践的な運用能力を身に付け、スペシャリストをめざします
露・中・韓の各言語を少しずつ学ぶこともでき、高校などで学習経験がある人は、自分の到達度に合ったクラスを選ぶことができます。

3.海外語学研修・実地研修
英語圏では、アメリカ(ミネソタ州、ハワイ州、ペンシルベニア州)、カナダ。英語圏以外では、ロシア(サンクトペテルブルク、ハバロフスク)、中国(北京、ハルビン)、韓国(ソウル)で語学研修、歴史文化体験、生活体験、社会体験を目的とした1週間~5週間海外研修を実施しています。併せてフィールドワーク(ベトナム)を行っています。

【授業・講義】
ACE

ACEの必須科目は、習熟度を考慮したクラス編成で、英語の4技能(読む・書く・聞く・話す)の基礎を身に付けます。特定のスキルの伸長を図る「Skills Classes」、総合的にスキルの伸長を図る「Integrated Classes」、英語を使って学ぶ内容言語統合型の「Content Classes」の3つの科目群に分かれます。
多彩なスキル別・目的別クラスからそれぞれのニーズに合った科目を選択履修します。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】新潟市東区海老ケ瀬471
入試広報課
TEL.(025)270-1311
 【URL】http://www.unii.ac.jp/faculties-departments/faculty-international/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ