大学入試センター試験の最新情報をお届け!

にいみこうりつ

新見公立大学

公立大学 岡山県
●2019年4月、1学部3学科に改組。取得できる免許・資格については一部申請中。

みんなのQ&A

入試に関するQ&A

推薦入試に出願するには大学入試センター試験の受験が必要ですか?

健康保育学科と看護学科は、大学入試センター試験を受験することが必要です。

平成31(2019)年度大学入試センター試験は、2019年1月19日(土)と20日(日)に実施されます。そのときに必ず本学の指定科目を受験してください。なお、本学の推薦入試(健康保育学科、看護学科)の出願期間は1月21日(月)~1月25日(金)です。
※地域福祉学科の推薦入試は、大学入試センターの成績は利用しません。

閉じる

推薦入試の地域優先枠の対象者を教えてください。

地域優先枠とは新見市、岡山県内・県境からの出願者が対象です。

●地域優先(新見市内):全学科
 岡山県新見市内の高等学校を2019年3月卒業見込みの者です。
●地域優先(岡山県内):看護学科のみ
 次のいずれかに該当する者です。
 (1)岡山県内の高等学校を2019年3月卒業見込みの者
 (2)出願者本人またはその保護者が2018年4月1日以前から引き続き岡山県内に住所を有する者
●地域優先(岡山県内・県境):地域福祉学科のみ
 岡山県内・県境地域の高等学校を2019年3月卒業見込みの者です。県境地域とは鳥取県(日南町、日野町、江府町、倉吉市、三朝町)、島根県(安来市、奥出雲町、雲南市、飯南町)、広島県(庄原市、三次市)を指します。

閉じる

推薦入試の欠員補充はありますか?

欠員補充は一般入試(前期日程)で行います。地域優先枠の欠員補充は全国公募枠で行います。

推薦入試で欠員が生じた場合、欠員補充は一般入試(前期日程)で行います。また、地域優先枠に出願した者は、全国公募枠に併願したものとして取り扱います。地域優先枠に欠員が生じた場合、欠員補充は全国公募枠で行います。

閉じる

学部・学科・研究に関するQ&A

入学後、個人的にパソコンを準備する必要がありますか?

いいえ、必ずしも準備する必要はありません。

学修に必要なパソコンの台数は大学に設置しているため、個人のパソコンがなくとも支障はありません。しかし、個人的にパソコンを準備いただくと、自宅等の学外でも各種のレポート・課題の作成、卒業論文の作成等、有効に利用いただけます。また、インターネットを介して履修登録・試験成績の閲覧や、論文原稿などをメール添付で提出することができます。無線LAN対応のノートパソコンの場合には、学内に持ち込んで学内ネットワークへの接続やインターネットの利用も可能です。個人パソコンを使用する場合は、必ずウイルス対策ソフトをインストールし、最新の環境に保ってください。

閉じる

実習場所はどのあたりで行うのでしょうか?

主な実習は岡山県内です。

例えば看護学科では、新見市、真庭市などの県北地域と倉敷市、岡山市などの県南地域で実習を行います。新見市外の県北地域には、公共交通機関または大学が借り上げたバス等で往復します。県南地域では、倉敷市内・岡山市内に大学が借り上げたマンションから通います。実習に伴う交通費は、実習費でまかないます。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

疑問や不安を解決するために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ