大学入試センター試験の最新情報をお届け!

やまぐちけんりつ

山口県立大学

公立大学 山口県

看護栄養学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

看護学科(55名)
栄養学科(40名)

所在地

1~4年:山口

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●1年次から病院等での臨地実習が開始され、多くの臨床体験を積む
●他職種と協働するため、学部横断型で学ぶ
●専門的知識をベースとした課題探究力、問題解決力、コミュニケーション力を身に付ける

生命や人間性を尊重する精神に基づき、看護や栄養の専門知識を身に付けます。保健、医療、福祉などの分野で地域の人々と連携し、健康増進、および疾病予防の援助ができる健康のプロフェッショナルを育てます。

【キャンパス】山口市桜畠
【学生数】400名(2017年5月1日時点)
【専任教員数】42名(2017年5月1日時点)
【大学院】健康福祉学研究科
【別科】別科助産専攻

看護学科

講義・学問分野

人体構造機能学、健康体力科学、人間発達学、病理学、基礎栄養学、臨床病態学、家族社会学、心の健康科学、薬理学、リハビリテーション論、臨床栄養学、成人看護学、老年看護学、小児看護学、母性看護学など

閉じる

栄養学科

講義・学問分野

公衆衛生学、健康管理学、保健医療福祉システム論、臨床医学入門、臨床病態学、食品科学、食品科学実験、食品機能学、食事設計論、栄養ケアマネジメント論、臨床栄養学、学校栄養教育論、生化学 など

閉じる

学部の特色

1年次から病院等での臨地実習が開始され、多くの臨床体験を積む

看護学科は1年次から病院等での臨地実習がスタート。4年次には集大成として、小児看護学、母性看護学、在宅看護学、精神看護学の各看護専門領域において病院での実習を行います。附属病院を持たない大学だからこそ、山口県内の複数の病院や施設で実習することができ、さまざまな施設で実習することによって将来のビジョンが描きやすくなります。栄養学科では3年次に、学校や病院、福祉施設等で実習を行います。

閉じる

他職種と協働するため、学部横断型で学ぶ

本学部では、看護や栄養の専門職として他の専門職と協力し、チーム医療の一員として力が発揮できるよう、実践形式でコミュニケーション手法やプレゼンテーション手法を修得する学びを展開しています。「ヒューマンケア」科目など、他学部の学生と共に学ぶ合同開講授業を通して、多様な視野を得ることができるのも総合大学ならではの学びです。

閉じる

専門的知識をベースとした課題探究力、問題解決力、コミュニケーション力を身に付ける

看護学科では看護の本質や機能を理解しながら、幅広い専門知識を身に付けるカリキュラムを展開し、看護専門職として必要な倫理的思考力、課題探求能力、表現能力、問題解決能力を磨きます。
栄養学科では、健康や栄養学といった基本知識をはじめ、特定給食施設において食事計画や生産管理などを多角的に学び、一人ひとりの身体状況や栄養状態に応じた支援ができる管理栄養士を養成します。また、国際的視野を持った管理栄養士として活躍できるよう、英語によるコミュニケーションやプレゼンテーション力も養います。

閉じる

学べること

看護学科

豊かな教養と看護の専門的知識を身に付け、看護の専門職をめざす

看護学科では看護師免許のほかに、保健師や養護教諭一種免許状の取得が可能です。学内には領域ごとに実習室を完備しており、充実した設備の中で学修できます。少人数クラスのため学生と先生との距離が近く、きめ細かな指導を受けることができるのも本学科の特徴です。2年次後期に保健師の希望者を対象に選考する選抜制クラスでは、学生15人に対して、経験豊かな4人の専任教員が指導。実践能力を高めるとともに、保健師国家試験突破をめざします。

【授業・講義】
人体構造機能学

正常な人体の解剖学的構造と生理学的機能について理解します。人体の構造や機能を学ぶことは、病気を容易に、かつ深く理解する近道。授業ではビジュアル資料を駆使して、丸暗記ではなく、仕組みの理解につながるよう工夫しています。

閉じる

栄養学科

食を通して、一人ひとりに合わせた支援ができる管理栄養士をめざす

栄養学科では、一人ひとりの健康状態や栄養状態に応じた栄養ケアプランを提案し、人々が豊かな生活を送れるよう支援できる管理栄養士を養成します。栄養の基礎を修得するのはもちろん、3年次には学校や病院、福祉施設で実習を行い、幅広い実践力を養います。4年次にはこれまでの学びを基に管理栄養士に求められる多職種の理解や連携の重要性を学ぶカリキュラムを展開。問題解決に向けた創造力を身に付けるため、専門研究を行います。

【授業・講義】
給食経営管理実習

管理栄養士として限られた時間内で安心・安全に給食管理ができるよう、実践形式で学びます。実習では栄養面、衛生面、経済面を考慮した食事を1回に100食分提供します。メニューの作成から食券販売、調理、提供、後片付けまでを一貫して行い、給食システムの運営を学びます。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】〒753-0021 山口市桜畠6-2-1 /TEL.(083)929-6506(直)
 【URL】http://www.yamaguchi-pu.ac.jp/gakubu/kango/index.html

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ