×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

ほっかいどういりょう

北海道医療大学

私立大学 北海道

先輩の学生生活体験記

プロフィール

日々努力、成長できる臨床検査技師になりたい

  • 北海道医療大学
  • 医療技術学部 臨床検査学科 3年生
  • 佐藤碧さん
  • 八戸北高等学校
  • 2018年度卒業

学校生活の写真

先輩の学生生活体験記

高校時代の様子

高校時代は勉強と部活動を頑張りました。特に部活動に熱中していたように思います。小さいころから兄と野球をすることが多く、高校ではソフトボール部に所属しました。チームメイトと楽しく、副キャプテンとして時には厳しくチームメイトを励ましながら練習に取り組みました。
部活動を終えた後に学校の課題やテスト勉強をするのはとても辛かったですが、わからないところは友達や先輩、先生に教えてもらい乗り越えることができました。部活と勉強を両立することができたおかげで、部活動引退後もすぐに大学受験に気持ちを切り替えることができたと思います。

閉じる

大学で頑張っている「学び」

1年生では、専門科目以外にも、他の職種や患者さんの役割や心理を理解するために必要な一般教養の授業を通して、幅広い知識を身につける勉強をしました。中でも、多職種連携という授業は他学部の人と意見交換できる場があり、医療を色々な職種の視点から幅広く学ぶことができ、楽しかったです。
2年生では、臨床検査技師の仕事を支える専門的知識を習得するための科目や実習が行われ、勉強しないと試験に受からないので毎日勉強の日々でした。実際に、顕微鏡を覗いて細胞や微生物を見たり、解剖実習や採血実習といった、座学では味わえないような学びをすることができ、知識がしっかりと身につきました。
また、色々な科目で実習を行い、それぞれに面白さや難しさを感じました。入学当初は、顕微鏡で細胞診を行い癌細胞などを発見できる病理検査に憧れていましたが、最近では心電図検査やエコー検査などを扱う生理検査にも興味を持っています。生理検査は検体検査と比較して、患者さんとのコミュニケーションがとても大切だと知り、人と接するのが好きな私はそこに魅力を感じました。今後は専門的な知識と高いコミュニケーションスキルを身につけていきたいと思います。

閉じる

この大学に入学して「良かった」と思えること

色々な科目で実習があるので、座学で得た知識を実践的な知識として定着させることができる環境が充実しています。また、実習を通して色々な人と仲良くなれたと思います。本学は教員の人数が多く、優しい先生ばかりなので、勉強でわからないところなどを聞きに行くとすごく親切に対応してくださいます。勉強以外の雑談なども盛り上がり、先生方や友達と楽しい時間を過ごしています。
生活面では、大学への通学は電車で20分ほどのところで一人暮らしをしており、札幌ドームやお寿司屋さんでのアルバイトも良い経験となっています。

閉じる

後輩へのアドバイス

私は、高校時代から医療に興味がありました。特に、臨床検査技師は病気になる前の予防や早期発見にも関わることができるので、そこに惹かれました。
大学選びにおいて、「興味のある分野」に進むのが何より大切だと思います。興味のあることは自発的に学びたいと思えますし、楽しく充実した大学生活になるはずです。
私は青森県出身なので、親元を離れて北海道に来ることに不安がありましたが、自分が一番学びたいことを優先し、今は本学を選んで本当に良かったと感じています。
どの学問にもそれぞれ面白さや魅力があると思うので、将来に悩んでいる方も常に好奇心を持ち、少しでも興味がある分野に挑戦して欲しいと思います。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

tgをもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

リストに追加しました

ページの先頭へ