×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

ほっかいどういりょう

北海道医療大学

私立大学 北海道

先輩の学生生活体験記

プロフィール

児童養護施設の児童指導員として子どもたちを支えたい

  • 北海道医療大学
  • 看護福祉学部 臨床福祉学科 3年生
  • 岩井元暉さん
  • 小樽双葉高等学校
  • 2018年度卒業

学校生活の写真

先輩の学生生活体験記

高校時代の様子

高校の1・2年生は部活動に力を入れており、陸上部と奉仕活動部に所属していました。陸上部では主に自身の体力の向上をめざして取り組み、奉仕活動部では市内清掃活動をはじめ、募金活動や児童養護施設の宿泊スタッフ、フィリピンのミンダナオ島という劣悪な環境の中で生活している子どもたちに向けた物資支援を行っていました。3年生では、大学受験に向けて勉強に本腰を入れるようになり、志望校合格を目標に1日8時間以上勉強をしていました。

閉じる

大学で頑張っている「学び」

高校時代に所属していた奉仕活動部の経験から児童分野に興味があったため、児童に関する知識を深めています。その中で、「児童福祉論」という講義では、児童虐待の現状や、児童を養護するための機関等、より専門的な知識を習得することができます。また、大学では講義だけでなく、ボランティア活動で子どもたちと関わりを持つことで、児童に対する興味・関心を深めることができるため、知識や経験が身についてきていると実感しています。

閉じる

この大学に入学して「良かった」と思えること

本学はキャンパスがある当別町と密接に関わりがあります。ボランティア活動で異年齢交流を行うことができ、町民の方々と親しくなることができるため、様々な考え方を知ることができます。また、同じ目標をめざす友人が多く、切磋琢磨しながら日々の学習や、ボランティア活動に力を注ぐことができます。
本学は教授たちと関わる機会が多いことや、関心のある分野について気軽に教授に聞くこともできるので、専門分野を真剣に取り組むことができるのは本学の特徴だと思います。

閉じる

後輩へのアドバイス

大学は、興味があって知識を深めたい分野を更に詳細に学ぶことができる教育機関なので、専門的な知識や経験を得たいと考えているのであれば、大学に入学するために、勉強や面接練習をすることが必要です。私は大学受験で何度も壁にぶつかり、たくさん辛い思いをしました。今苦しい思いをしている受験生の皆さんは、将来にとって良い経験をしていると考えてください。何か目標に向かって努力したことは自分に自信をつけることができると思います。諦めるのではなく、自分を信じて取り組んでみてください。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

tgをもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

リストに追加しました

ページの先頭へ