×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

ほっかいどういりょう

北海道医療大学

私立大学 北海道

先輩の学生生活体験記

プロフィール

日本を代表する診療看護師(NP)になる

  • 北海道医療大学
  • 看護福祉学部 看護学科 4年生
  • 杉山佑基さん
  • 札幌平岸高等学校
  • 2016年度卒業

先輩の学生生活体験記

高校時代の様子

高校時代一番力を入れていたのは部活動です。高校3年間バスケットボール部に所属しており、毎日練習に励んでいました。1時間目の授業が始まる前まで朝練をし、授業が終われば19時まで部活動、土日は、午前に走り込み、午後には体育館で全体練習を行うなど、とてもハードな生活をしていました。そのため、勉強はおろそかになり、毎回行われるテストではほぼ最下位、英語に関しては毎回赤点でした。高校3年間は部活動に集中しており、あまり将来について考える機会を持てなかったので、勉強や将来についてしっかり考える時間をつくるため浪人することを決めました。

閉じる

大学で頑張っている「学び」

大学3・4年生では主に実習を行いますが、新型コロナウイルス感染症の影響で臨地での実習を行うことが困難になっており、学内での実習を中心に行っています。最初は、学内で実際の患者さんとふれあう機会がないため、看護スキルを身につけることができないのではないかと不安に思っていましたが、先生たちが患者さんの役になり、実際に病院にいるかのようなシチュエーションで自分自身の技術を向上させることができ、また臨地実習よりも周りの学生の意見を聞く場面が多く、看護に対しての考えの幅を広げることができました。

閉じる

この大学に入学して「良かった」と思えること

本学には看護学科だけではなく、たくさんの学科があります。1年次の多職種連携入門では色々な学科の学生が集まり授業が行われます。また部活動やサークルを通し、さまざまな学科の友人を作ることができました。他学科の友人を作ることで、看護の視点だけでなく、多職種の視点を増やすことにもつながりました。卒業し現場にでたときには、看護師以外にもさまざまな職種の方がいます。そのような環境を学生のうちから経験できることが本学の良いところかなと思いました。

閉じる

後輩へのアドバイス

受験勉強をしていく中でモチベーションをどのように維持していくのかを考えていくことが大事だと思います。僕は、医師になりたいと思っていたため、医療ドラマの手術シーンを動画で見ることや、医師は年収が良いイメージであったので、将来どんな裕福な生活をしようかなど考えることでモチベーションを保っていました(笑)。高校3年間は将来のことを考える機会が少なかったため、浪人中に将来のことを考え始め、いろいろな職業の成功者の動画をみて、自分のなりたい姿を決めました。モチベーションを維持していくために、自分のなりたい姿があることはとても重要になってくると思うので、高校でまず取り組むことは、自分のなりたい姿を考えることが今後の進路や受験勉強のためになるのではないかと思いました。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

tgをもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

リストに追加しました

ページの先頭へ