×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

ほっかいどういりょう

北海道医療大学

私立大学 北海道

先輩の学生生活体験記

プロフィール

臨床検査技師をめざすことに集中できる環境

  • 北海道医療大学
  • 医療技術学部 臨床検査学科 2年生
  • 廣瀨智子さん
  • 札幌南高等学校
  • 2019年度卒業

先輩の学生生活体験記

高校時代の様子

高校生活で力を入れていたのは部活動です。陸上部に所属していました。中学生の時は全く勝てず記録も伸びずにモヤモヤする日々が続いていましたが、高校では種目転向し、新しい指導者や意識の高い仲間と出会い、記録も伸び大会で入賞できるようにもなりました。勉強面では、授業の進度が速かったので教科担任の先生の所へ質問に行ったり、個別指導塾に通い1週間分のわからなかった部分を理解するようにしたりして勉強していました。

閉じる

大学で頑張っている「学び」

幸村先生、小野先生、沖野先生のゼミで生理学の実習をしています。1年次の座学で学んだ生理学を基に、専門的な知識を学んでいます。ペアまたは班で皮膚感覚の2点弁別閾の測定の実験を行ったり、心音をきき、グループで結果からの考察を導き出したりしています。
今は細胞検査士に興味があり、4年次では分子細胞病理学を研究したいと考えています。そのために、臨床細胞診断学・臨床病理学検査学などの科目への理解を深めたいと思っています。

閉じる

この大学に入学して「良かった」と思えること

北海道医療大学に入学して良かった点は、充実した実習設備と、先生方・先輩方の存在です。4人〜6人班に1台ずつ、または1人に1台ずつ機材が与えられるので、見ているだけの実習ではなく実践で使用される貴重或いは最新の検査機器や実験器具を使うことができます。先生方・先輩方は、授業で分からなかった部分や試験に向けた勉強、進路、学生生活等について授業や面談以外の時間でも相談に乗ってくださります。新型コロナウイルス感染症の影響で通学が困難だったときは、メール・zoomなどで疑問が解消するまで質問に答えてくれました。

閉じる

後輩へのアドバイス

大学で学ぶ内容の殆どが高校までの生物・化学・物理・数学の延長ですが、どれも発展型の専門科目です。例えば、高校で物理・化学、理系なら生物基礎を完璧にすることをすすめます。もし専門生物で分からないことがあっても、高校で履修している仲間が助けてくれます。試験前には、学生同士で教え合って勉強している様子をよく目にします。一夜漬けの暗記では試験を乗り越えることはできません。入学までに、「暗記」ではなく「理解して知識を定着させる」方法を身につけることが大切だと思います。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

tgをもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

リストに追加しました

ページの先頭へ