てんし

天使大学

私立大学 北海道

学部・学科

学べること

多職種との連携について学び、保健医療福祉チームの一員として活躍できる

天使大学は看護栄養学部の特色を生かし、3年次と4年次に両学科の学生が合同で履修する授業を設けています。
保健医療福祉をめぐる社会的状況が大きな転換期にある中、保健医療福祉チームの中で多職種で連携・協働する能力は不可欠です。看護師、管理栄養士の専門性を互いに理解し、実践事例を通じた学びにより、保健医療福祉チームの中で求められるリーダーシップ、調整能力、コミュニケーション力、問題解決力、協調性、主体性などの能力を強化します。
●3年 栄養・看護演習
看護師、管理栄養士の専門性を理解し、実践事例を通して具体的な生活の質の向上をめざした栄養と看護の支援と関係職種の連携・協働について学びます。
●4年 合同特別演習
臨地現場をフィールドとし、学科混成チームを編成し、チームで健康障がいのある対象者の健康問題に関するアセスメントから計画、実施、評価までの実践を通して、学びます。

閉じる

臨床現場で役立つ、高い看護実践能力を養うカリキュラム

看護学科
4年間を看護師課程に専念して学修するカリキュラムで、理論と実習を相互に行うことによりエビデンス(科学的根拠)に基づいた、高い看護実践能力を身に付けることができます。
また、保健師・助産師課程などの大学院進学への接続も可能なカリキュラムになっています。
[カリキュラムの特徴]
1.キリスト教精神を基盤にした豊かな人間性を育みます。
2.充実した看護技術の演習や実習により、看護の実践能力を強化します。
3.看護職として問題意識を持ち、主体的に考え行動できる能力を強化します。
4.看護職としてキャリアを発展させるために必要な力を強化します。
5.講義や演習で学んだことを実際に経験し、実践できる力を高めます。
6.国際社会や災害地域など多様な環境下で生きる人に貢献できる人材を育成します。

閉じる

食を通して生活へのサポートを自律して実践できる管理栄養士を養成

栄養学科
国(厚生労働省)の規定(4週間)を大きく上回る最大9週間の「臨地実習」に取り組めることが大きな特徴です。臨地実習は3年次から始まり、病院、福祉施設、小学校、保育所、保健センターなどの現場実習体験が可能です。
[カリキュラムの特徴]
1.キリスト教精神を基盤にした豊かな人間性を育みます。
2.実践力を備えた管理栄養士の養成を目標としたカリキュラムです。
3.管理栄養士として問題意識を持ち、主体的に考え行動できる能力を強化します。
4.質・量ともに充実した臨地実習で、「臨床に強い」専門職を育成します。
5.教職課程を修了することにより「栄養教諭一種免許状」が取得できます。

閉じる

学部・学科

パンフ・願書を取り寄せよう!

学部・学科情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ