にほんせきじゅうじあきたかんご

日本赤十字秋田看護大学

私立大学 秋田県

日本赤十字秋田看護大学/志望理由

実践を意識した学びを通し
人々を支えられる看護師になる

顔写真
看護学部 看護学科 3年 五十嵐遥香さん 群馬県立桐生高校 卒業

※掲載内容は取材時のものです

興味をもったきっかけ

私はもともと医療系の職業への関心が強く、将来はこの分野で人の役に立てる仕事に就きたいと考えていました。実は、高校2年生の頃までは看護師ではない他の職業をめざしていたのですが、さまざまな職業への知見を広げていくうちに、少しずつ看護という世界に興味を持つようになりました。看護師は、他職種との連携の中で専門性を発揮し、どんな状況下であっても患者さんやその家族に寄り添って心身ともにケアをする職業です。私はそんな看護師という仕事に憧れ、看護の道をめざすようになりました。

この大学を選んだ理由

日本赤十字秋田看護大学への進学を決めたのは、災害現場で活躍できる看護師になるための知識を身に付けたいという思いが強かったからです。災害医療について学べる環境が整っている点が、私にとって最大の魅力でした。学内での講義をはじめ、実際の災害現場での活動を擬似体験する「災害救護訓練」、日本赤十字社県支部の方から直接指導が受けられる「赤十字救急法」講習など、学びの機会が充実しています。災害派遣の経験を持つ先生が多く在籍している点にも心惹かれました。

将来の展望

私は現在看護師と保健師の2つの資格を同時に取得するために、日々の勉強に励んでいます。医療現場では看護の知識・技術の実践とともに「地域包括ケアシステム」に基づいた医療の提供が求められており、患者さんやその家族と信頼関係を構築することが重要とされています。そのため、看護技術だけではく、保健・福祉に関する幅広い知識の修得が必要です。講義や演習、実習を通して、患者さんとの向き合い方について自分自身の考えを深め、丁寧に学びを深めていきたいと思っています。

学費や就職などの項目別に、
大学を比較してみよう!

他の大学と比較する

このページをシェアしよう

ツイート LINEで送る

リストに追加しました

ページの先頭へ