大学入試センター試験の最新情報をお届け!

どっきょういか

獨協医科大学

私立大学 栃木県

大学トップ

ここに注目!
  • 患者さまのために豊かな人間性と思いやりを身につける
  • 臨床実習の場として獨協医科大学の3病院を活用(医学部)
  • ドクターヘリによる救急医療活動(獨協医科大学病院)

大学の特色

広く社会一般の人々から信頼される医師を育成する

●医学部
6年間一貫した専門教育と大学病院での生きた学習
高度化・細分化、さらには国際化が進む現代医療のさまざまな分野で活躍できる医師や医学者を養成するため、独自のカリキュラムを編成。入学から卒業までの6年間で一貫した専門教育を行うクサビ型教育を実施します。
<1年次>医学の基礎知識を修得
教養を高め、医学の基礎を学び、良医への第一歩を踏み出します。医学英語、医学情報リテラシー、教養医科学、解剖概論などを履修します。
<2年次>基礎医学の理解を深める
基礎医学の講義が本格化し、人体と疾病について学びます。また、基礎医学系実習が始まり、これからの学習に必要な医学知識の理解を深めます。
<3年次>臨床実習への基礎固め
臨床系統合科目で臓器別のさまざまな病態を系統的に学びます。また、病理学各論実習なども履修し、臨床実習に向けて基礎を固めます。
<4年次>臨床実習へ向け共用試験を突破
基礎医学・臨床医学を総復習し、各症例の解決方策を修得。共用試験を突破し、臨床実習に備えます。社会医学系実習、症候学、臨床基本実習、症例演習などを履修します。
<5年次>臨床実習(BSL)を体験
1年間にわたって全診療科をローテートする臨床実習(BSL)や地域保健実習を体験。診療参加型臨床実習(CCS)により、医師としての責任の重さと使命感を認識します。
<6年次>集中講義で医師国家試験へ
4週間のABL(Advanced Bedside Learning)および5年間で得た知識、実習内容を集中講義で再学習し、きめ細かな指導のもと、万全の体制で医師国家試験に臨みます。

閉じる

病める人の身になり痛みを分かちあえる看護職者を育成する

●看護学部
多様化・国際化が進む社会で信頼される看護職者を育成
看護実践・教育の分野においてリーダーとして貢献し、広く社会から信頼される看護職者を育成することを教育理念としています。

<看護学部4つの特色>
1)1年次から実習を開始
・1年次には、早期体験実習として「ふれあい実習」、看護の基盤を学修する「基礎看護学実習」を経験します。
・3年次には、発達段階や健康レベルに応じた「健康看護支援・健康障害看護援助論実習」を行います。
・4年次には、地域看護活動を学ぶ「健康看護支援論実習」、最後に「総合実習」にて学修した知識の統合を行います。

2)主体的に学ぶ力を身に付ける
・看護職は、指示に従うのではなく、自ら判断して責任をもって行動することが求められます。
・学生時代から主体的に学び、考えることを習慣づけ、より深く学び取る力を身に付けることが大切です。
・本学部では、ICT(コンピューターなどの情報通信技術)を活用した教育を推進しています。学生は、LMS(学習・授業支援システム)にアクセスして、各科目の掲示板を確認し、学習課題やレポートを提出します。また、iPadを使用し、実習や授業の予習復習を小テスト形式で行えるアクティブ・ラーニングを実施しています。

3)隣接の大学病院で、最新の知識や技術を学ぶ
・看護学部棟に隣接する最先端の医療機器が整備された大学病院を中心とした病院実習を行います。
・病院の看護師による講義や演習を受けることができ、高度な看護実践能力を身に付けられます。

4)医学部との合同講義・実習でチーム医療を学ぶ
・医学部生との合同講義や討論、実習などを通して、医療職をめざす者同士が各々の専門性を理解し、協働・連携について学びます。

閉じる

教育環境

高度な医療を提供し、地域医療の中核となる

●附属施設
獨協医科大学病院
医学教育の場であるとともに、特定機能病院として地域医療の中核を担っています。
獨協医科大学埼玉医療センター
埼玉県越谷市にあり、臨床教育、診察に加え、臨床研究でも評価を得ています。
獨協医科大学日光医療センター
栃木県日光市にあり、地域がら観光客への医療提供の拠点病院としての役割を果たしています。

閉じる

学部

2018年度

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

入学初年度学納金【2017年度実績】

医学部
入学金 1,000,000円(入学時のみ)
授業料 3,500,000円 (年額)
教育充実費 5,100,000円(初年度額)
合計 9,600,000円
※初年度納入金の授業料と教育充実費および2年目以降の授業料については、2分割納入(分納)の制度があります。
※センター利用・一般入学試験における成績が特に優秀な者について、初年度教育充実費の5割減免制度があります。
※上記以外に入学時に委託徴収金として学友会費100,000円、父母会費600,000円が必要です。

看護学部
入学金 500,000円(入学時のみ)
授業料 850,000円(年額)
実験実習費 300,000円(年額)
施設設備費 200,000円(年額)
合計 1,850,000円
※授業料については2分割納入(分納)の制度があります。
※上記以外に入学時に委託徴収金として学友会費50,000円、父母会費80,000円が必要です。

奨学金(2017年度実績)

医学部
◆獨協医科大学特別奨学金(給付)
第2学年以上の在学生で、家計急変により学費支弁が困難であり、かつ成績が優秀で成業の見込みがあると認められた者に対して、教育の機会均等を図るとともに有為な人材の育成に資することを目的として、年額600,000円を一括給付する制度で、一定の条件を満たす者を対象とします。
◆獨協医科大学医学生教育ローン利子補給奨学金(給付)
AO入試入学生および第4学年以上の在学生で、学費支弁が困難なため、学生または保護者など学費支弁者が金融機関から教育(学資)ローンの融資を受けた者に対して、経済的負担を軽減する観点から、在学期間中の学納金相当額に係る利子の一部(年額200,000円を上限)を奨学金として補給する制度で、一定の条件を満たす者を対象とします。
◆各自治体医師修学資金
各自治体が独自に行う医師修学資金制度があります。
◆獨協医科大学桜杏会互助事業修学金(貸与)
桜杏会(父母会)会員の死亡または重度の傷病、事業不振などにより学資支弁が極めて困難な第2学年以上の学生に対して、一定の条件のもと授業料の範囲内で貸与(無利子)する制度です。
◆関育英奨学金(貸与)
第2学年に在学し、人物・学業とも優秀かつ健康でありながら、学資の支弁が困難と認められる者で、学長の推薦する者に対し、月額30,000円を貸与(無利子)する制度です。

看護学部
◆獨協医科大学看護学部奨学金(貸与)
人物・学業ともに優秀かつ健康でありながら、経済的理由により修学が困難であると認められた者に対し、月額50,000円以内を貸与する制度です。
◆獨協医科大学特別奨学金(給付)
第2学年以上の学生で家計急変により学費支弁が困難であり、かつ成績が優秀で成業の見込みがあると認められた者に対して、教育の機会均等を図るとともに有為な人材の育成に資することを目的として、年額300,000円を一括給付する制度です。

医学部・看護学部
◆獨協医科大学災害罹災等学生に対する授業料減免(減免)
災害罹災などにより経済的に修学が著しく困難になった学生に対して、授業料の全額または半額を減免する制度です。
なお、当該災害の発生時期により、入学予定者についてもその都度検討します。
◆日本学生支援機構奨学金(貸与)
貸与奨学金で学業・人物ともに優秀かつ健康であって、経済的理由により修学が困難な学生のうち、大学から推薦された者について選考のうえ、貸与されます。
奨学金の種類と貸与月額は次のとおりです。
第一種(無利子)
自宅通学 30,000円・54,000円
自宅外通学 30,000円・64,000円
第二種(有利子)
30,000円・50,000円・80,000円・100,000円・120,000円
※120,000円を選択した場合に限り、希望により40,000円の増額が可能(医学部のみ)です。
入学時特別増額貸与(有利子貸与)
入学年月を貸与始期とした場合、希望により100,000~500,000円(100,000円単位)の増額貸与が可能です。
※なお、第一種と第二種を併用貸与することもできます。貸与期間は貸与開始の月から卒業するまでの標準修学年限です。

閉じる

住環境

大学周辺にはアパート・マンションがあり、多数の学生が入居しています。
医学部女子学生は、大学敷地内にあるワンルームタイプの「関記念学生館(女子学生寮)」に入寮することも可能です。
看護学部生については、快適な生活環境を確保するため、オール電化の学生寮「Dormitoryいちょう(1学年25室入寮可)」があります。白を基調とした外観が周囲の緑豊かな環境と調和。室内は、清潔感のあるシンプルな部屋と、明るさを抑えた落ち着きのある部屋を用意しています。

閉じる

クラブ・サークル活動

体育会系クラブ

●医看合同
アイスホッケー部、アメリカンフットボール部、空手道部、競技スキー部、剣道部、硬式野球部、サッカー部、柔道部、準硬式野球部、水泳部、卓球部、バスケットボール部、ラグビー部、陸上競技部
●医学部
硬式テニス部、ソフトテニス部、バドミントン部、バレーボール部、ゴルフ部
●看護学部
ソフトテニス部、バドミントン部

文化系クラブ

●医看合同
ME部、管弦楽部、合唱部、軽音楽部、写真部、美術部、Street Dance Association
●医学部
Activity of Regional Medicine(地域医療活動)、ESS、テーブルゲーム部、茶道部、書道部、東洋医学研究会、Remedy(国際保健医療研究会)
●看護学部
軽音楽部、茶道部、ボランティア部、フラダンス部

愛好会

●医看合同
スノーボード愛好会
●医学部
Dokkyo Drivers Club、クイズ研究愛好会、ジャグリング愛好会、鐵道研究愛好会、弓道愛好会
●看護学部
バレーボール愛好会

閉じる

パンフ・願書

本学を良く知るには、「大学案内」の資料を取り寄せよう。大学案内には、学部・学科ごとの詳しいカリキュラム、在学生の体験談や、卒業生の社会での活躍、キャンパスライフなど知りたい情報が載っています!

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

本学キャンパス

●栃木県下都賀郡壬生町北小林880
東武宇都宮線「おもちゃのまち」駅下車、徒歩約15分(バスで約3分「獨協医大病院前」下車)。または、JR東北本線(宇都宮線)「石橋」駅からタクシーで約15分

閉じる

問い合わせ先

住所

〒321-0293
栃木県下都賀郡壬生町北小林880
学務部入試課

電話番号

(0282)87-2108(直)

URL

http://www.dokkyomed.ac.jp/

閉じる

みんなのQ&A

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ