×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

かんだがいご

神田外語大学

私立大学 千葉県

学部・学科

学べること

外国人教員による授業で実践的に学ぶ

語学+αの教養で真の国際人に

本学で専門的に学べる言語は、英語、中国語、韓国語、インドネシア語、ベトナム語、タイ語、スペイン語、ブラジル・ポルトガル語の8言語。日本との文化的交流が深く、経済的にも強い結びつきが期待される地域の言語です。
言語習得という技術的な学習に加え、その国や地域の歴史、政治、経済や文化まで幅広く理解し、真の国際人としての教養を身につけたグローバル人材の育成をめざします。
カリキュラムの特色としては、徹底した少人数制が挙げられます。「聞く・話す」の言語運用能力は外国人の先生が徹底的にトレーニング。ディベートやプレゼンテーションなど、参加型の授業が多いのも特徴の一つです。
学生全員が英語でコミュニケーションが取れるスキルをベースに、各学科・専攻に合わせた専門性を積み上げるダブルメジャー体制で「英語+α」を徹底的に身につけ、卒業論文やゼミを通して、「読む・書く」能力にも重点をおき、論理的思考力の育成を図っています。

閉じる

地域の文化や歴史も研究

4つの研究コースによって環太平洋の国・地域の文化や歴史なども学ぶ

●環太平洋の言語を学ぶ
外国語学部は英米語学科、アジア言語学科、イベロアメリカ言語学科、国際コミュニケーション学科の4学科で構成され、主に環太平洋の国・地域の言語と文化をカバーしています。アジア、中南米などの国々は日本との関係も深く、それぞれ魅力的な独自の文化をもつとともに、これから発展が期待される国々です。国際社会で共通語として使われる英語は全学生が身につけ、さらに、こうした国・地域の言語と文化を研究することを通して、幅広い視野をもって活躍できる能力を育成しています。

●言語の背景や社会・文化を学ぶ
異文化理解とは、自分が向き合う相手とよりよい関係を作るために、その国の文化や歴史、宗教、社会など、相手に影響を与えている諸要素について理解することです。
外国語学部は、言語、コミュニケーション、総合文化、地域・国際からなる4つの研究コースを全学科に導入。自己と世界、あるいは人間と社会について理解を深め、知識を活用する能力を身につけたうえで、各人が研究テーマを設定し、さらなる探究をするためのコースです。本学がめざす真の教養人、国際人への成長を支援します。学生はこのコースの中から1つを選び、自分が追究したいテ-マを学習します。

閉じる

学部・学科

先輩の学問体験記

パンフ・願書を取り寄せよう!

学部・学科情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ