れいたく

麗澤大学

私立大学 千葉県

麗澤大学/注目情報

TOPICSトピックス

麗澤大学の新設情報

工学部※と経営学部※が誕生し、5学部体制がスタート!

2024年4月、本学は現在の国際学部、外国語学部、経済学部の3学部に、新たに工学部(仮称)*、経営学部(仮称)*を加えた5学部体制を始動。世界を取り巻くさまざまな問題・課題に対して、幅広い角度からアプローチできるニューノーマルな大学へと進化します。

*2024年4月に向けて工学部認可申請中、経営学部設置構想中。記載内容は変更になる場合があります。

人や社会をテクノロジーと共感でつなぐエンジニアを育てる工学部

  • 現代が直面する課題の本質を見据え、未来の幸福に寄与する「愛ある工学」が始動する。

変化のスピードが加速する現代において、次の50年を生きる技術者・エンジニアは、環境問題、貧困問題、人口減少、紛争の激化など、さまざまなスケールの社会課題を把握し、人々に共感し、テクノロジーとコミュニケーションで解決をリードすることが求められています。
本学に開設予定の工学部(仮称)*は、情報システム工学専攻(仮称)*とロボティクス専攻(仮称)*の2専攻を構想しています。AI、IoT、ロボティクスなど、最先端のデジタル技術やソフトウエアの知識やスキルを学ぶだけでなく、学んだ知識をどのように活用するかという、デザイン思考と工学的思考も鍛えます。
また、本学の特長となる文理融合の強みを生かし、工学的な知識だけでなく、社会・経済・文化・歴史・論理を考える機会をつくり、多角的な視座が持てるエンジニアをめざすことができます。

*2024年4月に向けて設置認可申請中。記載内容は変更になる場合があります。

未来をデザインし、新しいビジネスと企業価値を創り出す経営学部

  • 企業の課題を自分事として捉えて、ビジネスデザインができる人材への成長をめざす。

経営学部(仮称)*には、ビジネスデザイン専攻(仮称)*、AI・ビジネス専攻(仮称)*、スポーツビジネス専攻(仮称)*、日本初の同族経営に特化したファミリービジネス専攻(仮称)*の4専攻を構想中です。
各専攻の特徴を生かし、新しいビジネスと企業価値を創り出すことができる人材を育成します。カリキュラムは、社会に出たときに大学の学びを生かせる「実学」にこだわります。その1つとして、1年次に産学連携プロジェクト(基礎ゼミナール)を実施します。
企業・団体が直面する課題に対して学んだ知識を生かしチームで企画を立案。最終的に企業・団体にプレゼンテーションを行います。前身となる現・経済学部経営学科では、クレディセゾン、日本ルナ、すかいらーくホールディングスなどの企業と連携をすすめ、実践のフィールドを広げています。

*2024年4月に向けて設置構想中。記載内容は変更になる場合があります。

全学共通教育の「麗澤スタンダード」も本格始動

  • 5学部体制と全学共通教育の強化によりニューノーマルな大学へと変革していく。

品格あるグローバル人材を育成するために、本学では「グローバル教育」「道徳教育」「データサイエンス教育」「キャリア教育」を4つの柱に据え、これに教養教育を加えて「麗澤スタンダード」と総称しています。
学生が4つの柱を基盤としバランスよく学び、社会へ羽ばたいていくための環境を整備しています。学生の雰囲気が良いのも麗澤大学ならでは。「小規模」にこだわり、クラスは少人数で意見や質問を教員や学生同士で投げかけ合えるような環境を重視。語学学習施設「iFloor」では多国籍のグローバル教員と交流でき、学内にいながら国際交流も可能。「国際性」にこだわるキャンパスで多くの人や文化に触れ、互いを大切にする心を育てます。

学費や就職などの項目別に、
大学を比較してみよう!

他の大学と比較する

このページをシェアしよう

ツイート LINEで送る

リストに追加しました

ページの先頭へ