れいたく

麗澤大学

私立大学 千葉県

注目情報

麗澤大学の海外留学

毎日が国際交流

本学では、異文化コミュニケーションを大切にしており、世界約20の国・地域から留学生が集まっています。学生にとっては、毎日が他文化交流。多彩な留学制度を利用し、本場の外国語を学ぶことも可能です。英語のネイティブ教員が常駐するコミュニケーションスペースCEC(Reitaku Center for English Communication)や、外国人留学生とともに生活するグローバルドミトリーなど、授業以外での学びも多く体験できます。

閉じる

キャンパスにいながら国際交流ができる!

  • 留学生やネイティブスピーカーが常にいることで、気軽に英会話を学べます

海外からの留学生との毎日のふれあい

キャンパスに通う日常こそが、多言語・多文化に触れるチャンスです。授業以外でも外国語力を磨けるよう、コミュニケーションスペースを設けており、英語を母語とするネイティブスピーカーが常駐しています。
また、学生寮「Global Dormitory」は、寮生の約半数が留学生であり、留学生との会話を楽しむ機会が豊富で、人間交流の輪が国境を越えて広がっています。このような環境の中で学生は国際的な感覚を養うとともに、人間性を高めていけます。

閉じる

学生一人ひとりに合わせたハンドメイドの留学プログラム!

  • 由緒あるイェーナ大学への留学では、麗学生のみのクラスでの授業も行われる

充実した海外留学制度

学生一人ひとりの目的に合わせた多彩な留学制度で「国際的教養人」をめざします。
経済的な理由で留学に踏み出せない生徒のためには、返済義務なしの各種留学奨学金制度があります。
留学前には学内留学フェアで不安を解消するなど、留学までの流れをしっかりサポートするのも本学の特徴です。また、本学独自の制度クロス留学があり、第二外国語がドイツ語の場合はイェーナ大学の英独プログラムを受講、中国語の場合は淡江大学の英語学科に所属し、英語の授業を受講します。 日常会話は第二外国語を使うので、同時に2カ国語マスターすることが可能です!

閉じる

留学から広がる可能性

  • ベトナム・ホーチミンでのボランティア

海外ボランティアに参加し、貴重な経験ができる!!

海外ボランティアでは、日本とは違い厳しい環境に置かれている子どもたちと一緒に遊んだりケアをするなど、日本では体験することのない経験を得ることができます。英語でのコミュニケーションはもちろん、英語の通じない子どもたちと、いかにコミュニケーションを図るかが大事になるため、コミュニケーションそのものを学ぶ機会にもなります。
本学ではこのように長期留学だけでなく、海外ボランティア、海外日本語教育実習(台湾、韓国、アメリカ)、英語圏でのインターンシップなども実施しています。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

注目情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ