学校パンフ取り寄せで図書カードGET

ちばかがく

千葉科学大学

私立大学 千葉県

危機管理学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

危機管理学科(仮称)※1([総合危機管理(企業・公務員)コース、消防官・地域防災コース、警察官・犯罪科学コース、自衛官・安全保障コース]120名)
※1 2019年4月、危機管理システム学科から名称変更、定員変更構想中。学科名等、記載内容は変更になる場合があります。
保健医療学科(仮称)※2([臨床検査学コース、臨床工学コース、救急救命学コース]80名)
※2 2019年4月、医療危機管理学科から名称変更構想中。学科名等、記載内容は変更になる場合があります。
航空技術危機管理学科([パイロットコース、航空整備コース、防災技術コース、風力発電コース]40名)
動物危機管理学科※3([動物生命科学コース、動物看護学コース、野生動物管理学コース、動物資源学コース、水生動物学コース]60名)
※3 2019年4月、定員変更構想中。記載内容は変更になる場合があります。

所在地

1~4年:千葉

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●現代社会に求められる平和へのアプローチを実現する
●危機管理に関する諸問題に取り組む4学科から学ぶ
●専門的な知識と技能を合わせ持った人材をめざす

危機に際しての迅速な対応、環境保全や環境教育、人の健康と生命を守る知識と技術、工学・航空機分野の技術、ヒトと動物の関係などを学ぶ、4つの学科が連携し社会や地球を助ける危機管理の素養をもつ技術者・研究者を養成します。

【学生数】851名(2018年5月1日現在)
【専任教員数】55名(2018年5月1日現在)

危機管理学科(仮称)※1※1 2019年4月、危機管理システム学科から名称変更、定員変更構想中。学科名等、記載内容は変更になる場合があります。

講義・学問分野

リスクマネジメント特論、行政システム論、法学特別講義、危機管理政策論、現代社会分析、保険学、消防学概論、自然災害論、市民防災論、災害対策論、都市災害論、災害心理学、警察学概論、科学捜査、警察演習、犯罪学、警察法、安全保障学入門、危機管理技術論、危機管理国際関係論、危機管理政策論、意志決定の科学 など

閉じる

保健医療学科(仮称)※2※2 2019年4月、医療危機管理学科から名称変更構想中。学科名等、記載内容は変更になる場合があります。

講義・学問分野

【臨床検査学コース】
免疫検査学I、臨床検査臨地実習、血液検査学、臨床検査学総論I、臨床検査医学総論、遺伝子検査学 など
【臨床工学コース】
医用工学概論、生体機能代行装置I(代謝)、臨床工学臨床実習、医療治療、病院内実習 など
【救急救命学コース】
救急医学概論I、救急・災害医療、救急車同乗実習、病院内実習 など

閉じる

航空技術危機管理学科

講義・学問分野

【パイロットコース】
航空機操縦学入門、事業用操縦実習、計器飛行実習総合 など
【航空整備コース】
空気力学、構造実習、発動機実習
【防災技術コース】
想像ものつくり実験、消防設備概論、防災技術学概論 など
【風力発電コース】
風力発電システムのメンテナンス技術、基礎 など

閉じる

動物危機管理学科※3※3 2019年4月、定員変更構想中。記載内容は変更になる場合があります。

講義・学問分野

【動物生命科学コース】
【動物看護学コース】
【野生動物管理学コース】
【動物資源学コース】
【水生動物学コース】

野生動物保護・管理、動物感染症の対策・リスク管理、動物の生態と環境、川魚の生態と保全、環境科学、動物看護、動物の健康管理、動物のくすり、動物の行動と社会、愛玩動物飼育、動物の栄養管理、動物訓練、実験動物 など

閉じる

学部の特色

現代社会に求められる平和へのアプローチを実現する

「危機には遭いたくない。しかし、どうしても避けられないのなら、その被害をできるだけ少なくしたい」という願いは全人類、全世界共通のもの。この願いを叶えるための学問が危機管理学です。
本学部はその対象範囲が災害や事故、公害や環境、食品や有害物質、経済や経営、国家安全保障など実に広範囲にわたっており、心理学や人間行動学および医療分野の側面からの解析なども視野に入れられています。日本初の学部として開設され、こうした観点から考えれば世界に例を見ない初めての学部であると言えます。危機管理の素養を身に付け、さらに健康、安全、安心を求める応用技術を修得して、安全で平和な社会を実現するトータルコーディネーターを養成するのが本学部の目標です。

閉じる

危機管理に関する諸問題に取り組む4学科から学ぶ

緊急時に発生する事態は極めて多様化し、さまざまな事象に同時に対処しなければならなくなってきています。火災・爆発・交通障害・土砂災害・建造物破壊・ライフライン損壊など多岐にわたり、それに対処すべきことも救急救命をはじめとして二次災害防止、ライフライン確保、情報収集と発信、原因究明、生活環境の保全、感染症対策、ペットや家畜対策など多方面にわたります。これらの事態に適切に対処するために本学部では、「危機管理学科(仮称)」「保健医療学科(仮称)」「航空技術危機管理学科」「動物危機管理学科」の4学科が互いに連携して教育・研究にあたります。さまざまな危機およびその管理に関連する諸学問領域を総合して新しい教育・研究システムを構築。危機管理の素養を身に付け関連する専門分野を教育することにより、危機管理に関する諸問題を色々な分野から解決する糸口を見いだし、その対策を講じて快適な社会作りに貢献できる人材の養成をめざします。

閉じる

専門的な知識と技能を合わせ持った人材をめざす

全学共通の一般共通基礎科目で豊かな人間性を学び、学部共通基礎科目では主に1年次を中心に危機管理の基本的な素養を身に付けます。少人数制の「教養ゼミナール」(全専任教員担当)を開講し、主体的な活動を通して専門教育の導入を図るとともに思考力、表現力を深め、自由な発想を育成します。主に2年次以降で各学科の特性に合わせて必要な基礎的科目を履修させ、コース専門科目では、基礎科目で履修した知識をもとに、順次専門性の高い科目を配置し、各学科の特性に合わせた専門的知識を深めます。各コース共通で4年次には卒業研究を開講し、実験・実習等を通じて、総合的研究能力を養います。

閉じる

学べること

危機管理学科(仮称)※1

リスク管理や危機管理能力に関する専門知識を備える

総合危機管理(企業・公務員)コース、消防官・地域防災コース、警察官・犯罪科学コース、自衛官・安全保障コースの4コース体制で、さまざまなリスクや危機管理について学び、一般企業から地方自治体などで社会に役立つリスク・危機管理のジェネラリストを育てます。

【総合危機管理(企業・公務員)コース】
リスクと危機に対応する方法を総合的に学び、また、地方公務員や国家公務員など公務員として必要な能力を習得します。
【消防官・地域防災コース】
自然災害から産業・都市型災害など災害現場で役立つ知識と技能を習得し、消防官や地域の防災リーダーをめざします。
【警察官・犯罪科学コース】
犯罪の少ない安全・安心なまちづくりを目的に、警察官として活躍できる科学的な知識と技能を身に付けます。
【自衛官・安全保障コース】
国の安全を守るために必要な知識と経験を積み重ね、国民生活を支える公務員に必要な専門知識とリスク・危機管理能力を備えた人材を養成します。

閉じる

保健医療学科(仮称)※2

医療に特化した危機管理を理解し、対処する知識の習得をめざす

臨床検査学、臨床工学、救急救命学の3コース体制により、人の健康と生命を守るための知識と技術を学び、チーム医療、医療安全、災害医療を柱とした危機管理の素養を持った医療技術者を養成し、医療現場における安全管理や災害発生時の保健医療活動に貢献します。

【臨床検査学コース】
検査データの提供はもちろん、データの解析能力、医療安全や災害医療などの知識を持ち合わせた臨床検査技師を養成します。また、これらに加え、遺伝子関連検査の知識と技術を身に付け、先端医療に貢献する臨床検査技師を養成します。
【臨床工学コース】
危機管理の知識を持つ臨床工学技士と共に、災害時に医療スタッフとして活躍できる、命を守るエンジニアを養成します。
【救急救命学コース】
災害や感染症を理解し、救急医療に対する心・技・体を兼ね備えた、ハイレベルの救急救命士を養成します。

閉じる

航空技術危機管理学科

工学や航空機の安全管理の技術を学ぶ

危機管理の素養と工学的な知識をあわせ持ち、機械や機器の開発から航空機の運航に至るまで、災害や事故に強い安全な社会の実現に貢献できる人材の養成をめざします。

【パイロットコース】
航空機を安全に運行するために必要な航空機に関する知識を修得し、いかなる場においても卓越する操縦技術をもつ人材を養成します。危機管理の素養を基に、エアラインにおいて安全運航を支える運行管理者、整備士、客室乗務員等と適切なコミュニケーションを図ることのできるパイロットの人材を養成します。
【航空整備コース】
航空機に使われている技術・構造・エンジン・装置など幅広く学修し、航空機の安全運航を整備面からサポートする人材を養成します。設計技術・製造技術を学び、安全に安心して使うことができる航空機の部品や機器の開発に携わることができる人材を養成します。
【防災技術コース】
危機管理の知識を習得し、現場で人命救助などに運用される車両や機械の開発ができる人材を体験や実習を通じて養成します。
【風力発電コース】
風力発電システムのメンテナンス技術を基礎から修得。クリーンで安全な電力を支えるエンジニアを育てます。

閉じる

動物危機管理学科※3

人と動物をつなぐプロフェッショナルをめざす

動物危機管理学科では、人と動物がどのようにして関わっているのか、さまざまな動物を通じて学ぶことができます。特に、動物も人も感染する感染症に関する勉強や、野生動物とどのように向き合っていくか、また、実験動物や伴侶動物、産業動物の福祉について学ぶことができます。

閉じる

アドミッションポリシー

入学者受入方針

危機管理学科(仮称)
〈求める人物像〉
1.リスク・危機管理に関する知識と技術を学び、安全・安心な社会の構築に寄与したいという意欲のある者
2.人文・社会科学分野の基礎的知識を備えている者
3.自然科学分野の基礎的知識を備えている者
4.コミュニケーション能力を有する者

保健医療学科(仮称)
〈求める人物像〉
1.医療分野(臨床検査学・臨床工学・救急救命学)に関する専門知識と技能を身に付け、チーム医療を通して安全・安心な社会の構築に寄与したいという意欲のある者
2.自然科学分野の基礎的知識を備えている者
3.人文・社会科学分野の基礎的知識を備えている者
4.コミュニケーション能力を有する者

航空技術危機管理学科
〈求める人物像〉
1.航空機の運航又は防災に関する専門知識と技能を身に付け、安全・安心な社会の構築に寄与したいという意欲のある者
2.自然科学分野の基礎的知識を備えている者
3.人文・社会科学分野の基礎的知識を備えている者
4.コミュニケーション能力を有する者
 さらに、パイロットコースを目指す場合は、上記の条件に加えて基礎的な英会話能力及び操縦適性を有する者

動物危機管理学科
〈求める人物像〉
1.ヒトと動物の共存・共生できる安全・安心な社会の構築に寄与したいという意欲のある者
2.自然科学分野の基礎的知識を備えている者
3.人文・社会科学分野の基礎的知識を備えている者
4.コミュニケーション能力を有する者

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】千葉県銚子市潮見町3番
入試広報室
(0479)30-4545
【受験生ホットライン】0120-919-126
 【URL】http://www.cis.ac.jp

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ