×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

にほんじゅういせいめいかがく

日本獣医生命科学大学

私立大学 東京都

獣医学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

獣医学科(80名)
獣医保健看護学科(100名)

所在地

獣医学科
  1~6年:東京
獣医保健看護学科
  1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●【獣医学科】
多岐にわたる分野で活躍でき、そして従来の獣医療にとらわれず、
新たな治療法・予防戦略を見出せる獣医師の育成を目指す
●【獣医保健看護学科】
日々進歩する獣医保健看護学の教育・研究を行い、
社会に貢献できる獣医療技術者(動物看護師等)を育成する
●万全のサポート体制で資格試験合格をめざす

高度化する獣医療に対応できる実践力のある獣医師および動物看護師などの獣医療専門技術者を養成します。

【学生数】978名(2019年5月1日現在)
【専任教員数】85名(2019年9月1日現在)

獣医学科

講義・学問分野

獣医解剖学、獣医生化学、獣医病理学、獣医微生物学、獣医倫理学、獣医寄生虫病学、獣医薬理、獣医内科学総論、獣医外科学総論、獣医臨床繁殖学実習、獣医画像診断実習、野生動物学、魚病学、獣医疫学、公衆衛生学総論など

閉じる

獣医保健看護学科

講義・学問分野

動物生化学、動物微生物学、動物形態学、動物薬理学、動物機能学、動物栄養学概論、動物内科看護学、動物臨床検査学、動物医療センター実習、動物トレーニング学実習、野生動物学、公衆衛生学、動物心理学、動物介在療法論など

閉じる

学部の特色

【獣医学科】
多岐にわたる分野で活躍でき、そして従来の獣医療にとらわれず、
新たな治療法・予防戦略を見出せる獣医師の育成を目指す

獣医学は産業動物や伴侶動物の医療をはじめ、ヒトが口にする食品を安全かつ安心に提供するための動物衛生および公衆衛生といった分野にも深く携わっています。また、動物からヒトに感染する人獣共通感染症の感染防御や野生動物保護においても獣医学の知識が要求されます。本学獣医学科は、多くの研究室からなり、基礎、臨床、応用の獣医学をシステマティックに学ぶことができます。低学年では、解剖学、生理学を始めとする基礎獣医学を学びますが、これは臨床獣医学を高学年で学んでいく上で非常に重要です。この間、座学の講義科目を履修した後、各科目の実習を履修していきます。本学は都心にある都合上、産業動物の実習は付属牧場である富士アニマルファームにおいて実習を行い、さらにvetCBTとvetOSCEに合格したスチューデントドクターとして参加型臨床実習(小動物臨床実習、産業動物臨床実習)を高学年で行います。これら大学時の学問を通じて、将来多岐にわたる分野で活躍できる獣医師を目指します。また、従来の獣医療にとらわれず、新たな治療法・予防戦略を見出せる獣医師になることを期待します。

閉じる

【獣医保健看護学科】
日々進歩する獣医保健看護学の教育・研究を行い、
社会に貢献できる獣医療技術者(動物看護師等)を育成する

獣医保健看護学科は、愛玩動物・産業動物・野生動物等のケガや看護ならびに動物の健康を維持するための疾病予防、動物衛生、環境保全、さらには動物福祉について広く学べる獣医系大学に初めて設置された4年制の学科です。
学びの領域は、大きく4つに分かれ、「獣医保健系」の科目では、動物の疾病の成り立ちを、「臨床動物系」の科目では動物の臨床看護を、「環境保全系」の科目では、野生動物と環境保全を、「動物福祉系」の科目では動物と社会の関わりを総合的に学びます。私達は4年間の学びを通して、的確な判断力・対応力を養い、獣医保健看護学の高度な専門知識と技術、生命倫理感を備えた獣医療技術者(動物看護師等)を社会に送り出したいと考えています。
卒業生は動物病院のみならず、衛生検査・動物管理関連機関、動物検疫所、医学品・食品・飼料・生活用品製造企業、野生動物の保護・管理施設などの様々な就職先で活躍しています。また、大学院獣医保健看護学専攻博士課程が設置されている事も特色の一つです。
皆さんと共に「獣医保健看護学」の素晴らしい未来を築き上げて行きたいと、切に願っています。

閉じる

万全のサポート体制で資格試験合格をめざす

両学科とも動物に関連した専門的な資格が取得可能です。獣医学科は獣医師国家試験の受験資格が取得できます。教員と6年次学生の双方に「国家試験対策委員会」が設けられ、教育体制の強化や学習環境の整備など、合格に向けて相互に協力しながら対策を進めています。また獣医保健看護学科では、愛玩動物看護師やペット栄養管理士、バイオ技術者などの受験資格を取得することができます。

閉じる

学べること

獣医学科

獣医学科のカリキュラムの特色

獣医学科は、以下の方針で教育課程を編成し、実施しています。
初年次教育として、自然科学、語学および人文社会系の教養教育とともに、概論を通して獣医学の幅広い分野と社会が求める獣医師との関係を理解し、基礎獣医学科目を一部配置することにより獣医学に対する知的好奇心をもって能動的学修に励めるよう導入教育を実施します。専門教育として、2年次より基礎獣医学および病態獣医学に関連する科目、3年次からは疾病予防獣医学および臨床獣医学の科目を配置し、獣医師としての基本的な専門知識と技能を修得します。さらに4年次以降の公衆衛生関連実習および参加型臨床実習においてはより実践的な思考能力や判断力および技能を身につけることを目的とします。加えて、3年次より研究室に配属し、卒業論文のための実験・研究を通し自分の学修課題を見出して解決する能力を養成します。
また、「動物福祉学」、「獣医倫理学」、「獣医事法規」を学ぶことで生命倫理を踏まえた獣医師として、誠実・公正なる判断力と対応力を養います。
キャリア教育として社会での実践的な獣医師の役割を体感する「学外実習」を提供し、社会的・職業的自立をめざします。
(専門分野毎の到達目標)
・基礎獣医学:主要動物の身体の発生、正常な構造、機能を理解し説明できる。また、獣医師の社会的役割を理解し、獣医倫理を実践に応用できる資質を身につける。
・病態獣医学:獣医臨床および公衆衛生に関わる病因、病態を理解し説明できる。
・応用獣医学:産業動物や伴侶動物および実験動物の環境衛生、疾病予防を理解し説明できる。また、公衆衛生の基本的な考えを理解し、人の健康増進、野生動物を含めた地球環境保全に必要な知識を身につける。
・臨床獣医学:主要疾患の病態や病因、診断、治療の基本的な知識を修得し説明できる。また、獣医師として適切な態度と行動を身につける。

閉じる

獣医保健看護学科

獣医保健看護学科のカリキュラムの特色

獣医保健看護学科は、以下の方針で教育課程を編成し、実施します。
初年次教育として、幅広い人格形成を助けるため自然科学、語学および人文社会系の教養教育を行うとともに動物看護、獣医保健領域の概念を理解させ、能動的学修に励むよう導入教育を実施します。また、社会福祉系の科目を学ぶことで社会構造と生命倫理を踏まえた誠実・公正なる判断力と対応力を養います。専門教育科目を1年次より順次配置し、3年次以降は学生が将来を踏まえ選択した専門分野において卒業研究等により、高度な専門知識と技能を修得させます。加えて、卒業研究をとおして協調性やコミュニケーション能力を養成し、キャリア教育として動物病院や動物園での実習の場を提供し、社会的・職業的自立をめざします。
(各専門分野の到達目標)
・臨床動物看護系:各種疾病の病態および症状を理解し、対処方法および予防法を説明できる。チーム獣医療の一員として動物医療に関わる知識を有し、動物看護の技術を身につける。
・獣医保健系:獣医療に関わる動物の生理・解剖、疾病の原因、病態を理解し、動物の健康増進、疾病予防、早期発見・早期処置に関わる知識と技術を身につける。
・環境保全系:野生動物、環境衛生の知識を有し、公衆衛生活動および野生動物保護活動の技術を身につける。
・動物福祉系:動物福祉の現状、関連法規を理解し、動物介在活動の知識と技術を身につける。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都武蔵野市境南町1-7-1
入試課
(0422)31-4151(代)
 【URL】https://www.nvlu.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ