ほしやっか

星薬科大学

私立大学 東京都

薬学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

薬学科(260名)
創薬科学科(20名)

所在地

創薬科学科
  1~4年:東京
薬学科
  1~6年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●1年次から「座学」と「実習」の2軸により深い理解へと繋げる
●「実習」と「研究」に没頭する時間が「考え抜く力」「問題解決能力」を育む
●最先端の施設・設備で学ぶ

1年次よりスタートする豊富な実習や、研究室における研究活動を通して、「自ら考え、答えに到達する力を備えた薬剤師」及び「豊富な知識、確かな技術力、高い人間性を備えた開発・研究者」の育成をめざします。

【学生数】1819名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】86名(2017年5月1日現在)
【大学院】薬学研究科

薬学科

講義・学問分野

薬学の心構え、有機化学、分析化学、生化学、機能形態学、薬理学、薬物動態、薬物治療の個別化・最適化、疾患・有害事象の症候、病院・薬局実務実習、海外薬局研修、漢方治療学、プライマリケア学、薬事と行政など

閉じる

創薬科学科

講義・学問分野

薬学の心構え、有機化学、分析化学、生化学、機能形態学、薬理学、薬物動態、研究倫理、創薬系実習、医薬品開発と生産の流れ、製剤化のサイエンス、有機構造解析学、医薬品の安全性、創薬の現状と規範など

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページでご確認ください。

閉じる

学部の特色

1年次から「座学」と「実習」の2軸により深い理解へと繋げる

1年前期に「研究入門」という科目が開講され、講義では、実験・研究活動に必要な知識を、技能では、個別実習、個別評価によるフィードバック及びSGDでのプレゼンテーションと質疑応答等を通して、研究活動に必要な知識、技能を習得します。

閉じる

「実習」と「研究」に没頭する時間が「考え抜く力」「問題解決能力」を育む

「実習」では、実験プランの組み立てから考察まで、学生自身が考え、実施します。3年次からは、研究室に配属となり、トライ&エラーを繰り返しながら薬学人としての知識・技量を深めていきます。学会に参加し、自らの研究成果を発表するチャンスも多くあります。

閉じる

最先端の施設・設備で学ぶ

星薬科大学では、現代社会を牽引するイノベーション創出のため教育・研究環境づくりを進めており、国内外の大学や病院、研究所などと連携・共同研究を行い首都圏エリアの最先端研究ステーションの役割を果たす「先端生命科学研究センター」と、製薬企業や食品関連企業・団体などと連携し、シーズ探索から試験計画・実施、出口戦略までを一元サポートする「生命科学先導研究センター」を配置しています。

閉じる

学べること

薬学科

医療の最前線で活躍する薬剤師を養成する一方、薬剤師国家試験のストレート合格をめざす

5年次からは、コースに分かれた学びになります。研究を深める「薬学研究コース」や海外での薬局実習(約1か月)のチャンスもある「臨床薬学コース」など4つのアドバンスト・コースがあり、志望進路に合わせ、スキルアップしていきます。
一方で、薬剤師国家試験については、ストレート合格をめざし、1年次から4年次にかけて「反復学習」の講義を用意しています。前の学期で履修した講義の修得度を国家試験の出題傾向に沿った演習により理解度を確認していくことで、自己のウィークポイントを把握し、着実にステップアップしていきます。

閉じる

創薬科学科

早期から研究の現場に触れ、少数精鋭教育で実践力を研く

1年次から研究室を体験できる「研究体験学習」というプログラムを用意しています。興味のある研究室に最大2週間程度仮所属し、研究室での学びの内容や生活を実際に体験することが可能となっています。
また、1学年20名という少人数制により、低年次より、大型の専門機器を使用した実習を行うことができ、最新の実験方法や分析・解析方法を確実に修得していきます。

閉じる

アドミッションポリシー

入学者受け入れ方針

本学の教育理念は、創立者 星一(ほしはじめ)の建学の精神に基づき、「本学は世界に奉仕する人材育成の揺籃である」と定められています。この理念に基づき「薬学科」(6年制)は、「臨床の場において高い倫理観と高度な専門性を発揮できる薬剤師の養成」を、また、「創薬科学科」(4年制)は、「薬学の基礎として生命・健康を科学し、創薬研究・開発に携わる人材の育成」を目的としていますが、いずれの学科においても、薬学を総合的に学ぶためには幅広い視野と知識が求められます。また、海外文献を読みこなしたり、外国語によるコミュニケーション・スキルの習得も必要不可欠であり、高等学校時代に特に自然科学系分野の科目と外国語をしっかりと学習しておくことが薬学部での充実した学習の実現につながります。
本学では、入学志願者の能力・適性等を多面的に判定するために複数の選抜制度を設けており、将来、薬学の様々な分野においてリーダーシップを発揮できる意欲的な学生を受け入れることを目指しています。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ