やまざきどうぶつかんご

ヤマザキ動物看護大学

私立大学 東京都
2018年4月ヤマザキ学園大学より名称変更

みんなのQ&A

学部・学科・研究に関するQ&A

どのような授業があるのですか?

くさび形教育で基礎から専門知識まで体系的に学びます。 

本学では、教養科目と専門基礎を土台に、専門応用を積み上げるカリキュラムを編成。また、4年間を通して実習を行うことによって互いを強固につなぐ「くさび形教育」を実施しています。1年次から教養科目だけでなく実習を含む専門基礎科目を取り入れることによって、早い時期から動物看護に興味を持ち、2年次から始まる専門科目にスムーズに移行できるよう配慮しています。4年間を通した実習では、一般の飼い主さんからお預かりしたモデル犬で学びます。コンパニオンアニマルであるイヌは愛情あふれる家族の一員として家庭で飼われているのが本来の姿であり、授業で使用するイヌを実験動物とは考えていない動物愛護に基づいた教育のためです。モデル犬登録数は3500頭を超え、さまざまなイヌを4年間扱うことにより、犬種に合わせた技術と知識を培うことができます。

閉じる

就職・資格・進学に関するQ&A

大好きな動物たちのためにできることは何ですか?

豊かな人間性と高い教養を備えた動物の専門家になることです。

動物医療および動物看護の技術が高度化し、動物看護師が果たす役割も多様化し重要になってきています。これまで動物看護師は、獣医師の直接的な指示のもとで看護や動物医療の補助を行ってきましたが、コンパニオンアニマルの飼育頭数の増加や診断および治療がより複雑になってきている現在、専門的で幅広い知識や技術を持ち、適切な動物の飼育管理を飼い主さまに指導できる有能な動物看護師が必要となっています。このような社会のニーズに応えるため、ヤマザキ学園大学は2010年4月に国内で初めて「動物看護学部」を設置する大学として開学しました。本学がめざすのは、今後ますます進む動物看護の高度化と専門化に対応し、豊かな人間性と幅広い視野を備えた動物看護師の養成です。 このような動物看護師は動物病院だけではなく、医療研究所、動物関連企業、社会福祉施設など、さまざまな分野で必要とされています。以上のことをふまえ、自分は動物のために何がしたいのか、どのように社会で動物と関わりたいのかといったことを自分自身に問いかけ、また社会情勢に目を向け、将来のビジョンを描いてみてください。

閉じる

入試に関するQ&A

オープンキャンパスには参加したほうがよいのですか?

本学への理解を深めるためにも、参加をおすすめしています。

オープンキャンパスは、本学で学ぶ内容や学生生活などについて理解する最適な催しです。また、模擬授業はもちろん動物看護実習やコンパニオンアニマルケア実習など、4年間を通して実施される本学の実習を体験することにより、入学後のミスマッチを防ぐことにもつながります。また、在学生がスタッフとして参加しているので、授業やアルバイト、サークルについてなど、気軽に相談できます。入試や学費についての相談には、専門の職員・教員が対応します。遠方からお越しの方には、本学と提携している学生寮の体験入寮をおすすめしています。食事も提供されますし、先輩との交流もあるので、学生気分を先取りできます。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

疑問や不安を解決するために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ