あいちがくせん

愛知学泉大学

私立大学 愛知県

家政学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

家政学科/家政学専攻(40名)
家政学科/管理栄養士専攻(80名)
家政学科/こどもの生活専攻(70名)

所在地

1~4年:愛知

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●体験型授業で実践力を育む「家政学専攻」
●管理栄養士国家試験合格率100%をめざす「管理栄養士専攻」
●小・幼・保、3つの免許・資格を卒業と同時に取得「こどもの生活専攻」

本学部では、基礎学力および家政に関する基礎的・体系的な知識と技術を修得します。さらに、社会人としての基礎力を総合的に身に付け、職場や地域の活性化に貢献できる人材を育成します。

【学生数】694人(2017年5月1日現在)
【専任教員数】37人(2017年5月1日現在)

家政学科/家政学専攻

講義・学問分野

食品加工学、インテリアデザイン、被服実習、基礎調理実習、色彩学、住宅計画、コミュニケーション論、英会話、メディア論、ファッション造形学、調理学実験、フードコーディネイト実習 など

閉じる

家政学科/管理栄養士専攻

講義・学問分野

調理科学、解剖・生理学、食品学実験、基礎栄養学、栄養計画論、公衆衛生学、微生物学、臨床医学、運動生理学、基礎栄養学実験、応用栄養英語、食品・メニュー開発実習 など

閉じる

家政学科/こどもの生活専攻

講義・学問分野

保育原理、教育制度論、保育内容総論、こども音楽、こども図画工作、乳児保育、児童家庭福祉、発達心理学、家庭支援論、こども言語、こども体育、教育実習、幼小連携 など

閉じる

学部の特色

衣・食・住の分野で体験型授業を展開!

体験型授業で実践力を育む「家政学専攻」

家政学専攻では、3年次から「生活スタジオ」と呼ばれる体験型授業で実践力を育みます。学生たちでテーマを設定し、地域や企業とコラボしながら新しい商品やサービスなどを提案します。教室を飛び出して地域社会の問題や課題を解決する新しい学びの形です。
これまでの活動は、岡崎市康生通りマスコットキャラクター制作「化け猫」、キャンドルナイトイベント、地元食材・地産地消・食育推進カフェ「はらぺこカフェ」運営、岡崎信用金庫ディスプレイ、岡崎市和紅茶PR活動などを行いました。

「衣」・「食」・「住」の分野では、具体的に以下のような内容を学びます。

【衣】モノづくりの技術と感性、創造力を磨く
デザイン・素材・パターンなどモノづくりについての知識・技術を身に付け、流行やマーケティング、アパレル産業などを学んで理論と実践の両面からファッションを考えます。ファッションの作り手からショップ経営者まで、ファッション業界をめざすために必要な知識と技術をトータルに学びます。

【食】食と栄養の専門知識と、創る技術を学ぶ
遺伝子組み換え食品や健康食品など、多様化する食品分野の中から「食生活」を学び、食品の安全・調理・食器や食空間など広い意味での「食文化」を学びます。消費者サイドに立った流通や消費に関しても学び、食品の専門職「フードスペシャリスト」の資格を得るための科目を設置しています。

【住】快適な生活空間を創る感性と、理論を身に付ける
寝る・食べる・くつろぐ・集うといった生活行為の連続性を捉え、住居のあり方を学ぶカリキュラム。住居そのものを「生活行為を包み込む器」として、住むことやインテリアについて学びます。デザインや造形の基礎も学び、プロ仕様のソフトを使用するCGなども実践します。

閉じる

「国家試験全員合格」を目標に独自のプログラムを実施

管理栄養士国家試験合格率100%をめざす「管理栄養士専攻」

管理栄養士専攻では、チーム医療の一員や健康増進・疾病予防の担い手、食育・栄養指導のコーディネーターとして、また、食品開発や研究分野で活躍できる管理栄養士の養成を目標にカリキュラムを設定しています。医学の進歩に対応し、臨床栄養に関する教科を充実させています。
【管理栄養士国家試験対策】
“国家試験全員合格”をめざし、1年次から徹底した教育プログラムを実施しています。1年次には、管理栄養士の職業観や働く意義などを学び、管理栄養士への理解を深めます。3年次後期から4年次では、「模擬試験」「スーパー特訓講座」「直前対策講座」などの本格的な国家試験対策を行い、試験に備えます。
この結果、毎年、全国トップクラスの国家試験合格率を挙げています(第31回管理栄養士国家試験合格率:95.2%)。

●食を通して医療に携わる医学的知識を身に付ける
医療現場の管理栄養士には、患者の状態把握や適切な栄養補給を指導・管理する能力が求められます。そこに必要な医学的知識や医薬品との相互作用、サプリメントの知識などを修得します。チーム医療の一員として活躍できる知識と能力を身に付けることができます。

●全ての人の健康を支える専門知識と技術を修得
学校や福祉施設、地域での集団給食管理と栄養指導を行うため、健康保持を目的とした栄養知識に加え、生活習慣病の予防など、幅広い年齢層とライフスタイルに対応できる専門知識と技術を修得。卒業後は「最も身近な栄養管理指導者」としての活躍をめざします。
そのため、食品メーカーや外食産業、製薬会社で求められる素材の調理法や安全性といった多様な課題から、食品開発における品質管理や食品の成分分析まで、食品開発・研究のための知識と技術を身に付けます。

閉じる

幼児期から小学校までの12年間の教育の連携を学ぶ

小・幼・保、3つの免許・資格を卒業と同時に取得「こどもの生活専攻」

こどもの生活専攻は、小学校教諭一種免許状、幼稚園教諭一種免許状、保育士の3つを卒業と同時に取得できます。「幼稚園と保育所の一元化」や「小・幼・保の教育連携」など、子どもを取り巻く環境が大きく変化している中で求められるのは、高度な専門教育を受け、かつ社会力を兼ね備えた人材です。
本専攻では、幼児期から小学校までの12年間の“教育の連携”を学び、現場で生かせる能力を身に付けます。

●学びの意欲と深化をめざす、子どもたちとの触れ合い
3つの附属幼稚園や近隣地域の小・幼・保と連携し、日常的に子どもと関われる環境を整えています。また地域の施設などで子どもたちとの触れ合い活動も積極的に行い、実践的な技術を身に付けます。

●本学独自の採用試験対策プログラム
1年次から段階的に基礎学力の向上に取り組むほか、小学校の教諭をめざす学生をサポートする「小学校教師塾」を行っています。また、公務員試験対策講座も開講し、万全の就職支援体制を整えています。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

テーマ設定、調査、提案・発信のサイクルを体験

家政学科/家政学専攻

「衣」「食」「住」の分野で、新しい商品やサービスを提案

ファッションデザイン、調理学、インテリアデザインなどの専門科目によって、衣・食・住に関する専門知識・技術を身に付け、新しいライフスタイルが提案できる人材を育成します。3年次に行う体験型授業「生活スタジオ」では、地元食材を使ったメニュー開発や地域活性化のイベントなどを地域・企業と連携して新しいサービスの実現化に向けて活動し実践力を育みます。
また、中学校・高等学校の家庭科教諭の養成校としても伝統ある専攻です。

【授業・講義】
実社会で生きる力を身に付ける 「生活スタジオ」(体験型授業)

地域社会や企業が持つ課題に対して、学生と教員がチームを組んで解決に向かって活動します。「地元食材を使ったメニュー開発」や「服飾文化の継承」など、学生自らテーマを考え、参加することによって、専門的知識や技術をさらに高めます。

閉じる

実際の業務を体験できる貴重な機会

家政学科/管理栄養士専攻

人々の「健康」を支える人材を育成

学ぶ領域は「チーム医療」「健康増進・疾病予防」「食育・栄養指導」を各専門科目から修得します。専門科目の基礎となる「生物・化学」においても1年次に「基礎・応用」(生物・化学)を設置してサポートします。卒業後の就職先は病院、福祉施設、食品関連企業です。
また、栄養教諭の免許を生かして、小・中学校の教員として活躍する人も多くいます。

【授業・講義】
管理栄養士の仕事を体験する 「キャリア教育」

3年次から実践活動に力を入れ、希望する4分野から選択して、専門的知識や技能を高めます。分野は医療現場を希望する「臨床栄養」、高齢者や保育などを希望する「福祉栄養」、新商品の開発などを希望する「食品メニュー開発」、地域や学校などの食育などを希望する「地域栄養・食育政策」です。それぞれ学外で活動も行い、管理栄養士の職域を理解し、学修を深める活動を行います。

閉じる

学んだ知識や技術を実習で発揮

家政学科/こどもの生活専攻

万全の就職支援体制により幅広い進路選択が可能

小学校教諭一種免許状、幼稚園教諭一種免許状、保育士と、3つの免許・資格を卒業と同時に取得できます。4年後を見据え、1年次から独自の採用試験対策プログラムを実施。万全の就職支援体制を整えています。
卒業後は、公務員をはじめ、私立幼稚園・保育所、施設など、専門職へ高い就職(進路)実績を収めています。

【授業・講義】
学んだ知識や技能を発揮する「エクスターンシップ」

実践力を高める活動として、3年次に「エクスターンシップ」を導入しています。希望する進路(小学校、幼稚園、保育所、子育て支援センター)を週1回訪問し、授業の補助や絵本の読み聞かせなどを行います。また子育て支援センターでは未就学児と保護者へのイベントの開催などを行います。それぞれで学生たちが現場を知ることによって将来へ生かします。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】愛知県岡崎市舳越町上川成28
入試広報室
(0564)34-1215(直)
 【URL】http://www.gakusen.ac.jp/u/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ