×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

どうほう

同朋大学

私立大学 愛知県

文学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

人文学科(60名)
仏教学科(10名)

所在地

1~4年:愛知

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●さまざまな視点から「人間」を考察し、より深く追究することにより自分を磨く
●「人間」について深く学び、現代社会を生きていく力を養う
●「海外文化研修」で異国の仏教文化に直接触れる

“人間とは何だろう”という疑問から出発し、文学、歴史、文化、仏教を素材に、文献(研究)だけでなく多様なフィールドワークなどを題材に学び究めます。「人文学科」と「仏教学科」の2学科を設置しています。

【学生数】337名(2019年5月1日現在)
【専任教員数】15名(2019年5月1日現在)
【大学院】人間学研究科 仏教人間学専攻

人文学科

講義・学問分野

歴史文化、日本文学、中国思想、欧州文学、アジア文化、仏教美術、文章表現 など

閉じる

仏教学科

講義・学問分野

真宗史、七祖教義、仏教経典史、仏教経典学、仏教史、仏教漢文基礎学、漢文基礎学、アジア現代事情 など

閉じる

学部の特色

人文学科、仏教学科で「人間」について学び、探究する

さまざまな視点から「人間」を考察し、より深く追究することにより自分を磨く

「人間とは何だろう。」そんな疑問から出発し、仏教思想や歴史、文化、言語などを素材とし、文献(研究)はもちろん、多様なフィールドワークなどを題材に学び究めます。人文学科と仏教学科の2学科体制のもと、あなたの興味・関心に沿った多様な学びを通じ、「人間」について知り、探究することを目的としています。

閉じる

文学・歴史・文化・仏教について広く、深く学ぶ

「人間」について深く学び、現代社会を生きていく力を養う

人文学科
<日本文学専攻>
上代、中古から中世、近世、近現代にいたるさまざまな時代の日本の文学や言葉について、幅広く専門的に学ぶことができます。各時代の文学作品にふれ、内容を深く理解することで、人や社会の本質に迫ります。文字・言葉・文体といった国語学の視点からも、日本の文化をひもときます。

<歴史文化専攻>
日本・アジア・ヨーロッパなどの歴史的現象を多角的な視点から学び、研究していきます。特に、人間の生活に根付いた文化的営みに注目していくのが「歴史文化専攻」の学問的な特徴です。

<現代教養専攻>
世界の文学や思想・文化を、広い視点から深く学びます。中国文学、英米文学、西洋思想など、特定の地域や時代について深く研究するとともに、世界の歴史・思想・文化・美術・芸能・現代事情などを学びます。

仏教学科
「真宗学」と「仏教史学」の2つの分野を設けています。「真宗学」では、浄土真宗を開いた親鸞があきらかにした本当の人間の救いとは何かを学び、現代社会を生きていく力を養います。
「仏教史学」では、仏教の発祥地インドからアジア諸地域、そして日本における人々の暮らしに根付く仏教文化・思想を学びます。

閉じる

海外文化研修では、海外の仏教文化に実際に触れることができる

「海外文化研修」で異国の仏教文化に直接触れる

同朋大学では毎年(原則)、海外文化研修を行っています。現地で教員と共に学ぶ海外文化研修では、文化的・歴史的な価値の探求のため教員と海外の史跡を訪問します。文学部仏教学科で企画しますが、同朋大学の学生であれば誰でも参加できます。近年はインドに行くことが多いです。海外の仏教文化に直接触れることのできる、またとない機会です。諸条件を満たせば、「海外文化研修」の単位を2単位修得できます。

閉じる

学べること

「歴史」を深く知れば知るほど、豊かな「未来」が見えてくる。

人文学科

さまざまな文化の変遷を学び、人の営みについて考える

日本・アジア・ヨーロッパなどの歴史的現象を多角的な視点から学び、研究します。民衆の思想や生活文化史を学ぶことで歴史のリアリティーを感じ取り、人間の多様性への理解を深めます。

【授業・講義】
「歴史文化概論」

歴史とは何か、歴史学とはどのような学問かを考え、学ぶ講義です。また歴史学を研究する上で必要な理論と方法論を学んでいきます。高校までの「記憶する」歴史から「考える」歴史へと転換していきます。

閉じる

インドの歴史や文化について幅広い切り口で学ぶ

仏教学科

広く仏教の思想・歴史・文化を学び、「人が生きる意味」を考えていく。

仏教を学ぶことは、単に仏教の知識を得るだけでなく、「人間とは何か?」「私が本当に人間として生きていくとはどういうことか?」を深く考えていくことです。親鸞が開いた浄土真宗を中心に仏教を学びながら、自己と社会との関係性を考え、真理を探求します。

【授業・講義】
仏教史(インド)

仏教が、その発祥地であるインドにおいてどのような歴史的展開を遂げたか、その流れを概説します。ブッダの登場から大乗仏教の興起までを中心に講義します。

閉じる

アドミッションポリシー

本学部の求める人物像

●人文学科
〔使命と教育理念〕
建学の理念である「同朋和敬」の精神に基づき、社会的な価値観に埋没しがちな個性の存在価値を大切にします。文学・歴史・思想・文化の各分野におけるアカデミックな教育を基盤に、人間そのもののあり方を考えるための普遍的な真理を探究するとともに、混迷する今という時代を生きるための「教養力」「思考力」を育むことが本学科の教育目的です。
〔期待する学生像〕
「日本文学専攻」「歴史文化専攻」「現代教養専攻」共に、普遍的な真理を探究することを目的とするのは言うまでもありませんが、現実社会に生きることをも意識し、両者の接点において自己発見をしてもらいたいと願い、次のような人を求めます。
1. 知的関心が高く、その充実に喜びを感じられる人。
2. 自己の内面に問いかけ、人間存在の価値を内証しようとする人。
3. 人文学を通して社会を見つめ、主体的に生きようとする人。
〔高校段階での修得が望ましい教育内容〕
1. 国語(現代文、古文・漢文)、地理歴史、公民、外国語(英語)に興味を持って積極的に学んでいること。
2. 読む・書く・考える等の基礎的能力を身につけていること。


●仏教学科
〔使命と教育理念〕
建学の理念である「同朋和敬」の精神のもと、親鸞の視座を根幹として、浄土真宗の教えに深く人間を学び、広く仏教の歴史・文化・思想を学ぶことで、現代社会を健やかに生きていく力を持つ人が成長する教育に取り組むのが本学仏教学科です。
〔期待する学生像〕
1. 一人ひとりの「いのち」を大切にし、お互いの異なりを認め合い、敬い合うことで和し、真の平等たる人間関係(同朋)を実現していく「同朋和敬」の精神に共鳴する人。
2. 親鸞の視座を大切にして学び、仏教精神に基づき本当の意味で人間として生きることを真摯に問いたずねようとする人。
〔高校段階での修得が望ましい教育内容〕
1. 浄土真宗・仏教への素朴な興味を持っていること。
2. 読む・書く・考える基礎的能力を身につけていること。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】名古屋市中村区稲葉地町7-1
入試・広報センター
(052)411-1247(直)
 【URL】https://www.doho.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ