にほんふくし

日本福祉大学

私立大学 愛知県

先輩の学生生活体験記

プロフィール

情報技術で地域の医療福祉に貢献したい

プロフィール写真
  • 日本福祉大学
  • 健康科学部 福祉工学科 健康情報専修 ※2022年4月現在:福祉工学科 情報工学専修 卒業生
  • 鈴木純平さん
  • 五条高等学校
  • 2016年度卒業

先輩の学生生活体験記

高校時代の様子

高校時代は部活と勉強両方に力を入れて生活していました。部活のバレーボールでは仲間とともに声を掛け合い、苦しいときも全力で取り組みました。勉強では苦手な英語と得意な物理を頑張りました。英語は単語だけはしっかり覚えるために単語帳がボロボロになるまで使い込みました。物理は運動力学全般が楽しかったので進んで学習していました。当時熱中していたことはルービックキューブの早解きで、毎日のように練習していました。今では趣味となり大会にも出場したりしています。

閉じる

大学で頑張っている「学び」

プログラミングの授業に力を入れて取り組みました。その中でもデータベースを利用したwebサイト制作の課題に力を入れました。今まで学んできたことを少しでも多く取り入れて制作課題に挑戦することを目標にしました。できる限り想定した画面や動作になるように過去の参考書なども参考にして取り組んでいきました。HTML,CSS,php,MySQLなどさまざまなものを組み合わせて課題に取り組んだため、さらなる理解を深めることができたことと達成感を得ることができました。

閉じる

後輩へのアドバイス

学科、研究室、サークルなど、さまざまな人と深く交流することができ、とても充実した大学生活が送れる大学です。
私はこの大学に入学し、学ぶことができてよかったと心から思います。人の優しさや温かさを感じられる学部であり、入学前より人や周りのことに気づけるようになったと実感しています。
またやりたいことや苦手なことなど、自分の得意・不得意も見つけることができる場でもあると思うので何事にも全力で取り組むことができますよ。

閉じる

「+ふくし」の学びとは?未来に役立つ力を身につける

日本福祉大学は、8学部10学科を擁する「ふくしの総合大学」です。「いのち」に関わる健康・医療の分野、「くらし」を豊かにする経済・福祉の分野、「いきがい」ある人生を支える教育・発達の分野の学問を学び、現代社会のあらゆる領域で、それぞれの専門的能力を発揮し活躍できる「ふくし」のスペシャリストを育成します。
情報化やグローバル化、技術の進化によって、私たちの身のまわりのくらしも急速に変化しています。変わるということは、違いが起きるということ。相手を受け入れ、わかり合うという当たり前が、これからさらに求められていきます。だからこそ、「ふつうの くらしの しあわせ」を考える「+ふくし」の視点は、これからの未来を生きるチカラとなります。
★Webオープンキャンパス公開中です。ぜひ、未来に役立つ「+ふくし」の学びをチェックしてみてください。最新のイベント・入試情報は受験生サイトをご確認ください。

詳しくはこちら

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

先輩体験記をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

  • 「志望校」に登録して、
    最新の情報をゲットしよう!

    志望校に追加

リストに追加しました

ページの先頭へ