日本福祉大学/大学トップ|Benesse マナビジョン
学校パンフ取り寄せで図書カードGET

にほんふくし

日本福祉大学

私立大学 愛知県

大学トップ

ここに注目!
  • ふくしの総合大学として、社会・人を支える
  • 全国に広がる約8万人の卒業生ネットワークが強力支援
  • 「社会福祉士国家試験」現役合格者数は全国第1位!

大学の特色

ここでふくしを学んだ多くの卒業生たちが、社会で活躍している

ふくしの総合大学で社会が求める知識&技術を修得

社会に起こる問題は複雑で、その解決には多様な力が必要です。"ふくしの総合大学"である本学は、高度な専門知識を備え、万人の福祉のために行動する人材を社会のあらゆる分野へと送り出します。
「福祉」という言葉の本来の意味は”人間のしあわせ”。人々の暮らしや社会の仕組みを安心・安全なものにし、皆が生きがいを持って健やかに過ごせるようにするという、言葉の意味の大きさを感じてもらうために、本学では、平仮名で「ふくし」と表記しています。
「ふくし」を軸に「いのち」に関わる健康・医療の分野、「くらし」を豊かにする経済・福祉の分野、「いきがい」ある人生を支える教育・発達の分野を学ぶことができる学部・学科を設置し、現代社会のあらゆる領域で、それぞれの専門的能力を発揮し活躍できる「ふくし」のスペシャリストを育成します。

閉じる

企業や公務員・教員など、福祉・医療分野にとどまらない多彩な就職先

●卒業生に対する実就職率:97.1%! ※2017年3月卒業データ
●全国:Uターン就職に強い!
全国各地から学生が集まる本学では、卒業生の多くがUターン就職を実現!全国をカバーする同窓会や各地に設置された地域オフィスが、地元への就職を強力にバックアップします。
●多分野:あらゆる業界に進出!
福祉・医療分野はもちろん、公務員・教員から一般企業まで、あらゆる分野で卒業生は活躍しています。

閉じる

アドミッションポリシー

本学が入学者に求める人物像

伝える力
●自己の考えを効果的に伝えようとし、互いに理解しあえるようなコミュニケーションを進める意思を持っている人
見据える力
●幅ひろい視野で学ぶ意思を持ち、現在の「ふくし」の基本的事項を理解している人(多領域・多職種の参画など)
関わる力
●地域の現場で実践的に学ぶことに意欲を持つとともに、自己の将来について考える意思をもった人
共感する力
●他者の立場や意見を尊重する姿勢をもった人
地域社会に貢献する力
●地域に参画・貢献しようとする意志をもった人

閉じる

教育環境

広々としたキャンパスで、ゆったり静かに学べる

「美浜キャンパス」全ての学生が快適に学べるバリアフリーキャンパス

【社会福祉学部/子ども発達学部/スポーツ科学部】
東京ドーム約5.3個分という広大な美浜キャンパス。学生の学びの中心となるキャンパスセンター棟をはじめ、55万冊以上の蔵書を誇る図書館や文化ホールなど、学生生活を充実させる施設が満載です。2017年のスポーツ科学部の開設とともに、さまざまなスポーツ施設を完備したスポーツ科学部棟「Sports Lab SALTO」が新設されています。
また、美浜キャンパスは、点字サインや多機能トイレ、車イス用スロープなどの施設・設備を多数整えた「バリアフリーキャンパス」。全ての学生が快適に学べるよう配慮しています。
豊かな緑と美しい海のあるこのまちで仲間とともに学び、語り合いながら過ごす4年間が、あなたを大きく成長させてくれます。

閉じる

シンメトリーのスタイリッシュな校舎が、学習意欲をかき立てる

「半田キャンパス」地元の住民に生涯学習の場も提供している、地域に開かれた最先端キャンパス

【健康科学部】
世界的な建築家の手によるレンガ色を基調としたデザインの半田キャンパス。モダンな雰囲気で統一されています。特にリハビリテーション学科の学びの場である教育実習棟には、最新鋭の機器を多数設置し、さらに高度な学びが可能となりました。また、全ての校舎が渡り廊下でひとつにつながっており、バリアフリーキャンパスを実現。多様な関心を持つ学生が集い、互いに高め合いながら学んでいます。半田市との公私協力方式によるキャンパスで、学生と市民が交流しながら学んでいることも特色です。

閉じる

名古屋からも県外からも通学便利なキャンパス

「東海キャンパス」名古屋駅から約17分の便利な立地の、真新しいキャンパス

【経済学部/国際福祉開発学部/看護学部】
2015年4月にオープンした東海キャンパス。最寄りの名鉄「太田川」駅は名古屋駅まで17分、海外とのアクセス拠点となる中部国際空港まで19分の便利さです。太田川駅周辺には、東海市芸術劇場が入るユウナル東海やショッピングモールが整備されており、活気が生まれています。開放的な雰囲気を備えた校舎には最新の研究教育支援設備や防災設備が完備。地域社会との交流スペースも用意されています。

閉じる

学部

【2018年度実績】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

【2017年度入学者対象】初年度納入金

●社会福祉学部/1,309,660円
●子ども発達学部/1,309,660円
●健康科学部
○リハビリテーション学科
 理学療法学専攻および作業療法学専攻/1,855,800円
 介護学専攻/1,454,300円
○福祉工学科/1,455,660円
●経済学部/1,319,660円
●国際福祉開発学部/1,319,660円
●看護学部/1,939,800円
●スポーツ科学部/1,480,660円
※詳細は、「入学試験要項」などで必ずご確認ください。

豊富な奨学金制度で、学生の学ぶ意欲を応援

本学では、多くの学生が奨学金を利用。経済的に困難な状況にある学生の自立を支援する「経済援助学費減免奨学生」をはじめ、入学金と授業料が4年間半額となる「社会福祉学部スカラシップ入学試験」などがあり、学生たちの学習意欲とキャンパスライフを応援しています。

●入学前に申請する支援
○経済援助学費減免奨学生…「挑戦する意欲」と「くらしの状況」によって4年間の授業料を半額減免する奨学金制度。
○学費サポートプラン…民間の信販会社が学費納入者に代わって大学に立て替え払いし、毎月所定の金額を信販会社に返済する制度。
●在学中の各種奨学金
○日本学生支援機構奨学金[第一種(無利子)・第二種(有利子)]…学業・人物とも優秀で経済的理由により修学困難な学生に対し貸与する奨学金。
○日本福祉大学緊急貸与奨学金…緊急時における本学独自の貸与奨学金。
○日本福祉大学経済援助給付奨学金…経済的に学業継続困難な学生を対象とする本学独自の奨学金。
○自治体・財団奨学金…地方自治体や各種奨学制度を実施している財団の奨学金制度。
※その他にもさまざまな奨学金制度を設けています。詳細は大学資料でご確認ください。

閉じる

留学

過去の留学実績(調査年度:2017年)

学生数、教員数

【学生数】5136人
【外国籍の学生数】20人
【教員数】647人
【外国籍の教員数】47人

2016年度の留学実績

【留学期間別の留学人数】
1か月未満 1人
1か月以上3か月未満 0人
3か月以上6か月未満0人
6か月以上1年未満2人
1年以上1人

単位認定、奨学金

【単位認定プログラム数】2
【大学独自の奨学金】有
【奨学金給付人数】20人以下
【奨学金給付金額総額】500万円未満
※各大学の留学実績や単位認定、奨学金などについては、大学発表の資料でもご確認ください。

留学プログラムについて

国際フィールドワークⅠ

【留学先】アメリカ・その他の州、フィリピン、インド
【留学期間】1か月未満
【対象人数】50
【留学開始時期】2019/02/01
【奨学金】無
【単位認定】有
【応募資格】基準なし
【問い合わせ先】
URL:http://www.n-fukushi.ac.jp/faculties/gakubu/kokusai/fieldwork/index.html
部署:東海事務室
電話番号:0562393811

グローバルフィールドインターンシップ

【留学先】アメリカ・ニューヨーク州、アメリカ・カリフォルニア州、ベトナム、インドネシア、フィリピン、マレーシア・インドネシア
【留学期間】1か月未満
【対象人数】80
【留学開始時期】2018/11/01
【奨学金】有
【単位認定】有
【問い合わせ先】
URL:http://www.n-fukushi.ac.jp/faculties/gakubu/kokusai/topics/index.html
部署:東海事務室
電話番号:0562393811

閉じる

住環境

全国から学生が集まる本学では、学生の2人に1人が下宿生活をしています。そのため、本学では安心してひとり暮らしができるように、大学指定アパートを約2,100室確保(女子専用アパートも多数あります)。指定アパートでは、家主さんたちが地域ごとに組合を結成し、大学と協議しながら安心・安全な学生生活を支援しています。

閉じる

クラブ・サークル活動

約100種類にも及ぶ多種多様なクラブ・サークルがあり、学生が主体となってそれぞれの目標に向かって積極的な活動をしています。

体育会系クラブ

アーチェリー部、アメリカンフットボール部、弓道部、I部硬式テニス部、軟式野球部、I部サッカー部、準硬式野球部、Ⅰ部硬式テニス部、I部ソフトテニス部、男子ソフトボール部、女子ソフトボール部、I部卓球部、男子バスケットボール部、女子バスケットボール部、I部バドミントン部、ラグビー部、男子ラクロス部、女子ラクロス部、陸上競技部、水泳部、女子サッカー部、I部剣道部、サイクリング部 ほか

文化系クラブ

合奏研究会吹奏楽団、アカペラサークル Figaro、弦楽アンサンブル、混声合唱団、茶道部、児童文化部 あかとんぼ、JAZZ研究会、大道芸サークル Boochi Box、フォークソング部、II部ブルース研究会、漫画研究会 ぴのきお、落語研究会、ラテン音楽同好会、劇団どろんこ ほか

研究・福祉系サークル

あすなろキャンプの会、井戸田セツルメント、映画に字幕をつける会 くまじ、高齢者問題研究会 シルバースティック、障害児保育問題研究会 どんぐりの家、昭和区日曜学校、祖父江日曜学校 ひばりの会、II部聴覚障害者問題研究会 加絵手、名古屋学生ボランティアサークル、南部青年学級、弥次衛セツルメント ほか

閉じる

大学院・併設の大学

学部教育を融合・発展させて4つの研究科を擁する大学院を設置

●社会福祉学研究科(修士課程)/社会福祉学専攻(通信教育)、心理臨床専攻(夜間制大学院)
●医療・福祉マネジメント研究科(修士課程)/医療・福祉マネジメント専攻(夜間制大学院)
●国際社会開発研究科(修士課程)/国際社会開発専攻(通信教育)
●福祉社会開発研究科(博士課程)/社会福祉学専攻、福祉経営専攻、国際社会開発専攻(通信教育)

閉じる

パンフ・願書

これからの時代を支える「ふくし力」を備えた人材の育成に特化した本学で、なぜ「ふくし力」が身に付くのか?60年の歴史と実績とは?先輩たちの素顔など、大学の全てがわかるパンフレットです。

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

美浜キャンパス[社会福祉学部/子ども発達学部/スポーツ科学部]

●愛知県知多郡美浜町奥田会下前35-6
名鉄「知多奥田」駅下車、徒歩すぐ

半田キャンパス[健康科学部]

●愛知県半田市東生見町26-2
JR「亀崎」駅より通学支援バス利用で約10分。JR・名鉄「刈谷」駅より通学支援バス利用で約30分。
※通学支援バスも多数運行中。
詳細は本学ホームページでご確認ください。

東海キャンパス[経済学部/国際福祉開発学部/看護学部]

●愛知県東海市大田町川南新田229
名鉄「太田川」駅下車、徒歩約5分

閉じる

問い合わせ先

住所

〒470-3295
愛知県知多郡美浜町奥田会下前35-6
入学広報課

電話番号

(0569)87-2212(直)

URL

http://www.n-fukushi.ac.jp/

閉じる

みんなのQ&A

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ