きょうとがいこくご

京都外国語大学

私立大学 京都府

外国語学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

英米語学科(350名)
スペイン語学科(60名)
フランス語学科(45名)
ドイツ語学科(45名)
ブラジルポルトガル語学科(45名)
中国語学科(60名)
日本語学科(50名)
イタリア語学科(45名)
ロシア語学科(20名)新設
*仮称・2020年4月設置構想中のため、記載内容は変更となる場合があります。

所在地

1~4年:京都

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●専攻語を徹底的に強化し、マルチリンガル教育でさらに可能性を広げる
●ネイティブ教員による少人数制クラスの授業で、求める学びが手に入る
●3つの派遣留学は留学先大学の授業料が全額免除。4年間で卒業可能

学科の枠を越えたボーダーレスな学びと社会的ニーズに対応した教育課程で、将来の可能性を広げる外国語教育を展開しています。19の外国語から学びたい言語を選択でき、多言語・多文化社会で活躍できる人材を養成します。

【学生数】4069人(2018年5月1日現在)
【専任教員数】105人(2018年5月1日現在)
【非常勤教員数】374人(2018年5月1日現在)
【大学院】外国語学研究科/異言語・文化専攻(M/D)

英米語学科

講義・学問分野

English Seminar、Academic English Skills、English Workshop、Academic Writing、Communicative Grammar、TOEIC Workshop など

閉じる

スペイン語学科

講義・学問分野

スペイン語初級文法、実践スペイン語、チャレンジスペイン語、マルチスペイン語、ライティングスペイン語、リーディングスペイン語 など

閉じる

フランス語学科

講義・学問分野

フランス語基礎演習、視聴覚フランス語、音読フランス語、フランス語会話、COMPREHENSION ORALE、EXPRESSION ORALE など

閉じる

ドイツ語学科

講義・学問分野

ドイツ語文法、視聴覚ドイツ語、ドイツ語会話、国際ドイツ語検定対策、ドイツ語作文・読解、中級ドイツ語文法 など

閉じる

ブラジルポルトガル語学科

講義・学問分野

ポルトガル語基礎演習、総合ポルトガル語演習、ポルトガル語講読、ポルトガル語作文、ポルトガル語中級会話、ポルトガル語応用演習 など

閉じる

中国語学科

講義・学問分野

中国語基礎演習、視聴覚中国語、中国語会話、中国語発音、中国語作文、中国語講読 など

閉じる

日本語学科

講義・学問分野

日本語学の基礎知識、日本文化の基礎知識、日本語教育の基礎知識、日本語の歴史、言語学概論、日本近代文学 など

閉じる

イタリア語学科

講義・学問分野

基礎イタリア語、イタリア語会話、イタリア語総合演習、実践イタリア語、イタリア地域比較文化 など

閉じる

ロシア語学科新設*仮称・2020年4月設置構想中のため、記載内容は変更となる場合があります。

講義・学問分野

ロシア語圏の言語と文化、ユーラシアの歴史と文化、ロシア語通訳演習、ライティングロシア語 など

閉じる

学部の特色

マルチリンガルをめざせる環境

専攻語を徹底的に強化し、マルチリンガル教育でさらに可能性を広げる

19言語から選んで学べる!!
外国語大学ならではの多言語環境を活かし、専攻語を徹底的に学ぶとともに、ひとつの言語圏にとらわれない豊かな国際感覚を身に付けます。19の言語から専攻語以外の外国語を選択して学べるよう、「第2外国語科目」「第3外国語科目」を配置。さらには第4・第5外国語も学習できるなど複数の言語に対する理解を深めることができます。
また、「外国語強化科目」を配置し、専攻語あるいは第2外国語として学んだ各言語の運用力をさらに強化。ひとつの言語圏にとらわれないマルチリンガルをめざせる環境を整えています。

選べる19言語
英語・スペイン語・フランス語・ドイツ語・ポルトガル語・中国語・イタリア語・アラビア語・オランダ語・コリア語・ロシア語・ラテン語・ギリシア語・インドネシア語・トルコ語・インド語・タイ語・ベトナム語・スワヒリ語

グローバルに活躍するための幅広い知識と教養を修得
社会につながる教育の展開と社会人として活躍できる能力の向上を図るため、グローバル・スタディ科目群とキャリア・スタディ科目群を設定。グローバル・スタディ科目群は、世界の言語や文化、社会について理解を深め、グローバルな視点で物事をとらえる力を伸ばす科目が充実しています。キャリア・スタディ科目群では、職業につながる6つのコースから1つを選択し、卒業後のキャリアに活かせる実践的な力を育成します。

京都で養う国際感覚
キャンパスがある京都は、世界中から人々が集まる国際観光文化都市です。国際色豊かなこの街で学生生活を送れば、グローバルな感覚とコミュニケーション能力を養うと同時に、日本の歴史・文化を体感することが可能。国際人としての素養を磨くことができます。大学内にも国際交流や国際貢献につながる学生団体やクラブ・サークルが多く、課外活動としてそれらに参加することができます。
もちろん、ロシア語学科(仮称・2020年4月、設置構想中)でも、京都という地の利を生かして、ロシア語をアクティブに学ぶ機会を設ける予定。授業の内外で、京都でしか体験できない貴重な学びを得ることができます。

閉じる

参加型の授業で確実にステップアップ!

ネイティブ教員による少人数制クラスの授業で、求める学びが手に入る

授業は少人数制教育を徹底。アットホームな環境で、全員参加型の授業を展開します。プレゼンテーションやディスカッションを通して世界に通用する発信力を身に付けます。

閉じる

海外生活を体験し生きた外国語を身に付ける

3つの派遣留学は留学先大学の授業料が全額免除。4年間で卒業可能

交換留学プログラム(派遣留学A)
国際交流協定大学で半年間または1年間学ぶ交換留学プログラム(派遣留学A)では、学部授業を受講し、高度な語学力と学部の専門性を修得することができます。また、留学先大学の授業料が全額免除されるほか、最大500,000円の留学奨学金が支給され、留学期間を含む4年間で卒業が可能です。

セメスター・アブロード・プログラム(派遣留学B)
協定を結んでいる海外の大学の英語コースへ半年間の留学ができる制度です。留学先大学の授業料が奨学金として全額支給されます。

ブリッジ・プログラム(派遣留学C)
協定を結んでいる海外の大学の英語コースに半年間+学部半年間の合計1年間の留学ができる制度です。留学先大学の授業料が奨学金として全額支給されます。

閉じる

学べること

英米語学科

実践的で高度な英語運用能力と専門的な知識を兼ね備えた、英語のプロフェッショナルをめざす

●世界で最も汎用性のある言語
英語は世界で最も汎用性のある言語。約60カ国・地域で公用語・準公用語となっており、グローバル化が進む現代では、国外のみならず日本国内でも英語修得者へのニーズはどんどん高まっています。高いレベルの英語運用力を身に付けることで広がるチャンスは計り知れません。

●「発信型」のカリキュラム。検定試験対策も万全
プレゼンテーションやディスカッションが多い特徴的なカリキュラム。自らの意見を持ち、伝えることを鍛え、世界で活躍できる発信型の自分になりましょう。また、TOEICやIELTSなどの試験対策のほか、映画や新聞など、多彩な角度から英語や英語圏の文化を学術的に学ぶ科目が充実しています。

●英語圏のダイバーシティを体感
英語圏の国々には先進国や新興国が多く、それらの大半はさまざまな人種・民族が集まる「多様性(ダイバーシティ)」にあふれた国々です。京都外大で学ぶ留学生たちとのかかわりや海外留学を通じて、異なるバックグラウンドを持つ人々と出会い、異文化理解力を高めましょう。

【授業・講義】
English Workshop I・II

新しい単語や文章の形態、慣用的表現、批判的思考を学び、オーラルコミュニケーションに必要な英語スキルを身に付ける授業です。学生同士で多様なトピックについて英語でディスカッションし、スピーキング力やリスニング力、語彙力を高めます。新しい知識を積極的に吸収し、英語で話すことや学ぶことの楽しさを共有します。

閉じる

スペイン語学科

世界20カ国以上で使われているスペイン語。その語学力を磨き、多様で豊かなスペイン語圏の文化を学ぶ

●世界中で増え続けるスペイン語話者
スペイン語の母語話者は約4億7000万人。スペインとラテンアメリカ地域の20カ国で公用語とされており、アメリカ合衆国でもスペイン語話者が増加しています。また、経済発展が著しいメキシコには日本企業が多く進出し、現地でスペイン語が運用できる日本人が求められています。今後、世界中でますます需要が高まる言語です。

●広大なスペイン語圏について学び、幅広い視野を身に付ける
スペイン語修得者には、ビジネスや観光など、多くの分野で活躍が期待されます。国際的なスペイン語検定試験「DELE」の対策やビジネスシーンで役立つ「オフィススペイン語」、スペイン語と英語を比較しながら学ぶ「2言語同時学習」など、語学の科目が充実。また、スペイン語圏の歴史や文化の研究にも力を入れています。

●イスパノアメリカという言語・文化圏を理解
スペインが16世紀にラテンアメリカに植民地を持ったことから、イスパノアメリカという広範囲の言語・文化圏が生まれました。このイスパノアメリカの多様な宗教や建築、食文化のバックグラウンドを学び、グローバル社会で活躍するための異文化理解力を高めます。

【授業・講義】
実践スペイン語III-2・IV-2

スペイン語を発展的に学び、読解力・文章表現・聴解力・口頭表現という4つの基本的なスキルを修得する授業です。スペイン語圏の国々の伝統文化や近代文化に加え、時事的なテーマも扱います。ネイティブ・スピーカーとの交流に必要なジェスチャーや社会的慣行なども知り、自分の意見を流暢に伝えられるレベルをめざします。

閉じる

フランス語学科

世界で最も美しい響きを持つと言われるフランス語。生きたフランス語と、その背景にある豊かな文化に触れる

●国際コミュニケーションにおける2大言語のひとつ
フランス語を母語とする人口は約4億7000万人。フランスやベルギーをはじめ、カナダのケベック州やアフリカ諸国など、29カ国で公用語となっている言語です。また、国際連合やUNESCO(国連教育科学文化機関)などの国際機関でも公用語とされており、文化と国際コミュニケーションにおいて、英語と並ぶ2大言語のひとつです。

●芸術やファッション、料理など、文化をテーマにフランス語を理解
フランス文学を題材に文法読解力や語彙力を高めるなど、芸術やファッション、料理に代表されるフランスの文化・社会から、言語の運用能力を高めます。「実用フランス語技能検定試験」やフランス国民教育省が認定する「DELF/DALF」の語学検定対策も充実。英語と比較して学ぶ「2言語同時学習」も特徴的なカリキュラムです。

●世界の文化をリードするフランスの背景を探る
フランスは世界の文化をリードし、哲学・思想に関しても世界の価値観に影響を与えてきました。その背景として、ヨーロッパを中心に、アフリカ等からも多くの移民が共生することで醸成されたダイバーシティ(多様性)があげられます。欧州最大の多民族国家、フランス。独自の価値観を学び、異文化理解力を高めましょう。

【授業・講義】
フランス語会話III-2、IV-2

さまざまなシチュエーションを設定し、フランス語で会話する授業です。学生同士でグループをつくり、授業で新しく学んだ文法も取り入れながら話し合います。グループワークの後は、それぞれの発言内容や疑問点について意見交換。異なる価値観を持つクラスメートと言葉を交わせば、知らなかった世界が広がっていきます。

閉じる

ドイツ語学科

ヨーロッパで最も多くの人々が話すドイツ語。ヨーロッパにおける文化・ビジネスの舞台で活躍するチャンスが広がる

●白黒はっきり。それがドイツ語
ドイツ語母語話者は約1億3000万人。ドイツやスイスなどで使用されている言語です。EU圏内での話者数は英語よりも多く、最大の母語人口を誇ります。ドイツ語には明確な表現が多く、実際にドイツ人は物事に対して白黒をはっきりとさせる傾向があります。ドイツ語を通して、その国民性や文化を理解し、視野を広げましょう。

●映像制作や通訳体験、検定試験対策など、多彩な授業スタイル
映像制作や通訳シミュレーションなど、多彩な授業スタイルが特徴。たとえば、映像制作については、ドイツ語で社会問題について学び、それを紹介する映像を撮影します。また、同時通訳に対応した教室では、翻訳・通訳のシミュレーションを行います。「ドイツ語技能検定試験」「国際ドイツ語検定」の授業もあります。

●イノベーションを創り出してきたドイツパワーの源を探る
ドイツは歴史・経済的にヨーロッパの中心です。多くの科学発明や音楽、思想・哲学などで世界をリードしてきました。また、日本にとってドイツはヨーロッパ最大の貿易国でもあります。京都にはゲーテ・インスティトゥート(ドイツ文化センター)もあり、交流も盛ん。ドイツ文化を身近に感じながら、パワーの源を探りましょう。

【授業・講義】
翻訳通訳ドイツ語I

その国の文化を理解していなければ、正確に翻訳・通訳することはできません。そのため、映像や写真を見てドイツ文化に対する理解を深めながら、語彙を増やしていきます。同時通訳・遠隔授業対応教室を使用し、通訳の本格的なシミュレーションも行います。

閉じる

ブラジルポルトガル語学科

ポルトガル語圏の政治・経済・文化に精通し、高度なポルトガル語を駆使できる人材に

●世界中で高まるポルトガル語のニーズ
ブラジルやポルトガルを中心に約2億8000万の話者を誇るポルトガル語。日本に在住する日系ブラジル人も約18万人を数え、ポルトガル語の需要は高まっています。しかし、国内では専門的にポルトガル語を学べるところが多くありません。国内外で大きい経済規模を持つポルトガル語圏。修得して活躍のチャンスをつかみましょう。

●世界に通用する検定試験対策とICTを駆使したカリキュラム
ICT(情報通信技術)などの最新テクノロジーを使い、BP(ブラジルのポルトガル語)とEP(ヨーロッパ・アフリカのポルトガル語)の両方をバランス良く学びます。また、本学は「外国語としてのポルトガル語検定試験」と「ブラジル教育省外国人のためのポルトガル語検定試験」を日本で唯一実施。試験対策も行っています。

●ポルトガルとブラジル、日本との深い絆
16世紀、ポルトガルは日本に鉄砲やキリスト教などを伝えました。現在でもポルトガル語が語源になった言葉が残っています。また、ブラジルと日本の関係も深く、20世紀初頭より多くの日本人がブラジルへ渡り、世界最大の日系人コミュニティがあります。本学にも日系ブラジル人学生が在籍。多様で魅力的な文化を体験できます。

【授業・講義】
総合ポルトガル語演習III・IV

コンピューターを利用して、文法とともにポルトガル語の音声的特徴を理解し、正しい発音の修得をめざします。ポルトガルのリスボン大学言語学研究所のコーパス(言語データ)を基に作られた教科書は電子書籍になっており、ひとつの文章でもブラジル人とポルトガル人による発音を交互に再生でき、その違いを確認できます。

閉じる

中国語学科

国連の公用語でもあり、世界の5人に1人が話す中国語。将来アジアや世界をめざす人にとって必要不可欠な言語をマスターする

●中国語修得者の大きな可能性
中国語の母語話者は世界で最も多く、約13億人。中国やシンガポールなどで公用語とされています。経済大国であり、日本にとっては隣国でもある中国。さまざまな業種で中国とのやりとりが増えており、中国語修得者へのニーズは非常に高まっています。中国語を学び、グローバル社会で大きなチャンスを手にしましょう。

●中国とのビジネスで活躍できる能力を養成
ビジネスで必要な会話力や文章作成能力など、中国語運用能力と貿易に関する知識を身に付けます。また、中国経済やその歴史的背景を理解し、グローバル社会に必要な教養を深めます。さらに、通訳シミュレーションを行う「2言語同時学習」も実施。中国人留学生と一緒に、ビジネスシーンを想定した通訳の訓練も行います。

●どこに行っても中国語が聞こえる。京都で中国語を学ぶメリット
日本への中国人観光客は年々増え続け、京都市内にも多くの中国人が訪れています。アルバイトやプライベートでも中国語話者とかかわるチャンスが多く、京都でキャンパスライフを過ごすことは中国語を学ぶうえで大きなメリットがあります。また、京都外大の留学生の約半数は中国出身で、授業やイベントでの交流が盛んです。

【授業・講義】
上級視聴覚中国語I・II

この授業では、CALL(コンピューターを利用した語学学習)を活用し、主体性を養いながらリスニングのレベルアップを図ります。中国で暮らしている人々の実際の生活場面における生の会話(原声)やニュースを聴いて、理解できるようになるまで繰り返し練習。最終的には中国語検定HSKの上級レベルである5級の取得をめざします。

閉じる

日本語学科

日本語教師、マスコミなどで活躍できる日本語のプロを育てる。日本語の正確な知識と高度な日本語教授法が身に付く

●「国語」ではなく「日本語」を学ぶ
日本語を外国語として客観的に見る力を養います。近年は、外国人観光客や労働者、留学生が増加し、国内でもグローバル化が進行中。外国人が理解しやすい日本語運用能力を持ち、日本文化を発信できる人材のニーズは高まっています。さらに日本の伝統文化から現代文化まで学ぶことで、日本文化の発信力を身に付けます。

●グローバルに活躍する「日本語教師」をめざす
日本語教師とは、外国人に日本語を教える教師のこと。日本語学科で学べば「日本語教員養成に係る単位修得証明書」が得られます。日本語教師のインターンシップなどに挑戦することもでき、卒業後は世界の日本語学校などでの活躍が期待できます。また、国語の教員免許を取得すれば、国内の学校などで活躍することもできます。

●クラスの4分の1が留学生。国際感覚が自然と身に付く
日本語を学ぶ留学生と日本人学生が一緒に学べるクラス編成です。留学生は日本人学生から生きた日本語を学べ、日本人学生は留学生との学生生活の中で、日本語運用能力と日本文化を伝える力を日常的に磨ける環境です。

【授業・講義】
日本文化の基礎知識I・II

日本についての基礎的な文化概念を学んだ後、「多様性」と「変化」をキーワードに、一般的な解釈ではない視点から日本文化を概観。学生は授業を通して、固定観念にとらわれず、多角的に物事を見る習慣を養います。また、多彩な文化を生み出してきた京都の歴史や祇園祭に代表される祭礼についても解説します。

閉じる

イタリア語学科

実践重視の授業で、イタリア語のスペシャリストをめざす

●ローマ字読みに近い発音で、日本人にはやさしい言語
イタリア語は、サンマリノやスイスの一部などでも公用語とされています。イタリア語の発音は歌うような抑揚が特徴ですが、発音自体はほぼローマ字読みで、日本人に学びやすい言語といわれます。またスペイン語やフランス語と同じラテン語を起源としており、イタリア語を修得することで、これらの言語も学びやすくなります。

●イタリア語から身に付ける、美的センスと自己表現力
ルネサンス期の絵画や彫刻、現代の映画文化などを取り上げ、その美しさの背景にある歴史やイタリア人の価値観について学び、美的好奇心を刺激します。また、教員と学生が質問を投げかけ合い、コミュニケーションを促進。コミュニケーションスキルを中心に語学を学び、学生が自主的に考えて表現する力を養います。

●京都×イタリアは異文化理解に最適
ローマやフィレンツェ、ヴェネツィアなどの観光都市を抱えるイタリアの世界遺産登録数は世界最多。同じく歴史と文化が詰まった京都でイタリアについて学ぶことは、グローバル社会に必要な異文化理解力を身に付けるのに最適です。比較しやすい2つの地域について学びを深め、相違点や共通点を探し出しましょう。

【授業・講義】
イタリア語会話I-II、II-I

イタリア語を自由に操り、イタリアの豊かな文化を理解できるようになることをめざします。テーマについて意見を自由に話し合い、楽しくイタリア語で会話することで、クラスの中から自発的に新しい話題が生まれます。また、哲学を専門研究分野とする教員が、イタリアと日本における違いについて説明することもあります。

閉じる

ロシア語学科

未知の隣国、ロシアを学び、世界を知る。新しい観点から世界の課題解決を図る人材を育成

ロシア語は国連や多くの国の公用語であり、約3億人が使用するグローバル言語です。ロシア語を学ぶことで、ロシアやその周辺地域の多様性を理解し、アメリカやヨーロッパを中心とした世界観ではなく、新しい観点から世界の課題解決を図れる人材―グローバル市民の育成をめざします。

●専門的で高度なロシア語運用能力を養う
少人数でのビジネスロシア語や翻訳・通訳養成プログラムなどの実技系科目の履修を通じ、専門的で高度なロシア語運用能力を身に付けます。

●京都の地の利を生かした少数精鋭の学び
机に座って話を聞くだけでなく、時には教室の外にも飛び出し、ロシア語を使って自分のやりたいことに取り組んだり、国際観光文化都市・京都が求める交流サポーターなどの地域貢献活動に参加。身体を使ってロシア語を学ぶことで高い実践力を養います。

●留学を通して国境を越えた学びを実現
モスクワ市立大学やウラジオストクの極東連邦大学、ウズベキスタンのタシケント国立東洋学大学など交流協定を結ぶ大学への長期留学ができるような体制を整えています。留学というロシアに直接触れる体験を通じ、ロシアの言語、文化全般について理解を深めることができます。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ