おかやましょうか

岡山商科大学

私立大学 岡山県

経済学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

経済学科〔経済理論・政策コース、データ分析コース、金融コース〕(70名)

所在地

1~4年:岡山

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●合理的な思考力、分析力、問題解決力を高める「経済理論・政策コース」、「データ分析コース」、「金融コース」の3コース
●大学院進学・公務員希望者には、「アドヴァンストクラス」で「もっと学びたい」という気持ちに応える
●金融機関への就職をめざす「金融就職ゼミ」を開講

社会で求められる、世の中の流れを読み解き、起こりうる社会的な変化を予測し対応する力を養う

【キャンパス】岡山市北区津島京町
【学生数】362名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】17名(2017年5月1日現在)
【大学院】■経済学研究科

経済学科〔経済理論・政策コース、データ分析コース、金融コース〕

講義・学問分野

<主要専門教育科目>
マクロ経済学、ミクロ経済学、数学演習、経済学演習、経済史概論、統計学総論、経済数学、経済政策、データベース論、金融論、金融システム論、地域金融論、金融工学入門、国際金融論、経済統計論、経営統計学、時系列データ分析、金融政策、地域政策、労働経済学、社会保障論、国際経済学、アジア経済分析、計量経済学、市場調査論 など

閉じる

学部の特色

タブレットを使用する授業

合理的な思考力、分析力、問題解決力を高める「経済理論・政策コース」、「データ分析コース」、「金融コース」の3コース

社会で求められているのは、世の中の流れを読み解き、起こりうる社会的な変化を予測し、対応する力です。この力を身に付けるため、本学部では特色ある3つのコースを設置しています。
<コース>
経済理論・政策コース
/経済理論を理解し、変化の著しい金融分野で活躍できる人材を育成
データ分析コース/経済データを分析し、経済動向を理解できる人材を育成
金融コース/実践的な経済理論や政策を学び、社会に密着した諸問題を解決できる政策のプロを育成

閉じる

学生一人ひとりのニーズに対応した教育を展開

大学院進学・公務員希望者には、「アドヴァンストクラス」で「もっと学びたい」という気持ちに応える

向学心旺盛で目的意識が明確な学生を対象に、より高度な経済学の修得を目的とした少人数制の「アドヴァンストクラス」を設置。大学院への進学、公務員試験、経済学検定試験(ERE)の受験をサポートしています。
本学部の大学院進学率は全国的にも非常に高く(2018年度:25.9%)、全国の大学「経済、経営、商学部」において第1位にランキングされています(大学ランキング2018年度/朝日新聞出版)。

閉じる

3年次対象の「金融就職ゼミ」

金融機関への就職をめざす「金融就職ゼミ」を開講

金融機関への就職をめざす学生を対象にした少人数制ゼミを開講しています。「働く」ことの意味を十分に理解し、コミュニケーション能力などの「人間力」を高め、金融分野の一般知識の強化を図ります。
<金融就職ゼミにおける、これまでの内定結果>
百十四銀行、トマト銀行、香川銀行、おかやま信用金庫、鳥取信用金庫、米子信用金庫、大和証券 など

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

ゼミ対抗プレゼンテーション大会

経済学科〔経済理論・政策コース、データ分析コース、金融コース〕

現実社会に密着した経済理論を学ぶ

4年間一貫した少人数によるきめ細かなゼミ教育をベースに、多様な分野をカバーする豊富な専門科目を配置。例えば、金融危機や失業問題、年金や医療制度など身近なテーマを取り上げながら、高度な経済理論や経済政策を分かりやすく学ぶことができるカリキュラムを組んでいます。また、IT社会で必要とされる情報教育、就職試験で必要とされる基礎的数学力をアップさせるプログラム、プレゼンテーション能力向上プログラムなど、学生の卒業後を見据えた教育プログラムを設けています。

【授業・講義】
金融論

わたしたちの生活(=経済活動)はお金(=貨幣)に支えられており、金融の問題は、誰にでも影響のある身近な問題です。本講義では、お金に関係するあらゆる問題を扱い、“金融”とは何か、「金融のしくみ」について学び、得た知識をもとに日本経済の現状について考えます。

閉じる

アドミッションポリシー

【経済学科】アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

経済や社会の諸問題に対して関心を持ち、地域社会に貢献したいという意欲のある学生を求めます。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

問い合わせ先

【住所・電話番号】〒700-8601 岡山市北区津島京町2-10-1 入試課 TEL.(086)256-6652(直)

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ