ひろしまぶんきょうじょし

広島文教女子大学

私立大学 広島県

大学トップ

ここに注目!
  • 「教育力が高い大学」など、高校教員から高評価!
  • 小学校教員採用・国家試験など、毎年高い合格・採用実績!
  • 英語学修専用施設やICT教育など、教育環境が充実!

大学の特色

「教育力が高い大学」など、高校教員から高評価!

本学は、学生一人ひとりに小規模大学のメリットを生かしたきめ細かい教育を実践。こうした活動が実を結び、小学校教員採用試験や管理栄養士・福祉系国家試験などで高い教育実績を挙げており、中・四国私立大学や全国女子大の中で高校教員から高く評価されています。

<全国の高等学校進路指導教諭が評価する大学>
教育力が高い大学 ※1
 中四国私立大学 第1位 / 全国女子大学 第5位
入学後、生徒を伸ばしてくれる大学 ※1
 中四国私立大学 第1位 / 全国女子大学 第8位
面倒見が良い大学 ※2
 中四国私立大学 第1位 / 全国女子大学 第8位
入学後、生徒の満足度が高い大学 ※2
 中四国私立大学 第1位 / 全国女子大学 第7位
小規模だが評価できる大学 ※2
 中四国私立大学 第3位 / 全国女子大学 第8位
※1)2016大学探しランキングブック(大学通信)
※2)2017大学探しランキングブック(大学通信)

閉じる

小さな女子大学の大きな実績

毎年、多くの学生が小学校教員採用試験に合格。他にも、管理栄養士や社会福祉士・精神保健福祉士の国家試験など、各分野で高い合格実績を誇ります。

<小学校教員(2017(平成29)年度採用試験)
 合格者63名(現役生35名、卒業生28名)、合格率(一次79%、二次76%)
<管理栄養士(第30回国家試験)
 合格者55名、合格率82.1%
<社会福祉士>
 合格者152名(1~13期生累計)、合格率38.5%(第28回国家試験)
<精神保健福祉士>
 合格者52名(1~13期生累計)、合格率42.9%(第18回国家試験)
<保育士・幼稚園教員(2016年3月卒業生)>
 採用者60名(保育士50名、幼稚園教諭10名)

閉じる

学生満足度調査

毎年、入学後に実施する在学生の大学に対する満足度などについて調査しています。どの項目も全国平均と比べ高い評価を得ています。※株式会社ベネッセ i-キャリア調べ

<大学納得度(2016年度入学生)>
 「入学してよかったですか?」92%(全国平均87.9%)
<大学教育への満足度(2年次)>
 「大学のどの教育内容に満足していますか?」
  ・カリキュラム83.6%(全国平均73.4%)
  ・授業内容82.2%(全国平均71.0%)
  ・教員82.5%(全国平均67.1%)
  ・語学教育・語学向上支援72.6%(全国平均59.5%)
<大学の学問や学び方への満足度(2年次)>
 第1位/丁寧に指導してくれる、教員との距離が近い
 第2位/資格や免許取得の支援が充実している
 第3位/少人数教育であるため、学びやすい
 第4位/学ぶことができる学問分野・領域に特色がある
 第5位/専攻やコースなどを入学後にじっくり選ぶことができる
<充実度(2年次→3年次)>
 「大学生活は満足していますか?」
  2年次83.5%(全国平均81.0%)→ 3年次86.5%(全国平均79.4%)
  本学学生の充実度はアップ!
<推薦度(2年次→3年次)>
 「大学の学部・学科を後輩に薦めたいですか?」
  2年次87.4%(全国平均72.2%)→ 3年次85.5%(全国平均65.7%)
  全国平均と比べ、高水準を維持!

閉じる

アドミッションポリシー

教育理念

「心を育て 人を育てる」という揺るぎない教育理念に基づき、女性の持てる才能を伸ばし育てることによって自立の精神と実践力を養う教育を目指します。

閉じる

アドミッションポリシー

広島文教女子大学が求める学生は、上記の教育理念を理解し、本学での学習をとおして心のあり方を問い、正しい判断力を養い、たくましい実践力を身につける意欲を持った人です。このような本学での学習を実りあるものとするために、高等学校等における学習に積極的に取り組んだ 人を求めます。

閉じる

教育環境

14名の専属ネイティブが英語学修をサポート

中・四国地区最大級の英語学修専用施設(BECC)

BECC(Bunkyo English Communication Center)は、全学生に教養科目として英語の授業を行うと共に、より専門的なスキル、高度な英語運用能力を修得するのに欠かせない施設です。ネイティブ教員による「English Only」の授業は画期的であり、TOEICスコア向上、資格取得のための学修など、学生一人ひとりの学修ニーズに対応しています。英語で友達やネイティブ教員とコミュニケーションを図るのに最適な環境です。

閉じる

学生一人ひとりの“学び”をサポートする学修環境

全学生にタブレット端末「iPad mini」を配付
本学では、すべての新入生にタブレット端末「iPad mini」を配付。授業はもちろん、事前事後学修、テキストや資料のダウンロード、シラバスの確認、課題・レポートの提出など、使い方はさまざまです。

附属図書館、ラーニング・コモンズ
附属図書館1階に、学修スペース「ラーニング・コモンズ」を設置。図書館の閲覧のみならず、無線LAN、可動式テーブル、ノートパソコン、プロジェクタなどを完備し、自主学修や講義をはじめ、ディスカッション、プレゼンテーション、グループワークなど、グループでも個人でも利用できる学修施設です。

オフィスアワー(育心の時間)
学生の授業に関する質問などに応えるために教員が研究室に待機。学生の自律学修の習慣が確立できるよう教員がサポートします。

チューター制度
学生の相談役としてチューター(担任教員)を配置。学生生活や履修指導、進路相談など、学生一人ひとりへのきめ細かいサポートをします。

閉じる

学生寮(淳風寮)では4年間寮費免除

入寮希望者に適用される修学支援制度(学生寮家賃4年間免除)により、寮生活を経済的にバックアップ。キャンパス内に立地し、安心・安全の生活環境を確保。食事は、専属栄養士が朝・昼・夕(3食)に栄養バランスの良い食事を提供します。中国・四国・九州・沖縄地域など、広く全国各地から学生が集い、出身地や学科・学年の枠を超えた仲間ができるのも魅力です。

閉じる

学部

【2018度年予定】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

初年度学納金(2017年度実績)

初等教育学科、人間福祉学科、心理学科、グローバルコミュニケーション学科/125万円
人間栄養学/130万円
※入学金23万円、教育維持費を含みます。
※別途、諸費(学友会費/ オリエンテーションセミナー費/ 学生厚生費)が必要です(2016 年度実績:6.77万 円)。
※その他、実験・実習・研修に要する費用は、別途徴収することがあります。

本学独自の経済的支援制度が充実

<入学試験に伴う優遇制度>
入学支援特待制度
 【対  象】対象となる入学試験において高い評価を得て合格し、入学した者
 【入学試験】AO入学試験、推薦入学試験(前期・後期) 
 【優遇内容】入学金の半額を入学後に給付
 【定  員】各10名

成績優秀者奨学制度
 【対  象】対象となる入学試験において優秀な成績で合格し、入学した者
 【入学試験】一般入学試験(前期 I 、前期 II A・B日程)、センター試験利用入学試験(前期・中期・後期)
 【優遇内容】学納金4年間(第1種:4分の3/第2種:2分の1)を免除
 【定  員】各5名程度

修学支援制度
 【対  象】本学の入学試験に合格し、入寮を希望する者
 【優遇内容】入寮希望者の学生寮費(家賃)を4年間免除
 【定  員】80名程度

その他にも、「武田ミキ記念基金奨学金」「美樹会奨学金」「海外留学奨学金」などの本学独自の奨学金制度も設けています。

閉じる

留学

過去の留学実績(調査年度:2017年)

学生数、教員数

【学生数】1135人
【外国籍の学生数】0人
【教員数】77人
【外国籍の教員数】12人

2016年度の留学実績

【留学期間別の留学人数】
1か月未満 4人
1か月以上3か月未満 15人
3か月以上6か月未満1人
6か月以上1年未満1人
1年以上1人

単位認定、奨学金

【単位認定プログラム数】2
【大学独自の奨学金】有
【奨学金給付人数】20人以下
【奨学金給付金額総額】500万円未満
※各大学の留学実績や単位認定、奨学金などについては、大学発表の資料でもご確認ください。

留学プログラムについて

ケント州立大学 秋期研修

【留学先】アメリカ・その他の州
【留学期間】3か月以上6か月未満
【留学開始時期】2018/08/01
【奨学金】有
【単位認定】有
【問い合わせ先】
URL:http://www.h-bunkyo.ac.jp/university/campuslife/training.html#a1
部署:国際交流委員会
電話番号:082-814-9995

クイーンズランド工科大学 一般英語研修

【留学先】オーストラリア
【留学期間】1か月以上3か月未満
【留学開始時期】2019/02/01
【奨学金】有
【単位認定】有
【問い合わせ先】
URL:http://www.h-bunkyo.ac.jp/university/campuslife/training.html#a1
部署:国際交流委員会
電話番号:082-814-9995

クイーンズランド工科大学 BUNKYO特別英語プログラム

【留学先】オーストラリア
【留学期間】1か月以上3か月未満
【対象人数】18名(催行最少人数12人)
【留学開始時期】2018/08/01
【奨学金】有
【単位認定】有
【問い合わせ先】
URL:http://www.h-bunkyo.ac.jp/university/campuslife/training.html#a1
部署:国際交流委員会
電話番号:082-814-9995

閉じる

クラブ・サークル活動

体育会系クラブ

弓道部、ソフトボール部、バレー部、卓球部、ソフトテニス同好会、剣道部、バスケットボール部、フィールドホッケー同好会 サッカー部、硬式テニス部、バドミントン部、陸上競技部、水泳部

文化系クラブ

華道部、和太鼓部、手話同好会 書道部、陶芸部、茶道同好会、吹奏楽部、ボランティア部、ダンス部、フォークソング同好会

閉じる

大学院・併設の大学

大学院

●人間科学研究科/教育学専攻[教育学コース、心理学コース、臨床心理学コース]
●人間福祉学専攻

閉じる

パンフ・願書

所在地・アクセス

本学キャンパス

○「広島」駅からJRで約35分、広島中心街からバスで約40分
○JR可部線「可部」駅・JR芸備線「下深川」駅からスクールバス運行(所要時間約5~10分)
○JR可部線「可部」駅または「中島」駅から徒歩約15分
○「文教女子大前」バス停から徒歩約10分

閉じる

問い合わせ先

住所

〒731-0295 広島市安佐北区可部東1-2-1
入試広報課

電話番号

【フリーコール】0120-75-3191(直) 

URL

http://www.h-bunkyo.ac.jp

E-Mail

koho@h-bunkyo.ac.jp

閉じる

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ