×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

かごしまこくさい

鹿児島国際大学

私立大学 鹿児島県

経済学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

経済学科(200名)
経営学科(180名)

所在地

1~4年:鹿児島

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●経済・経営の専門知識と語学を学び、情報処理技術をマスター
●経済・経営を通じて、地域社会で活躍できる人材を育成
●公務員試験に役立つ経営法学科目がズラリ

「経済」「経営」について、概念や理論を中心にあらゆる角度から専門的知識を学び、地域活性化や企業へのインターンシップといった実践的な学び「フィールドワーク」を通して自主性や考察力を養います。
また、1年次から少人数のゼミ形式の授業を用意して学生一人ひとりを丁寧に指導し、簿記やファイナンシャルプランナー、教員、公務員などの資格・免許取得もバックアップ。もちろん、就職サポートにも力を入れており、経済学部では2019年度は99.1%という高い就職率を実現しています。

【キャンパス】鹿児島市坂之上
【学生数】1238名(2020年5月1日現在)
【専任教員数】32名(2020年5月1日現在)
【大学院】経済学研究科

経済学科

講義・学問分野

マクロ経済学、ミクロ経済学、統計学、財政学、金融論、経済学史、中小企業論、環境経済論、経済政策、情報経済論 など

閉じる

経営学科

講義・学問分野

経営学総論、簿記原理、情報システム、地域創生、観光概論、財務管理論、マーケティング論、会計学原理、経営シミュレーション、まちづくり概論、国内旅行業務論 など

閉じる

学部の特色

経済・経営の専門知識と語学を学び、情報処理技術をマスター

経済のメカニズムを理解した上で、それらの知識を実践に応用することがより深い学びにつながります。学内の講義では「日本経済」「金融・国際経済」に観点を絞って現代社会の情勢を学びながら、学外の学びの場として地域活性化に取り組むプログラムも用意。地域の人々と関わり合いながらさまざまな知見・経験を積み重ねた後は、集大成として卒業論文にチャレンジします。

閉じる

経済・経営を通じて、地域社会で活躍できる人材を育成

各業界の第一線で活躍する講師から生きた知識を得ることができる本学科独自のカリキュラム「経営者と語る会」の他、「外へ出て地域を知ろう」をモットーに、地元企業の実態に触れる機会が用意されるなど、さまざまなアプローチで実社会を体験。各企業が取る経営戦略の健全性や今後伸びるマーケットなどを自身で考察できることを目指し、経営学を学ぶと共に、職業的スキルを身につけることができます。

閉じる

公務員試験に役立つ経営法学科目がズラリ

本学部では意欲のある学生の資格・免許取得を支援する「経済学部特別プログラム」を設けています。「公務員」「教員」「簿記上級」「ファイナンシャル・プランナー」の4つの資格・免許取得をめざすこのプログラムは、資格取得あるいは免許取得後採用内定者に対し、報奨金が授与されます(本学を卒業見込みであることが必要)。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

経済学科

グローバル・エコノミーから地域活性化までを支える経済を学ぶ

国際経済においても日本経済においても貧富の格差が広がっている現代で、経済を学ぶということは単に「お金の動きを学ぶこと」だけではありません。資本主義経済の仕組みを理解することをベースに、貧困を生み出すというデメリットを学び、その問題解決のためには何が必要なのかまでを考える。経済の歴史と実態を知ると同時に、さまざまな事象の相互関係までを体系的に学んでいきます。

【授業・講義】
鹿児島経済論

幕末から明治維新にかけて、日本の近代化の中心的役割を果たした鹿児島。しかしその後、中央依存体質の中で、経済も財政も長い間低迷を余儀なくされています。その歴史的経緯や構造的物質を踏まえつつ、これからの鹿児島経済の持続的発展のあり方を考えます。

閉じる

経営学科

フィールドワークも充実。ビジネスに必須の経営学のスキルを身に付ける

経営学とは「すべてのビジネス・プロフェッショナルが修めておくべき学問」です。ヒト・モノ・カネ・情報がどのように流れているのか。また、それらの資源をどのように活用すれば組織に関わる人と社会が幸せになれるのか。企業はもちろん、行政機関や教育・医療機関、NPO、地域団体など、あらゆる組織の管理・運営を学びます。さらに「地域ビジネス」の実践的な学習にも力を入れ、地方創生を担えるスキルも磨いていきます。

【授業・講義】
鹿児島論

「地元学」についての基本的な理解を深めた後、グループに分かれてそれぞれのテーマを立て、フィールド調査を実施し、最後に総まとめとして成果発表会を行います。「地元学」の習得を通して学生が自らの「鹿児島論」を語れるようになることを目的としています。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】鹿児島市坂之上8-34-1
入試・広報課
TEL.(099)261-3211(代)
 【URL】http://www.iuk.ac.jp/gakubu/economics/index.php

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

リストに追加しました

ページの先頭へ