後悔しない夏休みの過ごし方 ”後悔の夏”その原因とは?

受験生にとって夏休みはとても大切な時期。しかし、思ったように勉強がはかどらず、秋以降に後悔する子どももいるようです。満足のいく夏休みを過ごさせるには、保護者としてどんなことに気をつければいいのでしょうか? 有意義な夏に向けた対策法をご紹介します。

“後悔の夏”その原因とは?

夏休みは受験の天王山。でも子どもの実情は…

夏休みを迎えるにあたって、「この夏は勉強しよう!」と意欲を燃やす受験生は多いもの。しかし現実には、さまざまな原因からダラダラ過ごしてしまうケースも少なくありません。希望の進路が決まらずに「夏休みにもっとがんばっていれば…」と子どもが後悔しないよう、保護者もできるところからサポートしていくことが大切です。では、有意義に過ごさせるために具体的にはどうしたらいいでしょうか?

子どもの声

「ダラダラと過ごしてしまって後悔!」

今日で8月は終わりですが、この夏、十分に勉強できませんでした。夏休みはがんばろう!と思いつつも、ダラダラと過ごしてしまい、後悔しかありません…

「やろうと思っていたことがほとんどできず」

この夏休み、がんばるぞって思っていたのに、体調を思いっきり崩してしまい、結局そこから脱却できず、自分がやろうと思っていたことがほとんどできませんでした…

後悔の原因ココにあり!保護者ができる心身サポート

子どもが夏休みを思うように過ごせないのは、大きく分けて「心の不調」と「身体の不調」の二つが原因です。どちらの原因に関しても、保護者のサポートが問題解決に役立つケースは多いもの。大切な時期だからこそ、家族で子どもをバックアップしていきましょう。

主な心の不調

  • 勉強への不安

  • 目標(志望大)があいまい

主な身体の不調

  • 夏バテ

  • 不規則な生活