×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示
見つけよう!きみが活躍したい場所 将来がちょっと見えてくるショートストーリー
金融系の職業

ファイナンシャルプランナーの仕事がわかる!ショートストーリー

※登場人物・地名などの名称は架空のものです。
 実際のものとの関係はありません。

※登場人物・地名などの名称は架空のものです。
 実際のものとの関係はありません。

日々の食費や水光熱費のほか、旅行や進学、結婚、引っ越しなど暮らしにはお金が必要だ。預金、退職金、株、債券、不動産などの財産をどのように使えば、希望の暮らしができるか、金銭面で人生計画を練るのがファイナンシャルプランナー(FP)だ。
日々の食費や水光熱費のほか、旅行や進学、結婚、引っ越しなど暮らしにはお金が必要だ。預金、退職金、株、債券、不動産などの財産をどのように使えば、希望の暮らしができるか、金銭面で人生計画を練るのがファイナンシャルプランナー(FP)だ。
国家資格の「ファイナンシャル・プランニング技能士」など資格が数種類ある。銀行や保険会社などに勤めながら資格を生かし、顧客にプランを提案している人が多い。日本では少ないが、独立して事務所を構えている人もいる。
国家資格の「ファイナンシャル・プランニング技能士」など資格が数種類ある。銀行や保険会社などに勤めながら資格を生かし、顧客にプランを提案している人が多い。日本では少ないが、独立して事務所を構えている人もいる。
守秘義務が原則としてある。顧客の情報を他に漏らしてはならない。
守秘義務が原則としてある。顧客の情報を他に漏らしてはならない。
ファイナンシャルプランナーになるために学習するのは、ライフプランニングと資金計画、金融資産運用、タックスプランニング、リスク管理、不動産、相続・事業承継の6項目。資格取得のための短期講座が専門学校などで開かれている。
ファイナンシャルプランナーになるために学習するのは、ライフプランニングと資金計画、金融資産運用、タックスプランニング、リスク管理、不動産、相続・事業承継の6項目。資格取得のための短期講座が専門学校などで開かれている。
お金で人を支える仕事は、おもしろい。きみも、もっと知ってみませんか?お金で人を支える仕事は、おもしろい。きみも、もっと知ってみませんか?
職業のイメージが見えてきたら、さらに詳しく知ろう!
関連する職種を知ろう!