学校パンフ請求でLINEギフトコード全員GET!

きたみこうぎょう

北見工業大学

国立大学 北海道

学部・学科

学べること

グローバルな成果を地域に還元

地球環境工学科
本学科では、新しい視点からエネルギー、環境防災、先端材料物質の3分野に基礎を置き、これらの分野における教員の連携による総合的な取り組みを通じ、世界に通用する特徴ある研究を推進します。
また、上記3つの分野を中心としたさまざまな側面から地球環境問題の解決に寄与できる知識・技術を教育することにより、課題の「発掘」から「解決」に至るプロセスを主体的に見いだし、多面的・融合的に「考える力」を備え、エネルギー、資源、地球環境問題など日本のみならず世界的な課題を解決できる学生の育成をめざします。

○エネルギー総合工学コース(主な学問分野:機械、電気、エネルギーシステム)
ガスハイドレート、再生可能エネルギー、地域分散型エネルギーシステムおよび省エネルギーシステムの構築等を想定し、機械系、電気電子系、化学系などの分野に密接に関連するエネルギー工学について総合的に学びます。
○環境防災工学コース(主な学問分野:地球環境、寒冷地工学、防災工学)
環境防災工学コースのカリキュラムは、地球環境、寒冷地の自然、環境工学および防災工学に関する基礎科目や応用科目などから構成されており、将来、環境工学や防災工学の分野で活躍できる人材を育成します。
○先端材料物質工学コース(主な学問分野:省エネルギー材料、環境保全材料、応用化学)
地球環境問題の解決に役立つ材料・技術開発は、人類に求められる最重要課題です。それに必要な基礎・応用科学を学び、省エネルギー・環境保全材料、環境に優しい合成プロセス開発の知識・実験技術を習得できます。

閉じる

地域で実践、グローバルに展開

地域未来デザイン工学科
本学は北海道オホーツク地域をモデルとして工学的見地から地域の課題を見いだし解決のために積極的に取り組み、成果を地域活性化に活用します。
本学科は、こうした特徴ある取り組みを教育現場に反映し、課題の「発掘」から「解決」に至るプロセスを具体的に学生に示し、目的意識を持ち主体的に「考える」ことの重要性を身に付けた応用力のある学生の育成に努めます。
さまざまな課題解決プロセスを学ぶことにより、北海道やオホーツク地域はもとより日本全国、国際的にも活躍できる素養を身に付けることができます。

○機械知能・生体工学コース(主な学問分野:機械、ロボット、生体工学)
機械工学の基盤となる力学に加え、制御工学、医療工学、ロボット工学などの応用科目を開講し、地域や社会が抱える課題を発見し解決できる能力を養成して、広い専門的視野と応用力を持った技術者を育成します。
○情報デザイン・コミュニケーション工学コース(主な学問分野:電気・電子、ソフトウェア・ハードウェア、情報通信)
ソフトウェア・ハードウェアの原理・基礎を重視して情報通信技術に関わる技術者を養成します。Java言語を用いて、実践的なプログラミング能力を磨きます。情報を蓄積したり、伝えたりするための技術も身に付きます。
○社会インフラ工学コース(主な学問分野:土木、寒冷地ライフライン、地域社会インフラ)
近未来の少子高齢化社会に向けた「寒冷地域のライフライン」「高度情報通信社会」「地域に適合したインフラ設備」など、地域の未来を創造する社会インフラの設計・構築・維持・管理に携わる専門技術者を養成します。
○バイオ食品工学コース(主な学問分野:食品、バイオテクノロジー、生物化学)
オホーツク地域をモデルとした素材や食品産業等における課題を、化学を基盤とするバイオテクノロジーおよび食品工学を駆使して解決し、人間性と社会性を備えた技術者として活躍できる能力を養成するコースです。

閉じる

学部・学科

パンフ・願書を取り寄せよう!

学部・学科情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

パンフ・願書取り寄せ

ページの先頭へ