×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

さんじょうしりつ

三条市立大学

新設公立大学 新潟県
※仮称、2021年4月開設予定(設置認可申請中)。予定であり変更する場合があります。

工学部の詳細情報新設

※2021年4月設置予定(設置認可申請中)/内容は予定であり変更となる場合があります。

学科・定員・所在地

学科・定員

技術・経営工学科(80名)新設
※2021年4月設置予定(認可申請中)/内容は予定であり変更となる場合があります。

所在地

1~4年:新潟

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●ものづくりのメッカ燕三条地域で最先端技術を学ぶ
●創造力を育む充実した演習と実習
●ものづくりを支える素養と知識を学ぶカリキュラム

学生が、工学知識と技術、創造力、マネジメント能力を備えた「創造性豊かなテクノロジスト」の素地を身に付けることができるよう、特色ある教育を行っていきます。

【専任教員数】23名(2023年4月1日予定)

技術・経営工学科新設※2021年4月設置予定(認可申請中)/内容は予定であり変更となる場合があります。

講義・学問分野

燕三条リテラシ、プロジェクト演習、産学連携実習、設計製図演習、機械工作実習、メカトロニクス実習、応用材料力学、実用プログラミング実習、医療機器工学、人的資源管理論、技術マネジメント論、生産管理論 など

閉じる

学部の特色

ものづくりのメッカ燕三条地域で最先端技術を学ぶ

燕三条は日本有数の金属加工技術をもつ地域で、あらゆる金属加工製品が作られています。その技術の高さから、近年ではヨーロッパへの輸出を伸ばしている企業も多くあります。燕三条地域の最先端のものづくりを学ぶ環境が整っており、数ある実習先の中から自分自身の興味のある分野の企業で実習を選択することができます。
また、燕三条地域の産業界からも、伝統的な職人技にとどまらず、科学的論理的思考に基づく新しい技術を取り入れる必要性から、若い人材の発想力・対応力に期待が寄せられています。

閉じる

創造力を育む充実した演習と実習

4年間を通してさまざまな演習に取り組み、「分析・解析力」を身に付け、論理的な思考力を高めます。同時に、「融合力」、「俯瞰力」を鍛えることによって、創造性を育みます。
分析・解析力――思考力訓練の場
●プロジェクト演習I~IV
情報リテラシや文書表現方法などを組み合わせた授業を通じて、論理的に思考する力、グループワークを円滑に進める技術、課題の発見力および解決に向けた提案力を養います。
俯瞰力――知識・技術をつなぐための経験を積み、視野を広げる場
●産学連携実習
各企業の現場の課題を研究課題として取り上げることで、実践的な技術感覚を持ち、課題解決力を鍛えます。
融合力――正解のない問いに対して、自身の知識・経験から新たな価値を創造する場
●プロトタイピング演習
提示された課題にグループで取り組み、設計から部品加工、プログラミング、組立を行い、試作品を作成してプレゼンテーションを行います。
●商品企画プロジェクト演習
大学で学修したさまざまな知識や能力、思考力の集大成として、新製品・サービスの企画を市場調査から企画提案書の作成まで一貫して行います。

閉じる

ものづくりを支える素養と知識を学ぶカリキュラム

グローバル化や科学技術の進展など社会の激しい変化に対応する基盤をつくるため、さまざまな分野の基礎を学ぶ教養科目を開設。また、専門科目では、これからのものづくりの基礎となる知識と技術を幅広く学ぶことができます。
<授業ピックアップ>
●材料力学/熱力学/水力学/機械力学
ものづくりの土台となる工学分野の基礎知識の習得と物事を論理的に思考・解析する能力を養うために、機械工学分野の基礎となる四力学の知識を修得し、4年間の学びの基盤を固めます。
●機械工作実習/工学実験/設計製図演習
実践的技術教育の上で非常に重要となる「見る、触れる、感じる」を取り入れたハンズ・オン教育により、機械加工を中心に技術を習得。実習工場での機械加工技術、各試験機・分析機器を使った実験技術、3D CADを使ったデザインやシミュレーション技術を実践的に学びます。
●生産管理論/品質管理論
ものづくりにおける生産工程の設計と管理や、製品の品質を統計的な手法で分析して、技術開発に向けて客観的で合理的な改善の手法について学びます。
●技術マネジメント論
売れるものを開発するために必要となる、市場分析能力や消費者行動を理論的に分析する力、創出した価値が社会に及ぼす影響を適切に分析する力を養います。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

技術・経営工学科

専門性を高める4年間の学びのステップ

本学科では、生産技術、新素材開発、情報制御、マネジメント工学の4分野の研究領域を基盤として、これらの分野に属する専任教員による多分野融合型の研究環境で4年間を過ごし、専門性を高めつつ、イノベーションを起こす力を育てます。
●1年次(導入ステージ)/技術者として必要な基礎理学と専門基礎を学びます。さらに、地域の多様な企業の見学を通じて、技術者としての意識を高めます。
●2年次(基盤ステージ)/工学に関する専門と、マーケティングなど経営について学びます。また、2週間、企業で実習を行い、興味ある分野を見つけます。
●3年次(習熟ステージ)/興味に合わせて応用、発展科目を選択し、専門知識を深めます。また、長期間にわたって、企業で実習を行い、学んだことを実践し技術者としての素地を身に付けます。
●4年次(プロフェッショナルステージ)/学生一人ひとりが研究・開発テーマを持ち、1年間をかけて卒業論文をまとめます。工学科目や技術開発などについてもより深く学ぶことができます。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】新潟県三条市旭町2-3-1
三条市総務部高等教育機関設置推進室
TEL.0256-34-5637(直)

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ