×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

ながのけんりつ

長野県立大学

公立大学 長野県

健康発達学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

食健康学科(30名)
こども学科(40名)

所在地

1~4年:長野

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●グローバルな視野を持って活躍するリーダーをめざす
●世界基準500時間の臨地実習で学ぶ![食健康学科]
●充実した保育・幼児教育の専門家から学べる![こども学科]

本学部は長野県の健康長寿を支える食の営み、信州型自然保育など、地域が誇るコンテンツを大切に、地域と共に歩む学びを推進します。食健康学科は管理栄養士・栄養教諭、こども学科は保育士・幼稚園教諭の資格を取得し、それぞれの専門分野でグローバルな視野をもって活躍するリーダーを育成します。

【キャンパス】三輪キャンパス
【学生数】282人(2021年5月1日現在)
【専任教員数】33人(2021年5月1日現在)

食健康学科

講義・学問分野

人体機能(生理)学、健康発達概論、基礎栄養学、応用栄養学、栄養教育論、臨床栄養管理学、公衆栄養学、給食経営管理論ほか

閉じる

こども学科

講義・学問分野

地域子育て支援演習、保育臨床相談、発達支援演習、保育原理、保育者支援論、こども学、保育経営論、健康発達実習、長野県健康社会史ほか

閉じる

学部の特色

グローバルな視野を持って活躍するリーダーをめざす

本学部には、生涯にわたる食を通じた健康づくりについて学修する「食健康学科」と、将来の学習・発達の基盤となる幼児期の教育について学修する「こども学科」があり、グローバルな視野を持って主体的に学び、考え、行動する、時代を担う新しいリーダーとして地域社会に貢献できる人材を育成します。寮生活や海外プログラムでは、相手を尊重しつつ、自分の伝えたいことを率直に、かつ論理的に伝えるコミュニケーション力を養い、長野県の、そして日本の、食を通じた健康、保育・幼児教育の素晴らしさを国内外に積極的に発信できる人材を育てます。

閉じる

実習には多くの時間をかけて体験的に学ぶ

世界基準500時間の臨地実習で学ぶ![食健康学科]

管理栄養士養成課程の世界基準である500時間の臨地実習(※)を導入し、1つの学期を全て実習に充てます。4学期制、100分授業、さらには県立大の特性を生かした地域との連携により、多様な実習を実現。自信を持って世界の管理栄養士と共に歩む力を育みます。グローバルスタンダードで、学生一人ひとりの未来の可能性を広げます。
(※臨地実習とは、実際に病院や保健所、学校給食施設などのさまざまな実践活動の場で、管理栄養士として具備すべき知識および技能を修得する実習のことをいいます。)

閉じる

子どもに寄り添える保育・幼児教育の専門家を養成

充実した保育・幼児教育の専門家から学べる![こども学科]

広い視野と深い教養に支えられた、優れた専門性を育成するため、本学科には、保育・幼児教育を専門とする15人もの教員がいます。保育の専門家を養成する国公立大学としては充実度がとても高く、子どもたちと接する実習や自然体験活動などが多いのも魅力です。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

食健康学科

食を通じた健康のプロフェッショナルをめざす

食を通じた健康に関する幅広い知見やグローバルな視野を持ち、栄養学を中心とした食物や人体に関する専門的知識・技術を修得し、倫理観やコミュニケーション能力を身に付けて、人々の健康やQOL(生活の質)の向上に寄与する食を通じた健康のプロフェッショナルとなる人材を育成します。

【授業・講義】
調理学/食健康学科長 中澤弥子教授

本授業では、まず、おいしさとは何かを学び、おいしい料理を作ることに役立つ食品の調味や、計量から始まる非加熱調理と煮る、揚げるなどの加熱調理の原理、調理器具・設備の使用法を学修し、食品の衛生・安全面、栄養面、し好面の各特性を高める調理理論と調理操作を身に付けます。食事設計の基礎、献立作成、食事の配膳、供食に関する知識や技術を修得します。世界の食文化に関する幅広い知識も学修します。

閉じる

こども学科

将来の保育・幼児教育のリーダーをめざす

子どものよりよい発育環境・教育に関する広い識見やグローバルな視野を持ち、新たな保育の創造や保育・子育ての課題解決を行うことができる専門性と実践力を修得し、将来の保育・幼児教育のリーダーとなる人材を育成します。

【授業・講義】
保育原理/こども学科長 太田光洋教授

保育所に求められるのは「記憶に残る先生」ではなく、「子どもに確かな力を育てる先生」。保育者はこの幼い子どもたちにもっとも近い存在であり、代弁者でもあります。そのため、深く子どもを理解することが求められます。この授業では「乳幼児にふさわしい生活とは?」「遊びが学び?」など、保育の原点となる子どもや発達について教育や心理学研究から学びます。また、そこから子どもを主人公とした保育実践についてアクティブラーニングを通して考えます。

閉じる

アドミッションポリシー

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

健康発達学部 食健康学科
食健康学科の教育目標に共鳴し、挑戦する強い意欲を持って学ぼうとする次のような資質・能力を備えた者を求め、受け入れるものとします。
・人との関わりを大切にし、楽しく豊かな食を創造しようとする者
・人々の生命を支える食の営みを、科学的に探究することに情熱のある者
・管理栄養士としての専門性を生かして、長野県の健康長寿の発展に貢献したい者
・英語集中プログラムと海外プログラムを通して、聴いて内容の主要な点を理解できるレベルの英語力とグローバルな視野を身に付け、社会で活躍したい者
・寮生活を通して、豊かな人間性と高い倫理観を身に付け、協働して目標を達成することを志す者
・栄養学の土台となる化学や生物などの基礎学力を身に付けている者

健康発達学部 こども学科
こども学科の教育目標に共鳴し、挑戦する強い意欲を持って学ぼうとする次のような資質・能力を備えた者を求め、受け入れるものとします。
・こどもを愛し、その幸せを実現する意欲と志を持っている者
・こどもの健やかな成長・発達を支援する環境や教育について、科学的に探究し、行動する習慣と粘り強さを持っている者
・幼稚園教諭免許状、保育士資格を取得し、その専門性を生かして地域に貢献したいという意欲を持っている者
・自ら求めて考え、行動し、協働しながら学び、より良い保育を創造する多様な資質を持っている者
・英語集中プログラムと海外プログラムを通して、聴いて内容の主要な点を理解できるレベルの英語力とグローバルな視野を身に付け、社会で活躍したい者
・寮生活を通して、豊かな人間性と高い倫理観を身に付け、協働して目標を達成することを志す者

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

問い合わせ先

【住所・電話番号】長野市三輪8-49-7
学務課入試・広報室
TEL.(026)462-1490
 【URL】http://www.u-nagano.ac.jp/academics/hhd/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

リストに追加しました

ページの先頭へ