大学入試センター試験の最新情報をお届け!

ながのけんりつ

長野県立大学

新設公立大学 長野県
※2018年4月開学

大学トップ

ここに注目!
  • 2018年4月開学の新しい公立大学
  • 世界的視野で地域を考えられるオープンな大学
  • リーダーを育成する知と学びの拠点として地域に貢献

大学の特色

交流の場、学修の場となる「Learning Hub ラーニング・ハブ」

授業では得られない気づきや学びが経験できる1年次全寮制

長野県立大学では、大学生活の中で初年次教育を非常に重要と考え、1年次全寮制を導入。1年次に全学生が入寮することで、学生同士の学びあい、助け合い、切磋琢磨を通じて主体性や社会性、対人関係形成能力を養います。また寮生活は、留学生との異文化交流や象山未来塾によるキャリア教育など、教育的機能も兼ね備えています。仲間との共同生活で、授業では得られない気づきや学びを経験します。コミュニケーション力や主体性、 社会性を養う学生寮では、学生同士の交流はもちろん、地域の祭りや催事にも積極的に参加していきます。
長野市街地の中心部に位置する後町キャンパス象山寮には、かつて地域に見守られた後町小学校があり、校庭だった広場には、子どもたちが愛した機関車D-51が今も新しい時を刻み続けています。広場は地域に開放され、隣接する市有施設には 多目的ホールのほか地域の祭り「ながの祇園祭」などで使用される山車(だし)が保管・展示。象山寮は三輪キャンパスでの学びのほか、生活空間でありながら、キャンパスライフに寄り添い、人間力を養うもうひとつの学び舎となります。

閉じる

研修先の1つ、ミズーリ大学コロンビア校

2年次全員参加の海外プログラム

2年次の全学生が参加する海外短期研修プログラムは、約2~4週間、一人ひとりが海外を体験することで、語学と専門分野を学ぶための確かな基盤を養います。
語学に加え、専門分野の学びを深めるため学科によって訪ねる国も、現地で体験できる具体的な学びも細かく分かれ、将来への学びに繋がる体験を通して、実践力や国際人としての視野、たくましさを獲得する狙いがあります。
2年次の海外プログラムでは、本学が提携している6カ国7校から各学科ごと行き先を選択し、語学と専門分野を海外で学びます。
《海外プログラム 研修先》
・アメリカ(ミズーリ州コロンビア/ミズーリ大学コロンビア校)
・ニュージーランド(クライストチャーチ/リンカーン大学、AICクライストチャーチ工科大学)
・スウェーデン(ウプサラ/スウェーデン市民大学ウプサラ校)
・フィリピン(マニラ/アテネオ大学語学学習センター)
・イギリス(レスター/レスター大学)
・フィンランド(ヘルシンキ/オムニア職業学校、民間保育施設など)

閉じる

産業・文化・生活の「知の拠点」として地域創生、活性化を図る

長野県に軸足を置き、グローバルな視野を持つイノベーターを育成

現代社会が直面する社会的課題に対処するため、公的機関だけでなく企業活動などを通じた効果的かつ持続可能な革新的取り組みを生み出すため、本学では、産学官連携を通じ、地方創生への起爆剤となる新しいしくみの開発の支援や、従来型ではない貢献を推し進めています。長野県の優れた人たちと絆を結び、世界や日本のあらゆる場所へ旅立っても、いつかそれを長野に還元できるような愛を育むこと。広い視野で社会を革新できるイノベーティブな人材を育成します。

閉じる

アドミッションポリシー

グローバルマネジメント学部グローバルマネジメント学科の入学者受入方針

グローバルマネジメント学科の教育目標に共鳴し、挑戦する強い意欲を持って学ぼうとする、次のような資質・能力を備えた者を求めています。

・経営学に関する確かな専門的知識を身に付けて、将来、ビジネス・リーダーとしての活躍、社会や地域の課題解決のための事業創造、課題解決のために活動するリーダーとなることを志す者
・英語集中プログラムと海外プログラムを通して、聴いて内容の主要な点を理解できるレベルの英語力とグローバルな視野を身に付け、社会で活躍したい者
・寮生活を通して、豊かな人間性と高い倫理観を身に付け、協働して目標を達成することを志す者

閉じる

健康発達学部食健康学科の入学者受入方針

食健康学科では、管理栄養士の資格取得をめざした教育を行います。その教育目標に共鳴し、挑戦する強い意欲を持って学ぼうとする、次のような資質・能力を備えた者を求めています。

・人との関わりを大切にし、楽しく豊かな食を創造する者
・人々の生命を支える食の営みを、科学的に探究することに情熱のある者
・管理栄養士としての専門性を生かして、長野県の健康長寿の発展に貢献したい者
・英語集中プログラムと海外プログラムを通して、聴いて内容の主要な点を理解できるレベルの英語力とグローバルな視野を身に付け、社会で活躍したい者
・寮生活を通して、豊かな人間性と高い倫理観を身に付け、協働して目標を達成することを志す者
・栄養学の土台となる化学や生物などの基礎学力を身に付けている者

閉じる

健康発達学部こども学科の入学者受入方針

こども学科の教育目標に共鳴し、挑戦する強い意欲を持って学ぼうとする次のような資質・能力を備えた者を求めています。

・こどもを愛し、その幸せを実現する意欲と志を持っている者
・こどもの健やかな成長・発達を支援する環境や教育について、科学的に探究し、行動する習慣と粘り強さを持っている者
・幼稚園教諭免許状、保育士資格を取得し、その専門性を生かして地域に貢献したいという意欲を持っている者
・自ら求めて考え、行動し、協働しながら学び、より良い保育を創造する多様な資質を持っている者
・英語集中プログラムと海外プログラムを通して、聴いて内容の主要な点を理解できるレベルの英語力とグローバルな視野を身に付け、社会で活躍したい者
・寮生活を通して、豊かな人間性と高い倫理観を身に付け、協働して目標を達成することを志す者

閉じる

教育環境

少人数教育

教育のひとつの理想である「学生一人ひとりの個性や資質にあった親身な教育」。本学では、自ら問いを定め、インプットとアウトプットを経て、議論や対話を行うための少人数制授業を行っており、「英語集中プログラム」は1クラス25名、「発信力ゼミ」は1クラス16名程度を上限としています。
「発信力ゼミ」は自分から問いを探し、情報を収集し、知識を吸収し、それを文章や人前での発表を通じてアウトプットし、さらにはそれに対して議論・検討する力を身に付ける1年生の必修の授業。本学の学生に必要なこれらのスキルを、学部学科の垣根をこえた少人数のクラスで互いに切磋琢磨しながら1年間じっくりと身に付けていきます。

閉じる

実践的な能力を身に付ける英語教育

「英語集中プログラム」のカリキュラムでは、4技能(読む・聞く・書く・話す)融合型の授業が週4回(健康発達学部は2年次2学期以降週2回)行われます。1クラス25人程度の少人数制で、実践的な英語力が身に付きます。正確な英語運用能力を養成する科目群(主として日本人英語教員担当)と、自分の意見を自在に発信する英語コミュニケーション能力を養う科目群(主として外国人英語教員担当)とから構成され、「英語運用能力」と「英語コミュニケーション能力」をバランスよく養成し、実践的な力である、聴いて内容の主要な点を理解できる力を身に付けます。

閉じる

産学官連携や地域と連携するソーシャル・イノベーション創出センター

日本中から集うイノベーター、プロフェッショナルと、学生、教員や企業、行政機関などを相互に結びつけ、社会的課題を解決するための新しい商品やサービス、新しいしくみの開発をめざす「ソーシャル・イノベーション創出センター」。このセンターは長野を、日本を、そして世界をより良い方向に導くためのイノベーションを生む拠点、良い循環・プロセスを作り出す基盤として、教員はもちろん、地域の企業、行政機関が連携し、従来型ではない教育を進めることで、地域への貢献を実現します。ロールモデルとの出会いは学生の自主性を刺激し、自分自身を見つめ直す好機となり、広い視野を持ったイノベーティブな人材育成を実現します。

《主な業務内容》
・企業、団体、起業家などへの支援
・企業などとの共同研究、イノベーション創出支援、起業支援など
・地域との連携
・地域連携事業の実施、地域が抱える課題解決の支援など
・他大学との連携
・他大学からの相談窓口、大学コンソーシアムなど
・公開講座の開催(〈テーマ〉企業経営、起業、食と健康、子育てなど)

閉じる

学部

2018年度

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

2018年度実績

●入学料
長野県内の者 141,000円
長野県外の者 423,000円
※長野県内の者とは、次のいずれかに該当する者をいいます。
(1) 本人又はその配偶者若しくは1親等の親族が入学する年の前年の4月1日から引き続き長野県内に住所を有する者
(2)(1)に準ずる者として知事が特に認めた者
*長野県外の者とは、上記以外の者をいいます。

●授業料
年額 535,800円
※入学後に1・2学期(267,900円)、3・4学期(267,900円)の2回に分けて納入していただきます。

授業料の免除

経済的理由により授業料の納付が困難な学生について、次のとおり、授業料の全部又は一部を免除します。
【減免の対象者】
1.次のいずれかに該当する学生については、授業料の全額を免除します。
・本学に入学するまで属していた世帯の家計支持者が生活保護法による要保護者である学生
・本学に入学するまで属していた世帯の家計支持者が住民税(均等割又は所得割)非課税の者である学生
・社会的養護を必要とする学生(本学に入学するまで児童養護施設などに入所していた者または里親などの養育を受けていた者)
2.天災、家計支持者の疾病・死亡、家業不振その他世帯の状況に応じ、理事長が上記(1)に準じて授業料の減免を相当と認める学生については、授業料の全部または一部を免除します。

閉じる

留学

過去の留学実績(調査年度:2018年)

学生数、教員数

【学生数】245人
【外国籍の学生数】2人
【教員数】78人
【外国籍の教員数】7人

昨年度の留学実績

留学プログラムについて

海外プログラム

【留学先】アメリカ・その他の州、ニュージーランド、イギリス、スウェーデン
【留学期間】1か月未満
【対象人数】175
【留学開始時期】2019/06/01
【奨学金】無
【単位認定】有
【問い合わせ先】
URL:http://www.u-nagano.ac.jp/nagano-global/
部署:グローバルセンター
電話番号:0264621444

海外プログラム

【留学先】アメリカ・ニューヨーク州、アメリカ・その他の州、ニュージーランド
【留学期間】1か月未満
【対象人数】31
【留学開始時期】2019/06/01
【奨学金】無
【単位認定】有
【問い合わせ先】
URL:http://www.u-nagano.ac.jp/nagano-global/
部署:グローバルセンター
電話番号:0264621444

海外プログラム

【留学先】フィンランド
【留学期間】1か月未満
【対象人数】41
【留学開始時期】2019/09/01
【奨学金】無
【単位認定】有
【問い合わせ先】
URL:http://www.u-nagano.ac.jp/nagano-global/
部署:グローバルセンター
電話番号:0264621444

閉じる

住環境

鎖国下の日本でいちはやく海外を志向した先覚性を持ち、坂本龍馬、吉田松陰など多くの幕末の志士に多大な影響を与えた地元松代藩の教育者「佐久間象山」の名を冠した学寮「象山寮」には、2人1部屋の生活空間のほか、リビングラウンジやダイニングキッチン、洗濯機・乾燥機(コインランドリー方式)を完備しています。

閉じる

クラブ・サークル活動

自分で新たにサークルを作ることも可能。積極的にサークル活動に参加し、大学生活を楽しみましょう!

閉じる

パンフ・願書

学部・学科の学び、キャンパスライフなどについてご紹介しています。

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

三輪キャンパス

長野市三輪8-49-7
・JR長野駅善光寺口乗り換え長野電鉄(乗車 6分)「本郷」駅下車(徒歩10分)
・JR長野駅善光寺口6番バスのりば長電バス (乗車15〜20分)「城山団地」下車(徒歩5分)



後町キャンパス 象山寮

長野市西後町614-1(旧後町小学校 跡地)
・JR長野駅善光寺口乗り換え長野電鉄(乗車 3分)「権堂」駅下車(徒歩8分)
・JR長野駅善光寺口4番バスのりば 中心市街地循環バスぐるりん号(乗車5分) 「権堂入口」下車(徒歩2分)

閉じる

問い合わせ先

住所

〒380-8525 長野市三輪8-49-7

電話番号

(026)462-1490

URL

http://www.u-nagano.ac.jp/

E-Mail

koho@u-nagano.ac.jp

その他

FAX.(026)235-0026

閉じる

みんなのQ&A

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ