しずおかぶんかげいじゅつ

静岡文化芸術大学

公立大学 静岡県

大学トップ

ここに注目
  • SUACで「知と実践の力」を鍛える
  • 実践的手法で文化・芸術・社会を多角的に学ぶ「文化政策学部」
  • 入学後に6つの専門領域から進路を選択できる「デザイン学部」

大学の特色

「文化の力」と「デザインの力」を身に付ける

出会う、感じる、創造するキャンパスで学ぶ

本学は、文化とデザインを二本の柱として、より暮らしやすく、心にも身体にも優しい社会の実現をめざす人々が学び集う大学です。さらにグローバル化する現代にふさわしい国際性と、豊かな教養と専門性を身に付け、大学での学びを通じて、自らの可能性を学びながら探究できる大学へと進化しようとしています。

大学の基本理念
実務型の人材を養成する大学
豊かな人間性と的確な時代認識や社会認識を持ち、国際社会のさまざまな分野で活躍できる人材を養成します。

社会に貢献する大学
地域、国際、世代が教育研究の場で幅広く融合する“開かれた大学”として地域社会および国際社会の発展に貢献します。

閉じる

知性と感性を磨く

知性と感性を磨き、「文化力」「デザイン力」を身に付ける

豊かな人間性と的確な時代認識を持ち、国際社会のさまざまな分野で活躍できる人材の育成をめざします。教養教育と専門教育が調和したカリキュラムを通して、知性と感性を磨き、新しい価値や文化を創造する力を育てます。

閉じる

SUAC生としての「教養と感性」「知識と能力」を身に付ける

本学の礎となるのは、「出会う 感じる 創造する」ことから生まれる学び。文化の力、デザインの力で社会貢献し、実務型の人材を育成するため、次の教育カリキュラムを用意しています。

SUAC生としての基礎づくり「導入教育」
本学で学ぶための感性を磨くとともに、基礎的な知識・能力を身に付けます。
■文化芸術体験演習
狂言・落語・歌唱・写真の各講座で日本の伝統文化などを体験し、知性・感性を磨きます。
■学芸の基礎
論文作成の基礎知識、口頭発表の技法や討論方法、高度情報社会への対処法、研究倫理など、大学で学び、社会で活躍するうえで必要とされる基礎的な能力を養います。
バランスのとれた知識を「教養教育」
伝統的な学問分野である「人文科学・社会科学・自然科学」に、本学の特色である『芸術・デザイン』を加え、幅広い教養を身に付けます。
充実した学びの中で専門性を深める「専門教育」
文化政策学部では、文化・芸術、政策・マネジメント、情報・リテラシー、観光分野を共通して学修。その後、3学科の各専門科目によって文化政策、多文化理解、企業経営などの専門性を深めていきます。
デザイン学部では、デザインの概念・理論・技法、デザインの歴史や現状、ユニバーサルデザインの考え方を理解したうえで、6つの専門領域でより深く専門性を追究します。また領域を横断した専門科目の履修も可能です。
社会の中で役立つ力を「実践教育」
地域社会と関わる実践活動を通して、課題の発見や解決に取り組む教育です。卒業後の進路開拓にもつながります。
国際的に活躍するために「外国語教育」
「多文化・多言語教育研究センター」(2022年4月 英語・中国語教育センターを再編成)と連携し、英語・中国語の教育を強化しています。また、フランス語、 イタリア語、ドイツ語、インドネシア語、ポルトガル語、韓国語など充実した語学が学べる環境が整っています。
一人ひとりに目の行き届いた4年間「少人数教育」
本学では、多くの科目で少人数のクラス編成を採用しており、教員と学生の対話、コミュニケーションを重視した環境を整えています。学生の自由な発想を導き出すきめ細かな指導により、学生は学びを深め、専門性を高めています。

閉じる

教育環境

緑と共生する都市型のキャンパス

文化・芸術の発信地となる都市型キャンパスで、豊かな創造力を育む

JR「浜松」駅から徒歩15分という中心市街地に位置するキャンパスは、「ユニバーサルデザイン」の理念が取り入れられており、充実した施設・設備が整った緑豊かな環境となっています。学習意欲を刺激する設備、ゆとりと憩いを実感できるパブリックスペース、豊かな創造性を育むうえで欠かすことのできない「遊び心」あふれる独創的な施設です。

出会いの広場
2階にありながら人工地盤により緑化された、学生と市民の憩いの広場。学生食堂、学生ラウンジ、講義室、図書館・情報センターなどへとつながる、大学の中心的スペースです。

創造の丘
浜松市内が一望できる屋上庭園は、まさに都会のオアシス。山の尾根、波のうねりを思わせる緩やかな起伏が印象的です。晴れた日には富士山や遠州灘が望めます。

図書館・情報センター
図書館・情報センターは、本学の「知の拠点」として、約24万冊の図書、約1600種類の新聞・雑誌、約7400点の視聴覚資料を所蔵。また、館内には学生用PCがあり、大学無線LAN(SUAC Wi-Fi)も利用可能です。図書館の所蔵する資料と、ネットワーク上の情報をもとに、さまざまな学習や教育に活用できる環境が整備されています。

閉じる

音声誘導可能な案内サイン

「ユニバーサルデザイン」に基づいて設計された施設で快適に学ぶ

ユニバーサルデザインとは、年齢や性別、能力の如何に関わらず、全ての人が利用できるようにモノや空間をデザインするという考え方です。本学では、機能性と審美性を備えた、さりげなく、美しく、できる限り多くの人のアクセスを可能にするユニバーサルデザインに基づき、学内の環境を整備しています。

音声誘導可能な案内サイン
案内サインは、大学カラーのブルーを基調に、日本語と英語で表示しています。点字案内板も学内11か所に設置され、音による誘導も行っています。

段差を解消するスロープ
施設内の段差は、スロープ化することで解消。弾力のある滑りにくい素材を使用し、高さ75cmごとに踊り場を設けるなど、安全性にも配慮しています。

スムーズに通過できる広い出入り口
出入り口には、幅120cm以上の自動ドアを採用し、大ガラス面には衝突防止シールが貼られています。床には段差がなく、スムーズに出入りできます。

閉じる

金属工房

工房やアトリエなどの「創造空間」でものづくりの楽しさを体感する

最新の設備が整った工房やアトリエを数多く設けています。学生たちは、この空間でさまざまな実習に取り組んで、ものづくりの楽しさを体感し、自らの創造性を育んでいます。

金属工房
身近にたくさんある金属。少し視点を変えて道具や工具を上手く利用すると、さまざまな物を作り出すことができます。この工房では、デザインをするうえで必要な金属の基本的な性質や加工方法を学修。制作するための道具や工具が豊富にそろっているのが特長です。

マルチメディア室
レコーディング機材を持つ防音カプセルを備えたマルチメディア制作室です。デジタルサウンドの生成や編集、音楽素材の制作、FLASH・ゲーム・Webコンテンツの制作などを行います。センサを活用したインタラクティブ(対話的)なメディアアート作品もここから多数生まれています。

CAMモデル室
デジタルデザインのためのモデリングやコンピュータによる造形を行います。CADやCGで作成したデザインデータを基に、モデルを立体造形する3Dプリンターなどの機器やクレイモデルから三次元CADデータを作成するためのデータを計測する装置、大型のステレオスコープ(立体鏡)など、制作や実験のための本格的な装置も設置されています。

閉じる

学部

【2023年度入学者対象】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

【2023年度入学者対象】納入金(入学料・授業料)

静岡県内の者/741,460円(入学料141,000円および保険、後援会費、同窓会費を含む)
静岡県外の者/967,060円(入学料366,600円および保険、後援会費、同窓会費を含む)

学費支援体制・奨学金

学生の向上心を全力でバックアップ
●授業料の減免制度
経済的理由または天災などによって授業料の納入が著しく困難な場合に、授業料を減免する制度です。

●奨学金
日本学生支援機構、地方公共団体および民間団体が行う各種の奨学金制度を紹介しています。基準となる学力・経済状況や貸与金額・返還方法などはそれぞれ異なります。

閉じる

留学

※新型コロナウイルスの影響で、ご紹介している留学プログラムが中止・変更になる可能性があります。詳細は、各大学の公式ホームページ等でご確認をお願いいたします。「留学人数」、「大学独自の奨学金制度の有無」については、2019年度または2020年度の実績を掲載しております。

過去の留学実績(調査年度:2021年)

昨年度または一昨年度の留学実績

【留学期間別の留学人数】
1か月未満 51人
1か月以上3か月未満 0人
3か月以上6か月未満18人
6か月以上1年未満20人
1年以上0人

単位認定、奨学金

【単位認定プログラム数】0
【大学独自の奨学金】有
※各大学の留学実績や単位認定、奨学金などについては、大学発表の資料でもご確認ください。

閉じる

住環境

●キャンパス 〜 浜松 〜
本学は、JR「浜松」駅から徒歩15分の中心市街地に位置し、周囲には街の活気や行き交う人々の躍動感があふれています。「未来を担う学生たちに、時代の息吹を肌で感じてほしい」という思いが、ゆとりある面積とともに、全国でも希少な都市型キャンパスとして結実しました。
キャンパスが置かれた浜松は、「日本のものづくりの発祥の地」とも言われ、名高い「やらまいか」精神の下、さまざまな産業を生み育ててきました。また、世界的楽器メーカーが拠点を置き、日本最初の公立楽器博物館が設立された「音楽の街」としても知られる文化都市でもあります。

閉じる

クラブ・サークル活動

自主活動が盛んな校風を反映して、クラブ・サークル活動も多種多彩。学部や学科の枠を超えたコミュニケーションがいっぱいです。また、周辺他大学との合同サークルもあります。

体育会系クラブ

バトミントン部、アルティメットサークル、バレーボール部、硬式テニス部、女子フットサル部、ヨガサークル「YO☆GIRLS」、バスケットボール部、サッカー同好会「S-LAB」、軟式野球部「スパイラルズ」、陸上サークル「SuActive」、合気道部、弓道部、ダンス部「URR」、ストリートダンスサークル「闇鍋」、よさこいサークル 「浜松学生連 鰻陀羅」

文化系クラブ

書法倶楽部「彩筆會」、着物倶楽部、茶道部、華道サークル「花籠」、文芸かるたサークル、音響照明技術研究会「P@tch-code」、現代劇創作サークル「ecru」、演劇鑑賞等活動サークル「劇院中心」、放送部「SUAC Broadcast Club」、Enjoy Arts Project(イベント企画・運営)、漫画研究サークル「Black or White」、SUAC Kitchen(料理)、写真同好会「TaP!」、モビリティ研究会「COCOON」、建築研究会「Ken-Ken」、陶芸部、BALLOON ARTS、MAKE A NEW ONE(映像作品制作)、映画制作チーム「bf」、モノづくり同好会「MONO」、アクセサリー同好会「ロザンヌ」、けものみち(2Dグラフィック)、作品制作・展示サークル「En」、吹奏楽部「SUAC Wind Ensemble」、軽音楽部、ゴスペルサークル「ごすno music,no life」、弦楽合奏同好会、ジャズ研究会「BREATH」、エレクトーンサークル「Tutti」、りとみっくサークル「♪」、CSN浜松(学習支援)、LA-VoC(ラボック:中山間地域)、Habitat for humanity Alicia、りとるあーす(フェアトレード推進)、教職スクランブル、天文サークル「Sirius」、謎解き研究会【DetEQtive】

閉じる

大学院・併設の大学

大学院

●文化政策研究科
芸術文化の振興や文化政策の推進を担う高度な専門家を育成します。
●デザイン研究科
企画から計画推進、造形展開に至るデザイン諸分野での専門能力を養成します。

閉じる

パンフ・願書

本学の学部・学科の学びの内容や施設・設備、キャンパスライフなどを紹介しています。

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

教員数・学生総数

教員数

教授64人、准教授17人、講師6人
*2021年5月収集情報

学生総数

1406人
*2021年4月1日現在

新入生総数

341人
*2021年5月収集情報

閉じる

その他の特色・学生支援制度

奨学金 海外留学 単位互換 大学院 学生寮 部活動・同好会
給付 貸与 留学制度 学内 学外 修士 博士 男子 女子 文科系 体育会系 同好会
× × × × 約18 約10 約21

閉じる

所在地・アクセス

本学キャンパス

●浜松市中区中央2-1-1
JR「浜松」駅から徒歩15分、または遠州鉄道「遠州病院」駅から徒歩8分

閉じる

問い合わせ先

住所

浜松市中区中央2-1-1
静岡文化芸術大学 入試室

電話番号

(053)457-6401

URL

https://www.suac.ac.jp/

その他

【FAX】(053)457-6123(代)

閉じる

閲覧履歴に基づくオススメの大学

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

  • 「志望校」に登録して、
    最新の情報をゲットしよう!

    志望校に追加

リストに追加しました

ページの先頭へ