とうほくこうえきぶんか

東北公益文科大学

私立大学 山形県

大学トップ

2019/05/22NEW

ここに注目
  • 2系6コースで専門的な学びを深める
  • きめ細かなキャリア支援で学生の進路実現をサポート
  • 海外留学を推奨。最低でも渡航費用の2分の1を助成

大学の特色

地域社会の課題解決に挑戦し実践力とリーダーシップを身に付ける

幅広い視野とリーダーシップで地域社会の課題解決に取り組む

本学の公益学部公益学科の中には2つの系があります。地域経営系には「経営コース」「政策コース」「地域福祉コース」があり、「地域を経営する」という視点から、地域を構成する企業や行政、福祉などに焦点をあてしくみや課題について学びます。交流文化系には「国際教養コース」「観光・まちづくりコース」「メディア情報コース」があり、「交流」という視点から、多文化共生や国際的課題、地域活性化のあり方や手法について学びます。どのコースでもコースに軸足を置きながら他コース専門科目も幅広く学ぶことができ、「コミュニケーション力と発信力」「国際感覚」「創造力と企画力」「リーダーシップ」を身に付け実践力を磨いていきます。

閉じる

学生一人ひとりに応じた、きめ細かなキャリア支援

充実した支援体制で学生の希望進路の実現をサポート

学生が入学当初から進路選択にスムーズに取り組めるよう、就職活動前の進路の相談やアドバイスはもちろん、就職活動中のエントリーシートの添削指導、模擬面接など、学生一人ひとりのニーズに応じたきめ細かな支援を行っています。また、学内での合同・個別企業説明会の実施や、遠隔地の合同説明会への無料送迎バスの運行、3年生対象の個別面談、保護者就職懇談会、就職活動を終えた学生がアドバイスを行う就活サポーターなど、さまざまな支援を行っています。また、大手専門校のプロ講師による公務員試験対策講座も格安で開講。山形県内の多くの自治体に勤務する卒業生が勉強方法などを伝授する支援体制も充実しています。

閉じる

アドミッションポリシー

東北公益文科大学アドミッションポリシー

公益学部公益学科は地域経営系、交流文化系の2つの系から成り、経営、政策、地域福祉、国際教養、観光・まちづくり、メディア情報の6つのコースを設置しています。外国語や情報処理などの汎用的技能及びリベラルアーツを身に付け、コースの講義や演習を通して修得した専門的な知識・技術を活用し、地域社会が直面する諸課題に取り組みます。これらを通して実践力を養うとともに社会と時代の要請に応え得る有為の人材を育成します。

そのため、東北公益文科大学では次の要件に該当し知的好奇心と探究心を持った勉学意欲の高い学生を求めています。

国際的な視野を持ち、地域社会における経済、行政、福祉などの領域で、自ら課題を見つけ解決策を考え、リーダーシップを持って地域の人々とともに課題に取り組みたいと考えている人。

閉じる

教育環境

座学だけでなく、地域に出て学ぶ授業を展開

庄内全体が学びのフィールド

学生たちは、地域全体を学びのフィールドに、課題解決のさまざまな知識を身に付け、手法を実践します。豊かな自然に恵まれた庄内地域を学びの舞台に、自由に発想し、実践を繰り返しながら学びを深めます。

[活動例]
・庄内の農業・農村活性化プロジェクト:庄内柿の売り上げ拡大策を検討し提案
・地域公共交通利用促進プロジェクト:産学官が連携し、公共交通の利用促進に向けた新たなサービスの提供などの施策を検討
・地域コミュニティにおける「防災」の仕組みづくり:酒田市日向地区では子供やその親を対象とした「防災キャンプ」の企画・運営。酒田市飛島では、津波防災・減災を中心とした地区防災計画、防災・観光複合施設づくりの提言

閉じる

一人ひとりを大切に、個別面談の実施で大学生活をサポート

きめ細かなアドバイザリー制度

アドバイザリー制度とは、高校の担任制のようなもので、学生一人につき必ず一人の専任教員がアドバイザーを務めます。学生は、年2回の成績配付時に必ずアドバイザー教員と面談。成績評価を受けての今期の振り返りと、来期の目標設定などを行います。アドバイザー教員は、学修や進路、就職について助言や指導を行い、大学生活が充実したものとなるよう支援。少人数ならではのきめ細かなサポートを実現しています。

閉じる

仲間たちと共に過ごす貴重な1年間

協調性や自立心を養うドミトリー(学生研修寮)

キャンパス内にコテージ風のドミトリー(学生研修寮)が20棟あり、希望する1年生が1年間住むことができます。寮費は月額25,000円とアパートに比べ大変経済的です。約6畳の個室には、エアコン・ベッド・クローゼット・机・椅子が備え付けで、入寮したその日から快適に生活することができます。また、各個室には情報コンセントがあり、インターネットへ常時無料で接続可能です。個室でプライベートはしっかりと守りながら、仲間との共同生活を思う存分楽しむことができます。

閉じる

学部

【2019年度入学者対象】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

初年度納入金【2019年度入学者対象】

公益学部1,120,000円
※入学手続時・秋学期分納
(内訳)入学金270,000円、授業料650,000円、施設整備費200,000円

充実の奨学制度【2018年度(参考)】

優秀な学生を学費面から支援し、学びたい気持ちを力強くサポートするため、独自の奨学制度を多数設け、学費の負担を軽減できるよう強力にバックアップしています。

●学費全額免除奨学生制度
対象入試:一般入試(A・B日程)、大学入試センター試験利用入試(A・B日程)/入学金(初年度)、授業料、施設整備費が全額免除される制度で、《事前申込型》《同時出願型》の2種類の選考方法で決定します。

●給付型奨学生制度
対象入試:一般入試(A日程)/出願時にエントリーした方の中から試験成績、提出書類、面接、家計要件をもとに決定し、月額4~8万円の返済義務のない奨学金を給付します。

●減免型奨学生制度
対象入試:AO入試、公募制推薦入試(全日程)、大学入試センター試験利用入試(全日程)/出願時にエントリーした方の中から、試験成績と家計状況を加味して決定し、減免型奨学生として、授業料および施設設備費を半額減免にします。

●特待生制度
対象入試:ギャップイヤー入試、指定校制推薦入試、一般入試(全日程)、大学入試センター試験利用入試(全日程)/受験者全員の試験成績を総合的に評価して決定し、成績上位者は特待生として、授業料および施設整備費を半額減免にします。

●入学金免除制度
対象入試:指定校制推薦入試/合格した場合、入学金が全額免除になる制度で、入学時の費用負担の軽減を図ることができます。

●兄弟・姉妹入学時の授業料減免制度
世帯・家計を一とする兄弟・姉妹が同一期間に本学在学生となる場合に、後に入学した者の年間授業料の半額(325,000円)を減免します(兄弟・姉妹どちらかに本学独自の奨学制度が適用されている場合は対象外)。

●優秀学生奨学金制度
入学試験の成績による奨学生に採用されていない学生が対象で、申し込みのあった学生のうち、その年度の成績が最上位の学生に奨学金を給付します。

●海外短期語学留学奨学助成制度
本学では、海外短期語学留学を奨励しており、語学力の向上や異文化の理解を目的とした海外短期語学留学に参加する意欲ある優秀な学生に対して、語学検定試験の結果に応じて手厚く助成しています。

その他、日本学生支援機構や地方自治体などによる奨学制度があります。

※詳しくは、「学生募集要項」をご覧ください。

閉じる

住環境

海、山、平野とあらゆる自然に恵まれた山形県庄内地方。自然・食・文化・歴史と興味深いものが多く残る地域です。本学の学生はキャンパスだけでなく庄内全体を学びのフィールドとして、実り多い大学生活を送っています。

閉じる

クラブ・サークル活動

学生たちの自主活動のひとつとして、さまざまなクラブやサークルが活動しています。
地域のパトロールやまちづくりに取り組む個性的な団体もあります。

体育会系クラブ

◆クラブ
硬式野球部(強化指定部)、女子サッカー部(強化指定部)、男子バレーボール部(強化指定部)、女子バレーボール部(強化指定部)、バドミントン部、男子サッカー部、よさこいソーラン部 「蒼嵐」 、男子バスケットボール部、潜水部、スケート部、フットサル部、ソフトボール部、少林寺拳法部など
◆サークル
和太鼓サークルW-ind、剣道サークル、スノーボードサークル、球技サークル、女子バスケットボール、卓球サークル、ダンスサークル、ダーツサークル、ハンドボールサークル、体育会(体育系クラブ・サークルの取りまとめ)など

文化系クラブ

◆クラブ
ボランティアクラブ、L.E.E.(英語部)、まごペル(アカペラ)、バンド部
◆サークル
ラジオサークル 「オーシャンズ」、ボラぽっけ(震災復興支援)、文芸サークル、SKIP(地域アプリ開発)、公翔祭実行委員会、酒田おもてなし隊、思恩園ボランティアサークル、文化会(文化系クラブ・サークルの取りまとめ)など

閉じる

大学院・併設の大学

問題解決能力が高く、リーダーシップのある人間を育てます

東北公益文科大学大学院では、国際社会を含めた幅広い知見から対応策を求め、リーダーシップをもって課題解決に向け行動できる人材の輩出をめざしています。専門的な知識はもちろん、論理的に考える力や共創・協働の手法を学び、実際の課題解決に向け探究します。
社会人が学びやすい夜間や土曜日の授業、24時間使用できる個人研究ブースなど、制度・設備面のサポートも充実しています。

■公益学研究科
公益学専攻(修士課程)、公益学研究専攻(博士後期課程)

閉じる

パンフ・願書

大学案内にはコースの詳しい紹介やキャリアプログラムの紹介、本学のキャンパスライフなどの情報が満載です。ぜひ資料請求して、本学の魅力を確認して下さい。

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

酒田キャンパス

●山形県酒田市飯森山3-5-1
JR「酒田」駅からバス15分
山形自動車道・酒田I.C.から車で5分
庄内空港から車で20分

閉じる

問い合わせ先

住所

〒998-8580
山形県酒田市飯森山3-5-1 
入試事務室

電話番号

(0234)41-1118(直)
【フリーダイヤル】0120-41-0207

URL

http://www.koeki-u.ac.jp/

その他

【FAX】(0234)41-1134
【お問い合わせフォーム】
http://www.koeki-u.ac.jp/toiawase/index.html

閉じる

みんなのQ&A

閲覧履歴に基づくオススメの大学

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ