×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

こおりやまじょし

郡山女子大学

私立大学 福島県

大学トップ

2020/06/10NEW

ここに注目
  • 自主・自立した女性をめざす
  • 芸術文化教育で豊かな感性を育む
  • きめ細かなキャリア・就職サポートのもとで学ぶ

大学の特色

2016年4月に学園創立70周年、郡山女子大学開学50周年を迎えた

自己を磨き、輝く女性に

本学は、女子の高等教育の普及と向上を図り、「女性が一個の人間として自己を磨き、成長しうる場を創りたい」という願いから、1947年に創立された郡山女子専門学院を母体としています。創立以来、女子の総合教育学園として大学院、大学、短大、附属高校、附属幼稚園を擁する学園として発展させ、「人間生活を学ぶ」という教育方針を貫き、建学の精神(教育目標)の「尊敬」「責任」「自由」を掲げ、個性を重視し、互いを理解する<個>の確立と<他>との協調ができる、自主・自立した女性の育成を図っています。

閉じる

最高水準の芸術に触れられる「芸術鑑賞講座」

芸術文化教育で感性を育む

本学園では創立以来、感動と知識を融合させる「感性の教育」が心豊かで美しい女性を育てるという考えから、最高水準の文化や芸術に触れる機会を豊富につくるため、「芸術鑑賞講座」と「教養講座」を続けてきました。日本や世界で活躍している著名な方々や団体をお招きした音楽会、伝統芸能、演劇、美術展はこれまで200回を超え、学識者による講演会は100回以上を数えます。

閉じる

学生の就職活動を全力でバックアップ

きめ細かなキャリア・就職サポートのもとで学ぶ

学生の希望の進路の実現に向け、就職部と各学科就職担当者・アドバイザーの教員が密に連携し、学生の希望進路や能力適性を的確に把握しながら、就職活動全般への支援、履歴書・エントリーシート、面接のアドバイスや指導を行っています。

■各種ガイダンス・講座
就職ガイダンス/就職部では、年6回の就職ガイダンスを実施しています。就職に役立つ、就職活動の流れや、情報を提供しています。
キャリアアップセミナー/就職活動を円滑に行うために、就職ガイダンス以外に集中で講座を実施しています。
公務員試験等対策講座/公務員の教養試験・民間の一般常識、SPI試験のための筆記試験対策講座です。
就職内定者発表/就職内定者からディスカッション形式で、質問しアドバイスを貰います。就職内定者から直接話が聞ける機会です。
マナー講座/就職活動に必要なマナーや、礼儀の心構えを外部講師に指導してもらう機会を設けています。
社会人入門講座/社会人としての心構え・マナーを学び、社会人として信頼関係を構築できるように講座を設けています。

閉じる

アドミッションポリシー

家政学部生活科学科※ アドミッションポリシー(入学者受け入れ方針)

生活科学科※は、人間の健全な生活の実現を共通の目的として、社会福祉と建築デザインの分野について、専門的かつ融合的に学ぶことにより、地域における福祉と建築に関する課題の解決に取り組み、地域の活性化に資する福祉と建築の専門的人材を養成し、定着させ、地域の復興、創生に寄与することを教育目的とします。

●社会福祉専攻※
社会福祉には、人々の権利を譲り、幸福な生活を追求し、家庭および地域社会で暮らし続けることを支える役割があります。
社会福祉専攻では、今日の少子高齢化により発生している課題をはじめ、障がい者(児)福祉、児童家庭福祉、地域福祉など幅広い分野の知識を学び、多様な相談に適正に助言、解決につなげる相談支援指導の実践力を有する社会福祉士(ソーシャルワーカー)、福祉の高度な専門知識とケアマネジメント力をもつ介護福祉士を養成するための教育・研究を行います。さらに、多様化する広い生活領域を学び、生活者の視点から、安心で安全な生活を創造し、地域社会へ貢献することができる自立した女性の育成をめざしています。
そのために、以下のような資質・能力・意欲を持った学生を受け入れます。
【求める人材像と学力の3要素】
・社会福祉に関する地域の諸問題を自ら考え、解決策を判断し提示できる人。(思考力・判断力・表現力)
・高い教養と専門知識・技術を修得して、家庭生活や社会生活の諸問題を自ら考え、解決策を判断し、解決策を表現できる人。(思考力・判断力・表現力)
・主体性を持って他者への支援を行う意欲と、地域社会へ貢献する意欲を持つ人。(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)
・社会福祉士、介護福祉士、中学校・高等学校家庭科教諭、特別支援学校教諭などの資格取得を希望し、福祉や家政学の専門的知識・技術を修得する意欲のある人。(知識・技能)

●建築デザイン専攻※
建築物は、人々が安全で快適に生活することができる空間であるとともに、その地域の文化、歴史、自然等を踏まえた高いデザイン性を有している必要があります。
建築デザイン専攻では、人間生活の器である建物の本質的な意味を理解し、女性の感性を活かし、人と自然の共生を可能にする住環境を柔軟に創造できる能力を有する建築設計者・技術者を養成するための教育・研究を行います。
そのために、以下のような資質・能力・意欲を持った学生を受け入れます。
【求める人材像と学力の3要素】
・社会的諸問題と建築や人間生活の関わりについて興味を持ち、知的感性を磨いていく意欲のある人。(思考力・判断力・表現力)
・コミュニケーション能力の向上に意欲を持って取り組める人。(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)
・快適な建築空間を創造し、ものづくりに対して豊かな発想で取り組める人(思考力・判断力・表現力)
・建築学を学ぶための基礎学力を有し、建築士を志す人。(知識・技能)

※2021年4月に現・人間生活学科総合コース/福祉コース/建築デザインコースから名称変更予定(申請中)。記載内容は変更になる場合があります。

閉じる

家政学部食物栄養学科 アドミッションポリシー(入学者受け入れ方針)

食物栄養学科では、食と健康のスペシャリストとして人々の健康を食から支える管理栄養士、栄養士、栄養教諭、食品衛生監視員、食品栄養管理者の養成を目的とし、幅広い専門知識と技術を身につけ、社会の発展に貢献できる人材を育成します。
【求める学生像】
・食と健康に強い関心を持って意欲的に学修する人。食物栄養学科の基礎となる特に理数系科目の学力を身につけた人。(知識・技能)
・身につけた知識を、活用できる人。コミュニケーション能力をもっている人。(思考力・判断力・表現力)
・健康の維持・増進、疾病の予防と回復などについて多様な人々と協働して、人の役に立つ仕事をしたい人。管理栄養士を目指して不断の努力ができる人。(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

閉じる

教育環境

美しい自然に囲まれた環境で、豊かな情操と人間性を育む

恵まれた環境で送る充実した学生生活

本学がある郡山市は東京まで1時間少々、仙台まで40分、宇都宮までは30分と交通の便もよく、人口33万人を超える福島県随一の商工業と文化の都市です。福島空港からは、大阪・札幌が約80分の距離。本学は郡山市内の大学のなかでも郡山駅から一番近く、交通の便もよく市内循環バスで駅前から郡山女子大学停留所まで約30分、タクシーで15分という恵まれた環境にあります。学園に隣接した開成山公園は、桜の名所として知られ、春には1,300本もの『ソメイヨシノ』が一斉に咲き誇ります。

閉じる

キャンパス内のインターネット環境を整備

学生全員にタブレットを無償貸与

入学と同時に学生全員にタブレット・ノート型パソコンを無償貸与しています。使用方法で困ったときは「サポートルーム」でインストラクターに相談すると丁寧に教えてもらえます。また、学生生活を支援するために『学生支援システム』を構築。各種お知らせの確認やレポート提出、授業の質問もシステム上で行います。

閉じる

学部

【2021年度入学者対象】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

初年度納入金【2021年度入学者対象】

家政学部(生活科学科※・食物栄養学科)初年度納入金/1,280,000円
(内訳:入学金250,000円、授業料712,000円、施設充実費100,000円、教育充実費200,000円、他諸費用18,000円)
※2021年4月、人間生活学科から名称変更予定。記載内容は変更になる場合があります。
●入学金および授業料の全額もしくは半額を免除する特待生制度や、本学独自の奨学金支援制度があります。
詳細は本学ホームページでご確認ください。

奨学金制度【2021年度】

成績優良者奨学金制度(給付制)
◆対象者
一般選抜・大学入学共通テスト利用選抜のI期からIII期受験者の成績上位者[生活科学科4名、食物栄養学科8名]※対象選抜試験に出願すると自動的にエントリーとなります。
◆免除期間
4年間(各学年進級時に継続審査を行う)
◆免除金額
・種別S:授業料全額免除
・種別A:授業料半額免除
・種別B:4年間合計で100万円免除
※入学金、施設充実費、教育充実費、学友会費、家族会費や各種諸経費は免除対象外です。

関口育英奨学金制度(給付制)
経済的理由により修学が困難な学生のために、本学園独自の奨学金として「学校法人郡山開成学園創立者 関口育英奨学金制度」が2008年度から発足しました。「建学の精神」を理解し、特色に秀でた人物、他の模範となる人物を育成することを目的に、学費の一部を援助します。
◆応募資格
1.指定校推薦、公募推薦I期・II期、専門学科・総合学科推薦I期・II期、高大連携で合格した高校生
2.一般I期・大学入学共通テスト利用I期を受験する高校生
◆募集概要
・募集人員:10名
・給付額:年額240,000円(月額20,000円)
・給付期間:修業年数(年度ごとに継続申請可能)

郡山女子大学同窓会奨学金制度(給付制)
◆応募資格
次の1~3すべての条件を充たしている方
1.2021年度に1年次へ入学した方
2.三親等以内に本学(大学・短大部・附属高校)卒業生がいる方
3.成績優秀な方
◆募集概要
・募集人員:2名
・給付額:年額100,000円
・給付期間:1年間(年度ごとに申請可能)

本学は「高等教育の修学支援新制度」対象校です。
なお、上記以外にも、以下の奨学金を利用することが可能です。
●日本学生支援機構奨学金(貸与)
●福島県奨学資金(貸与)
●あしなが育英会(貸与)
●交通遺児育英会(貸与)

閉じる

留学

※新型コロナウイルスの影響で、ご紹介している留学プログラムが中止になる可能性があります。詳細は、各大学の公式ホームページ等でご確認をお願いいたします。

過去の留学実績(調査年度:2020年)

学生数、教員数

【学生数】356人
【外国籍の学生数】0人
【教員数】34人
【外国籍の教員数】1人

昨年度の留学実績

【留学期間別の留学人数】
1か月未満 0人
1か月以上3か月未満 0人
3か月以上6か月未満0人
6か月以上1年未満0人
1年以上0人

閉じる

住環境

本学は教育効果をさらに高めるために、学園敷地内に「家庭寮」を設置し、大学の学びの延長線上での家庭生活の研究と、協調的集団生活の実習を兼ねた生活ができます。また、寮生の交流の場として全員で行う「新入生歓迎会」「七夕会」「いも煮会」などのイベントが年間を通じてあります。
■家庭寮概要
●1号館[鉄筋 4階建(洋室)・全18室]
アパートメント・ハウス様式の1号館は、各部屋が1つの「家」となります。当番制で行う食事作りは、調理実習も兼ねており、コミュニケーションを図りながら楽しく行うことができます。
●2号館[鉄筋 5階建(洋室)・全40室]
各フロアごとに洗面所等の生活ラインが設置されている2号館は、各部屋・各フロアごとの共同生活となっており、大学生だけでなく高校生も入寮しています。

閉じる

クラブ・サークル活動

学生が自由に活動する場として、クラブ・サークル活動があります。
学部・学科を越えて共通の趣味・興味・目標を持った先輩や友人にも出会えるクラブ・サークル活動は学生生活の充実にもつながります。
大学案内では、各クラブからのメッセージを添えて紹介しています。

体育会系クラブ

弓道部、タッチフットボール部、ダンスサークル、バドミントンサークル、バレーボールサークル、フットサルサークル、合気道同好会

文化系クラブ

着物クラブ、茶道部、食品化学研究クラブ、ナチュラルライフスタイル部(NLS部)、フォークソングクラブ、ボランティアサークル、イラスト研究同好会、メープルレディース、プリントメイキング同好会、天文同好会、ガーデニング同好会、よさこい同好会、お弁当サークル「めばえ食堂」、ピアカウンセリング同好会

閉じる

大学院・併設の大学

「人間守護」の理念のもと、より専門的に学ぶ

郡山女子大学大学院
●人間生活学研究科
・修士課程【2年】
・博士(後期)課程【3年】

郡山女子大学短期大学部
・健康栄養学科
・幼児教育学科[幼児教育コース、チャイルド・ミュージックコース]
・地域創成学科

◆専攻科 文化学専攻(2年)

閉じる

パンフ・願書

学科やコースの詳細な情報はもちろん、キャンパスライフに関する情報や、在学生や卒業生のインタビューなども豊富に掲載されています。ぜひ大学案内を取り寄せて、郡山女子大学について調べてみよう。

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

本学キャンパス

●福島県郡山市開成3-25-2
○バス/福島交通郡山駅9番線乗り場から約25分「郡山女子大学」下車
(市役所経由大槻行き、市役所経由静団地行き、市役所経由新池下団地行き、市役所柴宮経由運転免許センター行き、市役所経由希望ヶ丘行き、あすなろ循環[市役所経由])

閉じる

問い合わせ先

住所

〒963-8503
福島県郡山市開成3-25-2
入学事務・広報部

電話番号

(024)932-4848
【フリーダイヤル】0120-910-488

URL

https://www.koriyama-kgc.ac.jp/

E-Mail

nyushi@koriyama-kgc.ac.jp

その他

【FAX】(024)933-8388

閉じる

みんなのQ&A

閲覧履歴に基づくオススメの大学

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ