×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

とうようがくえん

東洋学園大学

私立大学 東京都

グローバル・コミュニケーション学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

グローバル・コミュニケーション学科(120名)
英語コミュニケーション学科(120名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●世界に関する知識と言語を身に付け、グローバル社会に挑む
●2学科5コース編成により専門性を高める
●世界のさまざまな地域で国際交流ができる

世界について深く幅広い知識を修得し、同時にコミュニケーションに必要な英語や多言語のスキルを身に付け実践しながら経験を積み、真の国際人をめざします。

【キャンパス】本郷キャンパス(1~4年)
【学生数】953名(2020年5月1日現在)
【専任教員数】31名(2020年5月1日現在)

グローバル・コミュニケーション学科

講義・学問分野

国際関係論、ビッグデータと現代社会、国際開発と援助、アジアの社会と文化

閉じる

英語コミュニケーション学科

講義・学問分野

観光英語、日英語比較論、英語児童文学、翻訳入門

閉じる

学部の特色

世界に関する知識と言語を身に付け、グローバル社会に挑む

豊かな教養を基盤に、多文化への知識をふまえた国際性と人間性を身に付けた、グローバル社会に必要とされる真の国際教養人の育成をめざし、現代の世界と人間を学びます。

閉じる

2学科5コース編成により専門性を高める

グローバル・コミュニケーション学科と英語コミュニケーション学科の2学科体制で、合計5つのコースが設置されています。
グローバル・コミュニケーション学科は異文化理解、観光、メディアに関する知識を修得し、さまざまな角度から世界の現象にアプローチ。グローバルな課題の解決を探究します。「国際関係コース」「グローバル協力コース」「グローバル交流コース」の3コースで構成されています。コース選択は3年次からですが、2年次に「専門基礎演習」というゼミ形式の少人数科目を複数受講し、自分が興味を持てるコースを探すことが可能です。
英語コミュニケーション学科は2コースで構成され、3年次からは、グローバルビジネスや英語教員としてのキャリアに生かせる「英語キャリアコース」と、言語自体の専門性を高め、表現の類似点・相違点を学び、言語や文化を理解する「英語文化コース」から選択します。両コース共に、2・3年次には、クラス単位の「Progressive English」を週2回受講し、実践的な英語の習得をめざすトレーニングを繰り返します。

閉じる

世界のさまざまな地域で国際交流ができる

英語力を身に付けるための語学留学、グローバルビジネスやボランティアへの挑戦など、多数の国際交流プログラムを全学的に設けています。中でもグローバル・コミュニケーション学部では、海外の大学生と交流したり、授業で学んだ内容を国内外のさまざまな地域で調査・研究するチャンスが豊富に用意されています。

閉じる

学べること

グローバル・コミュニケーション学科

グローバル社会研究に欠かせない幅広い知識を修得

異文化理解、観光、メディアに関する知識を修得し、多角的に世界の現象に触れ、グローバルな課題の解決を探究します。幅広い知識を基に情報収集・分析する能力を身に付けることによって、自ら考え、それを発信できる人材の育成をめざします。3年次から3コースに分かれ、専門性を養います。
[国際関係コース]
国と国との関係、国家間の政治や貿易、安全保障の問題など、グローバル化する世界の問題について深く学びます。
[グローバル協力コース]
国際協力・貢献について学び、環境と人間に優しい世界のあり方について考えます。
[グローバル交流コース]
世界各地の歴史や文化、社会などを研究し、異なる背景を持つ人々と交流します。

閉じる

英語コミュニケーション学科

英語・日本語教育のための実用的な英語力と国際感覚を養う

英語教育および国際ビジネスの分野で必要とされる人材の育成のため、英語に関する知識と運用能力を修得し、英語文化についての理解をめざします。さらに中学校・高等学校教諭一種免許状(英語)の取得も可能です。また、幼稚園や小学校などの英語教師や外国人に対する日本語教師をめざす場合、本学独自の「児童英語教育課程」「日本語教員養成課程」を修了することによって、将来の就職に役立てることができます。3年次から2つのコースのどちらかを選択します。
[英語キャリアコース]
国際感覚を備えた英語教育に関する知識や翻訳・ビジネスの現場で使える実用英語のスキルを身に付け、「英語教育」「実用英語」を学びます。
[英語文化コース]
言語自体の専門性を高め、表現の類似点・相違点を学び、ことばや文化をより深く理解します。

閉じる

アドミッションポリシー

グローバル・コミュニケーション学部グローバル・コミュニケーション学科のアドミッション・ポリシー

グローバル・コミュニケーション学科では、次のような資質・能力を持つ学生を、各種選抜試験を通じて受け入れる。
1. グローバル化した世界において、国際社会への専門的理解と外国語運用力を活かして社会に貢献したいという希望を持っている。
2. 大学での学びに必要な基礎学力を十分に身につけている。
3. 以下のいずれかに当てはまる意欲・関心を持っている。
(1)英語および中国語、韓国語、スペイン語、フランス語など他の外国語を用いた実践的コミュニケーションを行う意欲がある。
(2)グローバル化した世界や日本社会がどのような課題を抱えており、その解決のために何が必要かを探究することに関心がある。
(3)外国語として日本語を教える技能や資格を得ることに関心がある。
(4)海外に留学し、体験を通して異なる文化や言語を学ぶことに関心がある。
4. 以下のいずれかに当てはまる思考・判断・表現力を持っている。
(1)ほかの人の考えを適切につかむ理解力と自分の考えを的確に伝えられる表現力を持っている。
(2)何かに興味を抱いて,自ら調べ,掘り下げて考える探究力を持っている。
5. 以下のいずれかに当てはまる態度・志向性を持っている。
(1)前向きに取り組み、体験と実践を通して知識や理解を広げようとする主体性を持っている。
(2)まわりの人々と協力して課題に取り組む協調性を持っている。
(3)さまざまな価値観を尊重し、活かしていく公正性と柔軟性を持っている。

閉じる

グローバル・コミュニケーション学部英語コミュニケーション学科のアドミッション・ポリシー

英語コミュニケーション学科では、次のような資質・能力を持つ学生を、各種選抜試験を通じて受け入れる。
1. グローバル化した世界において、高い英語運用力および異文化間コミュニケーション能力と英語圏の文化・言語・社会への深い理解を活かして社会に貢献したいという希望を持っている。
2. 大学での学びに必要な基礎学力を十分に身につけている。特に、英語は高等学校で学ぶべき内容を十分に修得している。
3. 以下のいずれかに当てはまる意欲・関心を持っている。
(1)英語を用いて実践的な異文化間コミュニケーションを行う意欲がある。
(2)異なる文化社会的背景を持った人々と活きたコミュニケーションを取り合うために、英語圏の文化、社会、言語を深く学ぶことに関心がある。
(3)中学校や高校で英語を教える、子どもに英語を教える、あるいは、外国語として日本語を教えるために必要な技能や資格を得ることに関心がある。
(4)海外に留学し、体験を通して異なる文化や言語を学ぶことに関心がある。
4. 以下のいずれかに当てはまる思考・判断・表現力を持っている。
(1)ほかの人の考えを適切につかむ理解力と自分の考えを的確に伝えられる表現力を持っている。
(2)何かに興味を抱いて,自ら調べ,掘り下げて考える探究力を持っている。
5. 以下のいずれかに当てはまる態度・志向性を持っている。
(1)前向きに取り組み、体験と実践を通して知識や理解を広げようとする主体性を持っている。
(2)まわりの人々と協力して課題に取り組む協調性を持っている。
(3)さまざまな価値観を尊重し、活かしていく公正性と柔軟性を持っている。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都文京区本郷1-26-3
入試室
【フリーダイヤル】0120-104-108
 【URL】https://life.tyg.jp

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

リストに追加しました

ページの先頭へ